<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

*2017年 3月の講習会スケジュール*

こんにちは。
毎日少しずつ明るい時間が長くなってきましたね。
本当に春が待ち遠しいです。
まだイギリス産のフルーツも出てきませんし、3月は毎年何のお菓子をしようかと迷います。
今年は抹茶&あずきを組み合わせた和洋折衷のお菓子や、普段のレッスンでは登場しなかったシュー生地を使ったものを中心に行っていこうと思います。


「抹茶のオモニエール」
e0180433_2591272.png
オモニエールとはフランス語で「巾着袋」の意味で、お料理でも野菜の葉っぱや薄い生地で食材を包み込んだものをオモニエールと呼びますが、お菓子では主にクレープでアイスクリームやムースなどを包み込んだもののことを言います。 
単純に包んだままで仕上げたり、ひもで口を結ぶことが多いですが、今回はひだを作るように包み込んで高さを出すことで、特別なデコレーションがなくてもそのままで十分デザートとして存在感があるように仕上げました。
抹茶クレープの中には、抹茶のプリン、あずき、ホイップクリームをとじ込めました。
抹茶抜きでプレーンのクレープにしたり、あずきを和菓子に使ったり、今後も役に立てていただける要素が詰まったお菓子です。

日時e0180433_2327065.png
3月
3日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
10日(金) 10時半~13時半頃(満席)

20日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
29日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉





「サントノレ」
e0180433_3242311.png
フランスではこのサントノレかレリジューズというとてもよく似たお菓子が、必ずと言っていいほどお菓子屋さんまたはパン屋さんに置いてあります。
シューとクリームの相性を存分に楽しめるお菓子で、本来はプチシューにキャラメルをつけるものが多いのですが、今回はチョコレートをコーティングさせました。
プチシューの中はカスタードクリームと少しのホイップを混ぜ合わせたクリームを詰め、中央にはバニラビーンズをたっぷりと入れたホイップをデコレーションします。
ホイップはホイッピングクリームとダブルクリームを混ぜ合わせているので、見た目ほど重くは感じません。
シュー生地はお菓子作りにおいて基本の生地となります。
その作り方も一から見ていただけますし、いつもはシュー生地作りのみだった方にも、組み立てていく楽しさを感じていただけますと嬉しいです。
レッスンでは直径18cmほどのケーキに仕上げ、お一人一台お持ち帰りいただきます。

日時
3月
9日(木) 10時半~13時半頃(満席)

22日(水) 10時半~13時半頃(満席)
30日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



基礎コースより
「スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)」
e0180433_415826.png
おいしいスコーンを作るポイントは”温度”。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

3月
6日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
14日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



基礎コースより
「2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム」
e0180433_43369.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

3月23日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Kew Gardens(Zone3+4)
Kew Gardens駅からは徒歩約10分
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。
なお、お車でお越しの場合はお申し込みの際にお知らせくださいませ。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahoo Japanのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらで確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp

by yukochocolat | 2017-02-26 23:24 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2017年 2月の講習会スケジュール*

こんにちは。
今年は珍しく年明けから寒いですね。
その分良い春が来てくれるといいのですが。

「フォンダン・ショコラ」
e0180433_1141779.png
2月はフォンダン・ショコラを中心に作っていきたいと思います。
一見難しそうに感じますが、実は混ぜるだけの簡単お菓子です。
大事なのは焼き加減です。家によってオーブンがさまざまなこの国ですが、目で見て、ちょっと触ってみて焼き加減が分かるように説明いたします。
ずっしりと重たいフォンダン・ショコラですが、今回はタイムのチュイルを添えます。
レストランのデザートでよく見るチュイルですが、家にある材料で簡単に作れるものなんです。
タイムとチョコレートが意外にいい相性で、良い口直しにもなります。
それにバニラアイスクリームを添えて、試食していただきます。
今回はもう一つ、アイスクリームにも合うラング・ド・シャも一緒に作ります。
バレンタインにもぜひ活用してみてくださいね。

日時
2月
7日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
9日(木) 10時半~13時半頃(満席)

14日(火) 10時半~13時半頃(満席)
16日(木) 10時半~13時半頃(満席)
22日(水) 10時半~13時半頃(満席)
24日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



基礎コースより
「2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム」
e0180433_115358.png

1月のガレット・デ・ロワでは作るのも少し難しいパイ生地を使いましたが、アップルパイでは最も基礎となるパイ生地作りを行います。
生地とバターを交互に折り込み何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、スーパーでも買うことができますが、手作りで上手く作れるとよりおいしく仕上がります。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも一緒に作るので、気に入っていただけると嬉しいです。

2月
10日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
3月
2日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉




場所
Kew Gardens(Zone3+4)
Kew Gardens駅からは徒歩約10分
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。
なお、お車でお越しの場合はお申し込みの際にお知らせくださいませ。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahoo Japanのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらで確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2017-02-19 20:23 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)