いちごが美味しくなりました!

こんにちは。
今年の夏は一体どうしちゃったんでしょう!?
6月の中旬以降、ほぼ毎日いいお天気が続いてます。
嬉しい限りですが、27度を連日超えるとさすがにバテてきます…、なんて日本の人に言ったら「はぁ!?」って怒られちゃいますね。
今年はお天気続きのせいなのか、いちごも特大の物が多い気がします。
ショートケーキには使いやすい!
イベントがあったので久しぶりに作りました。
e0180433_06093231.jpeg

# by yukochocolat | 2018-07-07 06:11 | 今日のデザート&パン

お菓子教室お休みから一年

こんにちは。
早いもので2017年6月に最後のレッスンをさせていただいてから一年が経ちました。
当初、育児に疲れて早々に復帰するのでは?!という噂もあったのですが(自分で立てましたが…)、思いの外育児が楽しく今もお休みをさせていただいております。
この一年で、教室に来てくださった方々の中には本帰国された方も多くいらっしゃると思います。
一年経って環境が変わった方もいれば、全く変わらないわーという方もおられるでしょうね。
変わらず復帰を待ってくださっている方々もいらっしゃり、大変ありがたいことだなと感謝しております。

e0180433_03252247.jpeg
このまましばらくは育児の方に専念させていただくことになる予定です。
何かの拍子にひょこっと復帰するかもしれませんので、その時にはまたどうぞよろしくお願いいたします。
時々ケーキの写真も載せつつ、細々とブログは続けていくつもりですので、よろしければたまーに覗いてやってください。
そしてもしロンドン南東部に寄られる際は、ぜひご連絡下さい!

みなさま、楽しい夏をお過ごしくださいね。

Yukochocolat Workshop

# by yukochocolat | 2018-06-18 03:26 | お知らせ

2018年苗字を変更する!②

こんにちは。
引き続きお菓子教室はお休みをいただいております。

このたび苗字を変更するにあたり、前回「氏変更の申立て」書類を裁判所へ郵送する、というところまで書きました。
申立書に記入する”変更理由”が前回は不十分ということだったので、変更しなくては生活に支障が出るという切実な理由を長々と書き、戸籍謄本と「連絡先等の届出書」という書類と一緒に郵送しました。
今回は横浜家庭裁判所で申請をしたのですが、最終的には本人が出向く必要があり、郵送後裁判所から連絡がくるのは10日前後ということだったので、日本へ行くタイミングに合わせてその10日ほど前に姉に書類を郵送してもらいました。
提出書類の詳しい内容については、それぞれの家庭裁判所のホームページでも見れますし、「2018年苗字を変更する!①」にも書いていますのでご参考ください。

それから1週間ほど経ってから家庭裁判所から姉に電話があり、提出書類については問題ないという知らせを受け取ったそうです。
最後に、私の日本での最後の居住地が横浜市内であったことを証明する書類を持って本人が裁判所に出向くように言われたそうです。
私のように海外在住の人がこの申し立てを行う際には、その人が日本で最後に現住所を置いていた市の裁判所で行うというのが決まりになっているためです。
(どうしてもどこか分からない場合は東京家庭裁判所で行うことになります。)
これを証明するためには、市区役所で「戸籍の附票」を取ることで普通は解決します。

ただ私の場合はこれがとてもややこしかったんです。
理由は二つあります。

1.日本を離れてから本籍を一度変えてしまっているため。
2.海外転出届を出して10年が経つと、これまでの/最後の現住所の履歴が戸籍上から消されてしまうため、最後の現住所がどこだったか附票で見ることはできなくなるから。

まずは本籍のある区役所でとりあえず附票を取ってみようということになったのですが、結果区役所の職員のおばさま3人の方々と”あーでもない、こーでもない”と相談に乗っていただきながら、なんとかこれで行けるだろうとなりました。
それは、

