カテゴリ:未分類( 40 )

春よ来い

こんにちは。
引き続きお菓子教室はお休みをいただいております。

また寒くなってきましたね。
先日一瞬春の陽気になった時、近くの教会でスノードロップを見つけました。
春はもうすぐそこだな〜と思った途端この寒さ。
インフルエンザもまだ流行っていますので、みなさん気をつけてお過ごし下さい。

Yukochocolat Workshop
e0180433_02283613.jpg
e0180433_02274586.jpg


by yukochocolat | 2018-02-24 02:30

ごあいさつ

こんにちは。
12月に入り、珍しく雪が積もって今年の冬は寒くなりそうですね。
引き続きお休みをさせていただいていますが、お陰様で育児も落ち着いてきて、元気に過ごしております。

先日サウスバンクのクリスマスマーケットに行ったら、ドイツソーセージのお店が出ていて本場と同じ味を楽しめました。
パリパリのソーセージ、ぜひお試しください。
オリジナルとKrakauer(ベーコンとありますが、ちょっとスパイシーなソーセージです)のどちらかがおすすめです。

今年も残りわずかとなりましたが、みなさんどうぞ楽しいホリデーをお過ごし下さい。
そしてどうぞ良いお年をお迎え下さい。

Yukochocolat Workshop
e0180433_5575239.png

e0180433_5571220.png

e0180433_5573038.png

by yukochocolat | 2017-12-12 05:52

*Merry Xmas &a Happy New Year!*

今年もたくさんの方々にレッスンにお越しいただきました。
みなさまお忙しい中、本当にありがとうございました。
また、なかなか更新しないブログにもかかわらず、ご覧下さっていた方々にも感謝いたします。
e0180433_231642.png来年もどうぞよろしくお願いいたします。

なお1月中旬まではメールのお返事が遅れる場合がございます。
2~3日ほどお返事をお待ちくださいますよう、お願いいたします。


2017年がみなさまにとって、よい一年となりますように。

Yukochocolat Workshop
by yukochocolat | 2016-12-24 02:05

*2016年 クリスマスケーキ*

こんにちは。
今年も残すところわずかとなりました。
毎年のことながらクリスマスカードをそろそろ書き始めないと、と思いつついつもぎりぎりになってしまうんですよね。
穏やかな気持ちでクリスマスを迎えたいと毎年思うのですが、今年もその日まで時間に追われそうです。
e0180433_465391.png

この2年ほどチョコレートケーキが続いたので、今年は2013年に作っていたベリーとホワイトチョコレートをメインに使ったムースとババロアで、爽やかなクリスマスケーキにしたいと思います。
土台と側面は、ロールケーキなどでよく使っているスフレスポンジですが、今回はベリーソースを使って矢羽根の模様をつけました。
写真では表面をチョコレートでデコレーションしていますが、レッスンではクリスマス用の飾りをつけて仕上げていただきます。
冷凍もできますので、ケーキは早めに仕上げておいて、当日はお料理の方だけに専念するというのもいいですね。

日時
12月
8日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

14日(水) 10時半~13時半頃(満席)
15日(木) 10時半~13時半頃(満席)
16日(金) 10時半~13時半頃(満席)

20日(火) 10時半~13時半頃(満席)
22日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



【その他のレッスン】
中級コースより
「マカロン」
e0180433_4213145.png
一口にメレンゲと言っても、いくつか作り方がありそれぞれの用途によって使い分けます。
マカロンに使うメレンゲは2種類あるのですが、今回使うのはイタリアンメレンゲというものです。
温度管理が大事で温度計を使って作るため、少々敬遠されがちですが、このイタリアンメレンゲで作るとよりもちもちとした食感が生まれます。
レッスンではチョコ・ベリー・塩キャラメルの3種類のクリームを作ります。

12月5日(月) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



場所
Kew Gardens(Zone3+4)
Kew Gardens駅からは徒歩約10分
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。
なお、お車でお越しの場合はお申し込みの際にお知らせくださいませ。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahoo Japanのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらで確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-12-23 20:23

*チャリティ茶会のお知らせ*

こんにちは。
今日は、来る6月18日(土)に行われる「熊本地震~チャリティ茶会」のお知らせです。

2016年4月14日から約1カ月続いた熊本地震は、震源の深さが浅かったことで余震も強く長く、家屋の崩壊や土砂崩れなどによって、49名の方々が亡くなられました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
避難者は18万人に上り、その避難生活中にエコノミー症候群を発症する人の多さも大きな問題となりました。
私も4年前に訪れた熊本城の変わり果てた姿をニュースで見て、地元のアナウンサーが「桜の咲いたこの熊本城の素晴らしい景観が、こんなにも崩されてみんなショックを受けています」という言葉が本当にその通りだなと、心の中で訪れた時のことを思い出しました。
2011年に起きた「東日本大震災」同様、地震の恐ろしさを体験した方々の心のケアや、街の復興にはこれから長い時間が必要となります。

