<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

*2016年3・4月の講習会スケジュール*

こんにちは。
まだまだ寒い日もありますが、毎日少しずつ日が長くなってきました。
春が待ち遠しいですが、3・4月はまだ寒さも感じるので温かい飲み物に合うお菓子たちを中心に作っていこうと思います。
引き続き「基礎コース」「中級コース」のレッスンも開催する予定です。
こちらもぜひご覧くださいませ。


「ガトー・ショコラとヘーゼルナッツのクッキー」
e0180433_4564914.png
たくさんの作り方があってどれを使っていいのか迷ってしまうほどポピュラーなガトー・ショコラですが、今回はもっとも失敗の少ない作り方です。
卵黄と砂糖を泡立て、卵白と砂糖でメレンゲを作り、それぞれの力でしっかりと生地を上げます。
オーブンの中でしっかりと膨らんだメレンゲの生地は、その後冷ましていく中でケーキ中央がしぼんでいきますが、これがガトー・ショコラのシンボル的な形となるのです。
50%前後のプレーンチョコレートを使い、無糖ココアは薄力粉の約3倍使うため、しっかりとした濃厚な味わいを楽しんでいただけると思います。
プレーンとチョコレート両方のクッキー生地を使って作るヘーゼルナッツのクッキーも、合わせてお楽しみください。

日時
3月
9日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(水) 10時半~13時半頃(満席)
24日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

4月
4日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
21日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「ママンのタルト・タタンとキャラメルアイス」
e0180433_4561727.png

フランスではお母さん(ママン)のおやつの定番、タルト・タタンを作ります。
日本で小さい頃に友達のお母さんが焼きりんごを作ってくれたことがありましたが、そんな感覚で手軽に作るお菓子です。
まずはりんごに軽く火を入れて、ブリゼ生地(ショートクラスト生地)かパイ生地をかぶせてオーブンでじっくりと火を入れてりんごの美味しさを閉じ込めます。
今回はパイ生地を使いますがそれも手作りし、一緒に食べると相性の良いキャラメルアイスクリームも作ります。
シナモンやレーズンを入れて自分の好みでアレンジもできますので、ぜひレパートリーに加えていただけると嬉しいお菓子です。

日時
3月
11日(金) 10時半~13時半頃(満席)
18日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
21日(月) 10時半~13時半頃(満席)
30日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
31日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



【その他のレッスン】

「マカロン」
e0180433_23201695.png

一口にメレンゲと言っても、いくつか作り方がありそれぞれの用途によって使い分けます。
マカロンに使うメレンゲは2種類あるのですが、今回使うのはイタリアンメレンゲというものです。
温度管理が大事で温度計を使って作るため、少々敬遠されがちですが、このイタリアンメレンゲで作ると普通のメレンゲで作るのとは違った食感が生まれます。
今回はベリー・抹茶・塩キャラメルの3種類のクリームを作ります。

4月15日(金) 10時半~13時半頃

〈参加費:お一人40ポンド〉



「白いモンブラン」
e0180433_21010100.png
これまでのモンブランとは少し趣向を変えたもので、ケーキの表面をホイップで白く覆った白いモンブランです。
土台はメレンゲとスポンジで、ホイップの中には濃厚なマロンペーストとマロンクリームを使ったクリームを閉じ込めています。
このクリームはシリコン型を使って冷凍させるため、例年のモンブランと違って今回は冷凍保存ができます。
仕上げにはマロンペーストをたっぷりと使ったモンブランクリームとマロングラッセを飾り、メレンゲやバニラビーンズを飾って仕上げていただきます。
ケーキは4つ作りお持ち帰りいただきますが、試食は小さなグラスに組み立てていき、グラスデザートとしてモンブランを楽しんでいただきたいと思います。

4月18日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「栗のパウンドケーキとカヌレ」
e0180433_364875.png
栗のパウンドケーキは、モンブランでも使うマロンペーストとマロンクリームを両方使い、外は香ばしく中はしっとりと仕上げます。
ポイントはバターと砂糖を十分に混ぜ合わせることと、卵を入れたときに分離させないように気をつけることです。
栗の風味をさらに引き立てるために、マロングラッセも加えて焼いていきます。
いつもとは一味違ったパウンドケーキをお楽しみください。
そしてもう一つのカヌレは、実は材料を混ぜて焼くだけの簡単な焼き菓子です。
今回はシリコン型を使いますが、焼きムラが多いと言われるシリコン型でもこんがり美味しく焼き上げられます。
レッスンではパウンドケーキを一本とカヌレもお持ち帰りいただきますので、ご自宅で数日かけて楽しんでいただけますと嬉しいです。