1.現在の本籍地での附票を取る。
2.以前の本籍地(=日本を離れた前後の本籍地)での附票を取る。

本来であれば1.現在の本籍地での附票を取れば、仮に海外転出届を出してから10年以上経ってしまっていても、少なくとも”どこの市区役所で「海外転出届」を提出したか”という記載があるため、それで判断してもらうことができます
私の場合は日本を出た時の本籍地を変えてしまっているので、前戸籍の附票も取らなければいけなかったというわけです。
結果その2枚の附票をもって横浜家庭裁判所へ行き、無事に手続きは終了しました。
ふぅ~。。。

その後は裁判所で審議され、無事氏の変更が認められると「確定証明書」が送られてくるので、それを持って市区役所へ行きます。
所定の申請書に記入して提出すれば完了です。

ふつうはもう少し簡単に終わるはずなのですが、日本を離れて時間が経っていたことと本籍地を変えたことでとんでもなく面倒に感じました。
役所のおばさまにも「もう本籍地は変えないでね」と言われました(笑)。
もしこれを参考にされる方がいらっしゃったとしても、あくまで今回は横浜家庭裁判所で行った私の場合での体験記なので、場所や時期が違えばまた状況は変わってくるかもしれませんのであしからず。

これからは苗字を変えたあとの新しい戸籍を英語に翻訳し、イギリスでの銀行や運転免許証などの名前を変更する作業が始まります。

Yukochocolat Workshop



# by yukochocolat | 2018-06-17 03:39

東日本大震災から7年

こんにちは。
東日本大震災から7年が経とうとしています。
特集記事やテレビを見て「あぁ、また一年が過ぎるんだな」と思うと同時に、年々震災のことを思い出す機会が減ってきている事実にも気付かされます。
先日今なお人が住むことを許されない地域、”帰還困難区域”についての特集をテレビで観ました。
7年間手つかずのままになっているこのエリアは、今だ東京23区の約半分にも達し、避難住民は2万人を超えるということです。
この区域は年々小さくなっているとはいえ、もし帰れたとしても主な産業であった林業や農業で生計を立てることが厳しい現実が調査で分かったり、すでに住民の10分の1の方がなくなっている地域もあり、住民の方の「言葉に表せない思い」がその表情からひしひしと伝わってきました。
一方でその地域のほとんどの方が避難生活を送っている福島市内で、毎年地域の住民が一同に集まる機会を設けて地元に帰えれるその日に向けて明るく懇談している様子も見られました。

根気強く明るい東北の復興が、時間がかかっても着実に進むことを願い、微量ながらでも応援していければと思います。

Yukochocolat Workshop


# by yukochocolat | 2018-03-10 06:22

2018年名字を変更する!①

こんにちは。
引き続きお菓子教室はお休みをいただいております。

2017年の妊娠&出産期を通して、夫婦別姓であることにとても不便を感じ、今回日本の戸籍の名字を夫のものに変えることに決めました。
基本的には家庭裁判所で手続きを行い、変更許可が出たら裁判所発行の“確定証明書”を役所に持って行って戸籍上の名字を変更すれば完了です。
でも家庭裁判所と聞くだけで手続きが難しそう、と思い、まずは電話で問い合わせてみることに。
電話をする前に大事なことは、どの家庭裁判所に電話をするのかということ。
私のように海外転出届を出して現住所が日本にない場合、原則として日本で最後に住所を置いていた場所の裁判所で手続きをすることになっています。
私は横浜だったので、横浜家庭裁判所で今後手続きを行うことになります。
(もし住所がどこにあったか分からない場合は、東京家庭裁判所になります。)

ということで、早速電話してみました。
結果、とても簡単にできそうな反応が返ってきて一安心。
対応してくれた職員の方も近くにいる他の職員に確認しながら返答してくれて、とても親切でした。
必要書類は、
①氏変更の申立書(HPよりダウンロード可)
②戸籍謄本
以上!
もし審判上他にも必要なものがあれば、その都度連絡がくるとのこと。
今回私は姉に手続きを代行してもらう予定なので、そのことについて聞いてみると、一度姉からも電話をして詳細を聞いてほしいとのこと。
ということで姉も電話をしてみると、「まぁ一度書類を持って来てみて下さい」とのことだったそうで、私が書いた申立書が届くのを待ってから行ってみたそうです。