この度、茶道裏千家淡交会英国協会による「熊本地震~チャリティ茶会」が行われ、会場となるハインドストリート・メソジスト教会内の礼拝堂には、畳と床の間が設置され、掛軸・花を飾り、お茶を味わう本格的な空間が用意されるそうです。
茶道点前3席が日・英2カ国語実演解説されるほか、来場者に呈茶も行われますので、ご家族、ご友人をお誘いのうえ、ぜひご来場ください。

6月18日(土)
Hinde Street Methodist Church, 19 Thayer Street W1U 2QJ
最寄駅: ボンドストリート
実演時間: 2時半、3時、3時半、4時 (呈茶5時まで)
チケット: 茶券・入場券 £5 (12歳以上) お子様にはお菓子券£2有
●当日、有志の方からの追加寄付も承ります
詳細案内: https://www.facebook.com/TankokaiUK
問合せ: tankoukai.uk@gmail.com
by yukochocolat | 2016-06-11 02:11

*Merry Christmas & A Happy New Year*

こんにちは。
2014年のレッスンも、本日をもちまして終了となりました。
今年もたくさんの方々にお越しいただき、「美味しい」と言っていただけることがとても嬉しかったです。
楽しい時間をありがとうございました。
また、一年を通してブログをご覧いただきましたみなさまにも感謝いたします。
来年はもう少しこまめに更新できることを目標に、レッスン以外のことも綴っていけたらと思っています。

イギリスは珍しくお天気の良いクリスマスとなるようですが、みなさま楽しいホリデーをお過ごしください。
2015年がみなさまにとって素敵な一年となりますように・・・。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
e0180433_544270.png

by yukochocolat | 2014-12-24 05:04

*シアトルのお菓子材料* 

e0180433_8433123.png
                 《冬の定番 アップルパイ》


こんにちは。
シアトルは先週1週間はとても良いお天気でしたが、週が明けると一転して雨・雨・雨の毎日です。

年が明けてやっとお菓子を作るようになったのですが、ヨーロッパとはまた材料事情が違い、色々と模索しながら作っています。
まず最初に気付いたのは、こちらではナッツの種類は豊富ではあるけどお値段がちょっと高めなこと、そして乳製品の種類の豊富さと質の違いです。
ロンドンのスーパーなら大抵どこにでもあるアーモンドプードル(ground almonds)が見つけられず、たまたまPike Place Market(観光としても地元民の生活にも欠かせないマーケット)で見つけることができました。
450gで8ドル(5ポンド)とロンドンと変わりませんが、お菓子作り用ではないためか皮付きの荒削りなもので、見た目はヘーゼルナッツプードルのような感じです。
早速タルトや焼き菓子など作ってみたら、荒削りな分歯ごたえも残って主張があり、私は好きでした。
ただ、これはマカロンには使えないかなぁ。
そのほか、マジパンは同じようにスーパーにもありますが、あまり使われないからかロンドンで見るのの半分の量で値段は倍くらいします。

そして、乳製品はヨーロッパの方が種類が豊富で質も上かなと思います。
イギリスのdouble creamはまずなくて(これは他のヨーロッパでもないですが)、一番脂肪分が高いのがheavy whipping cream(36~40%)で、続いてwhipping cream(30%以上)、そして一番低いのがlight cream(18~30%)です。
3種類あるのはイギリスと一緒ですね。
日本で言うコーヒー用のクリームだと思いますが、牛乳とクリームが半量ずつ入ったhalf&halfというのがあったりして面白いです。
バターは塩入りのsalted butterと、無塩は見つけた限りではcultured butterといって、発酵バターです。
他のマーガリンやショートニングもそうですが、200gくらいから450gくらい入ったものなど、大きいのは1年分?っていうくらいの量で売られています。

e0180433_831668.pngそして、ゼラチンはスーパーでは主に粉末が売られています。
すぐに使いたかったので買ってみましたが、覚えている限りで粉ゼラチンを使ったのはこれが初めて。
日本のものと使い方は同じですが、やっぱり使いづらくて板ゼラチンを買うことに・・・。
ネットで簡単に買うことができます。
型や材料など、アマゾンでも種類豊富に買えるほどなので、アメリカ全土どんな田舎にいても便利ですね。
ちなみにイギリスで板ゼラチンはleaf gelatineと呼びますが、こちらではgelatin sheetと言うのが一般的です。



e0180433_833276.pngクリスマスのデザートで少し触れましたが、食用色素はこちらでもスーパーで簡単に手に入ります。
イギリスのような液体状ではなく、ジェル状のものが多いようです。




そのほか、チョコレートと生クリームを合わせて作るガナッシュやアイスクリームを作るときなど、舌触りをなめらかにさせたいときに使う「glucose syrup:グルコースシロップ」。
日本では水あめで代用可能ですが、こちらでは「corn syrup:コーンシロップ」で代用します。
厳密に言うと二つは違うもので、純度はグルコースの方が高いですが、代用して使うには十分です。