4月25日(月) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「紅茶シフォン」
e0180433_21202280.png

香りも良く、色の出も良いアールグレイを使います。
今回は周りにホイップクリームも塗り、そのホイップも紅茶味にします。
ふわふわのシフォン生地に、紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
15cmのシフォン型で焼き、一台お持ち帰りいただきます。
紅茶の国イギリスで、茶葉を存分に使って作ってみてはいかがでしょうか。
今回は、ヘーゼルナッツ入りのチョコクッキーも一緒に作ります。
e0180433_2121202.png
4月
7日(木) 10時半~13時半頃(満席)
22日(金) 10時半~13時半頃(満席)

5月
18日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらで確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-03-24 01:52 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2016年冬期スケジュール*

こんにちは。
パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。

≪基礎コース≫

第1回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_383065.png
おいしいスコーンを作るポイントは”温度”。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

1月8日(金) 10時半~13時半頃(満席)
4月19日(火) 10時半~13時半頃(満席)



第2回:シュー生地~カスタードクリームのプチシューとパリ・ブレスト
e0180433_384986.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
丸い形をしたパリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

1月29日(金) 10時半~13時半頃(満席)
2月8日(月) 10時半~13時半頃(満席)
4月20日(水) 10時半~13時半頃(残席2)



第3回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_39627.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

2月4日(木) 10時半~13時半頃(満席)



第5回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_22114817.png

ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

2月14日(日) 10時半~13時半頃(残席1)
4月8日(金) 10時半~13時半頃(残席1)



第6回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_3114322.png





参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらでご確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop

yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-03-20 23:23 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*東日本大震災から5年*

こんにちは。
2011年3月11日に発生した東日本大震災から、丸5年が経ちました。
震災直後47万にいた避難者数は18万1千人まで減ったと聞けば、ずいぶん復興が進んだのかとも思われますが、岩手・宮城・福島の3県で仮設住宅で生活している人の数は9万人にものぼり、今だに復興の進みは遅いです。
被災者を対象に行われた大規模なアンケートを読むと、住宅の整備や宅地の供給などという住まいに関する復興の遅れを感じる人が多く、実際に写真などで見る限りでも、思ったほどには町の様子が変っていないことを感じさせられます。
政府が設けた集中復興期間の5年が経ち、その間に達成された主な実績を見ても、交通機関の復旧はそれなりの成果が見られても、住宅の整備は予定の半分前後の達成率なのが分かります。
津波による大打撃を受けた水産業は7・8割の回復が見られ、雇用についても求人倍率がこの5年で倍以上になっていると書かれているものの、前出のアンケートからは地域経済の回復について60%以上の人が遅れを感じていると答えています。
その他原子力災害や被ばくからの回復や備えについてなど、たくさんの課題が残っており、これからも長期的な復興を着実に行っていかなければならないと思うと、気が遠くなります。
けれど、たくさんの笑顔が戻っていることも事実で、これからも一日一日、少しずつその笑顔が増え続けて行くことを願うばかりです。

Yukochocolat Workshopでは、2013年6月より「ベビーモスリンプロジェクト」に参加させていただいています。
震災後ロンドン在住の日本人乳幼児ママ達によって発足された「モスリンスクエアプロジェクト」が、2012年に拠点を日本に移して現在では宮城県の気仙沼市に工場があります。
ベビーモスリン®の製品についてはこちらを、詳しい生い立ちについてはこちらをご覧ください。
私もそうでしたが、そもそもイギリスで売られている「モスリンスクエア」自体をご存じないという方もいらっしゃると思います。
「ベビーモスリン®」のサンプルをご用意しておりますので、興味を持たれた方は、お越しいただいた際にぜひ実際に見て触ってみてください。
もちろん、レッスンとは関係なく「ベビーモスリン®」の購入にご協力いただける方も大歓迎ですので、興味を持たれた際はお気軽にメールにてお問い合わせくださいませ。

e0180433_2319303.png
「ベビーモスリン®」
60cm×60cm 1パック(2枚入り) £10.80
*ご購入いただく毎に、縫製して下さった気仙沼のお母さん達に、縫製工賃が支払われます。
日本国内でのご購入をお考えの方は、こちらをご覧ください。


販売についての詳細やそのほかのご意見など、メールまたはお越しいただいた際に、直接お問い合わせくださいませ。
ご協力をよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-03-11 22:18 | 「ベビーモスリン®」販売 | Comments(0)