が、しかし、行ってみると、その日受付担当だった40代くらいの男性は、
「この申立理由では不十分です。」
「代理で申立をするのであれば”連絡先等の届出書“がないとダメです。」
この言葉を、とても感じ悪〜く言われたそうで、全くお話にならなかったそうです。
事前に二人で電話をして問い合わせたのは一体なんだったのでしょう!?
申立理由も記入例に従って書いたのに、それが不十分なら、じゃあ記入例ってナニ?って思っちゃいます。
お役所の不親切&横柄な対応は、フランス&イギリスでも体験してきましたが(こちらはたらい回しが主ですが)、日本も例外ではありません。
ただ、あくまでも今回は横浜家庭裁判所のお話ですが。

結果、姉は仕事を早く切り上げて役所へ行き、なんの進展もないまま嫌な思いだけして帰ったのでした。
その担当者によると、直接出向いても郵送でも全く変わりないということだったので、もう一度申立書を書き直して郵送してみることに。
次回は少なくとも嫌な思いをすることはなさそうですが、進展があるかどうかは怪しいところです。
つづく。

Yukochocolat Workshop

# by yukochocolat | 2018-02-27 09:05

春よ来い

こんにちは。
引き続きお菓子教室はお休みをいただいております。

また寒くなってきましたね。
先日一瞬春の陽気になった時、近くの教会でスノードロップを見つけました。
春はもうすぐそこだな〜と思った途端この寒さ。
インフルエンザもまだ流行っていますので、みなさん気をつけてお過ごし下さい。

Yukochocolat Workshop
e0180433_02283613.jpg
e0180433_02274586.jpg


# by yukochocolat | 2018-02-24 02:30

ごあいさつ

こんにちは。
12月に入り、珍しく雪が積もって今年の冬は寒くなりそうですね。
引き続きお休みをさせていただいていますが、お陰様で育児も落ち着いてきて、元気に過ごしております。

先日サウスバンクのクリスマスマーケットに行ったら、ドイツソーセージのお店が出ていて本場と同じ味を楽しめました。
パリパリのソーセージ、ぜひお試しください。
オリジナルとKrakauer(ベーコンとありますが、ちょっとスパイシーなソーセージです)のどちらかがおすすめです。

今年も残りわずかとなりましたが、みなさんどうぞ楽しいホリデーをお過ごし下さい。
そしてどうぞ良いお年をお迎え下さい。

Yukochocolat Workshop
e0180433_5575239.png

e0180433_5571220.png

e0180433_5573038.png

# by yukochocolat | 2017-12-12 05:52

ご報告

こんにちは。
私事ではありますが、6月23日に女の子を出産いたしました。
予定日通りに生まれたわりに、2635gと少し小さめではありましたが、母子共に元気にしています。
ご心配頂いていた方や、安産を願っていてくださったみなさま、ありがとうございます。
本当はお一人お一人にメールでご報告したかったのですが、産後少々苦労していまして、ご連絡もできないままでいます。
Tongue-tie:舌小帯収縮という症状があったためか授乳にかなりの時間がかかり、処置をしてもらった今もまだ大きな改善は見られないままです。
色々な要因が重なっているのだとは思いますが、まだ1ヶ月も経っていないので、のんびりと様子を見ていこうと思います。

8月からはケントのChislehurstに移ることになりました。
ロンドン、特に北部や西部に住んでいる方からは来ていただくことが難しくなりますが、もし近くまでお越しの際はぜひお知らせ下さい。
お会いできたら嬉しいです。

レッスンなどの再開はまだ考えておらず、早くても来年に入ってからになる予定です。
みなさまにお会いできる時を楽しみに、今は子育てに奮闘したいと思います。

今年はお天気にも恵まれそうですので、どうぞ楽しい夏をお過ごしください!

Yukochocolat Workshop
e0180433_1602289.jpg
# by yukochocolat | 2017-07-17 16:00 | お知らせ