そして、さすがアメリカ、キッチン道具屋さんに行くとシフォン型が売られています。
見た限り23cm以上の大きいものばかりですが、家で作るお菓子なのかカフェでシフォンケーキが売られていることはありません。
ちなみに、こちらで感動するほどおいしかったのが、なんてことはないTully's Coffeeのパウンドケーキ。
特にカプチーノ風味。
実際どうかは知りませんが、焼いたあとに程よくコーヒーシロップに浸けている感じで、生地はしっとりふんわりしているのに、コーヒーの味がしっかりと感じられます。
日本のTully's Coffeeはアメリカから独立してしまっているので売られているかは知りませんが、もしあったらぜひお試しください。
残念ながらスタバに圧されて今後Tully's Coffeeはスタバに買収されるようですが、このパウンドケーキだけは消えないでほしいです。
by yukochocolat | 2013-01-11 08:37

*あけましておめでとうございます*

e0180433_1614568.png
今年も新しい一年が始まりました。
お正月も2日を過ぎればいつもの生活に戻りますが、今年は元日に初詣にも行ってお雑煮も食べて、いつもよりは少し日本に近い元旦となりました。
神社は車で30分ほどのところにある「アメリカ椿大神社」で、伊勢一の宮(伊勢神宮ではありません)のアメリカにある分社です。
去年11月にシアトルにやってきたときも、車が借りれるようになって一番最初に来たのがこの神社でした。
気付いたらJ氏が祈祷の申し込みをしていて、日本でも体験したことがなかったのですが、新年のご祈祷もしていただきました。

シアトルは12月後半から寒さが厳しくなり、年明けも本当に寒かったですが、お天気はとても良くて差し込む日差しがとっても気持ちよかったです。
これまでの雨とグレーの毎日を吹き飛ばしてくれるような、良いお天気が続いてほしいものです。

今年一年も、みなさまにとって良い一年になりますように・・・。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
by yukochocolat | 2013-01-05 16:03

*よいお年を*

e0180433_10144818.png
今年のシュトーレンはなかなかの出来で、J氏も喜んで食べてくれています。
クリスマスのデザートは、チョコレートのミルフィーユ。
シュトーレンで少しマジパンが余っていたので、スノーマンの飾りを作りました。
ロンドンならスーパーどこでも液状の食用カラーが売っているのですが、こちらでは液状ではなくジェルが主流のようです。

クリスマスが終われば、もう今年もあと残すところわずかです。
ご旅行に出られる方、ゆっくりロンドンで過ごす方、おせち作りや年賀状作りに追われる方など色々だと思います。
去年自分なりに頑張って作ってみたおせちですが、J氏の記憶からは全くもって消え失せているようで、あまりに残念だったため今年はおせちはナシ。
代わりに年越しそばを食べて、新年にはお雑煮を作ろうと思います。


今年もたくさんの方々にレッスンにお越しいただきまして、本当にありがとうございました。
毎日お菓子作りを通してみなさんと一緒に過ごさせていただき、とても楽しい一年でした。
また、11月よりレッスンをお休みさせていただくことになり、大変ご迷惑をおかけしております。
来年3月頃になると思いますが、再開を予定しておりますので、また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年もみなさまにとって素敵な一年となりますように・・・。
by yukochocolat | 2012-12-28 10:19

*今年のツリー*

e0180433_295114.png
こんにちは。
ビザをとってまたシアトルへ戻ってきました。
帰りは経由便でトータル17時間くらいかかったのでヘトヘトでしたが、シアトルの空港へ着いてスーツケースを受け取ったら、なんと取っ手が根元からぱっつん切れてなくなっていました!引きずれなくて不便・・・。
こういうトラブルは今までなかったのでびっくりしましたが、疲労の方が大きくてまっすぐ家に戻りました。
ロンドンに戻るまでに新しいのを買わなくては・・・。

さて、戻ってきたらクリスマスがもうあと1週間というところに迫っていました。
今年はクリスマスツリーは買えなかなぁと思っていたのですが、やっぱりこれは欠かせないようで、異国にいるとより恋しくなるというのもあるようで買ってしまいました。
ロンドンから持ってきた飾りと、こちらでも少し買い足して、あとはいつものみかんにクローヴを刺したものとりんごを飾っています。

e0180433_281610.png
そしてもう一つ欠かせないのが、レプクーヘン(ジンジャーブレッド)。
J氏のお母さんからのレシピで作るんですが、なかなかドイツで食べる味に近づけない・・・。ものすごく簡単なレシピなはずなのに、やっぱりお母さんの味って何かが違う気がします。
こちらで見つけた飾りの中で、写真のような木製の人形がたくさんいました。
色々なものがあるんですが、それぞれに意味があるようで、このはしごを持ったのは煙突掃除屋さんだそうです。
やけにビシッと決まった格好をしていますが、こうして正装した掃除屋さんはめったに見ないため、幸運の象徴でもあるようです。
日本の御節のように、クリスマスの飾りにも意味がちゃんとあるんですね。
ちなみに今ではいろんな色のボールを飾りますが、これはもともと生のりんごを飾っていた名残だそうです。
もみの木の香りとスパイスの香りが、クリスマスの時期なんだなぁと感じさせてくれます。

今日はこれからシュトーレンも作り、クリスマスディナーも考えてとやることは山積みですが、この歳になってもプレゼントがもらえるのもクリスマスの楽しみですね。
みなさまも、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください☆
by yukochocolat | 2012-12-22 02:22