<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

*2014年4月・5月の講習会スケジュール*

e0180433_832047.png
こんにちは。
今年は去年と比べると春の訪れが早いですね。
このまま何となく暖かいまま、夏もなく秋になってしまうことがあるので、去年までとはいわなくてもまた半袖の着れる季節が来てほしいものです。

さて4月と5月は抹茶をメインにした「抹茶のオモニエール」を作りたいと思います。
オモニエールとはフランス語で「巾着袋」の意味で、お料理でも野菜の葉っぱや薄い生地で食材を包み込んだものを言いますが、お菓子では主にクレープでアイスクリームやムースなどを包み込んだもののことを言います。 
今回はそのクレープを抹茶味にし、中には抹茶のプリン、ホイップ、粒あんを入れて包みます。
単純に包んだままで仕上げたり、ひもで口を結ぶことが多いですが、今回はひだを作るように包み込んで高さを出すことで、特別なデコレーションがなくてもそのままで十分デザートとして存在感があるように仕上げました。
和の要素がたっぷり詰まったデザートをお楽しみください。

講習会は少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒーと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

e0180433_83368.png日時
4月
8日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
17日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
24日(木) 10時半~13時半頃(満席)
29日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

5月
1日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
19日(月) 10時半~13時半頃(満席)

6月
6日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉




《その他のレッスン》

e0180433_20175783.png「ガトー・オランジュ」
オレンジスポンジを土台に、レアチーズケーキを思い出させるようなクリームチーズを使ったムースと、オレンジのゼリーを組み合わせていきます。
仕上げにオレンジの果肉を飾り、食感を楽しめるオレンジ風味のサブレも添えます。
ケーキ全体と飾りのオレンジには、乾燥を防ぎ照りを出す”ナパージュ”を塗ますが、このナパージュとムースには、ほのかなオレンジの香りをつけるためコワントローというオレンジのリキュールを使います。
クリーミーで濃厚なムースとさっぱりとしたオレンジのコントラストをお楽しみください。 

5月15日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


基礎コース「シュー生地~パリ・ブレストとカスタードのプチシュー」
e0180433_1543188.pngお菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールはレストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は一般的なカスタードクリーム(ホイップとのミックス)を詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

4月23日(水) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉


e0180433_1181183.png基礎コース「スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)」
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。


5月13日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


e0180433_1591741.png基礎コース「タルト生地~レモンタルトと洋ナシのタルト」
アーモンドクリームをタルト生地と一緒に焼くタイプのタルトを2種類作ります。
土台は一緒のようで、2つともまったく違うタイプに仕上がります。

5月2日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


e0180433_20213088.png基礎コース「タルト生地~レモンタルトとチョコレートタルト」
組み合わせの違う、もう一つのタルトレッスンです。
レモンタルトはアーモンドクリームをタルト生地に敷き詰めて焼き、レモンクリームを別に作ってタルト生地の上から絞り出します。
チョコレートタルトはアーモンドクリームを使わず、空焼きしたタルト生地にチョコレートクリームを流し入れ、表面はグラッサージュというチョコレートの上掛けをして光沢を出します。

5月6日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
 
by yukochocolat | 2014-04-27 02:13 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2013~2014年冬期スケジュール*

こんにちは。
新年1月より、製菓基礎コースを開催いたします。
全6回のうち4回までのお知らせとなりますが、その他2つのレッスン「フルーツショートケーキ」と「メレンゲ生地~ベリーのシャルロット」については、フルーツが出回る春ごろに日程をお知らせいたします。
あらかじめご了承くださいませ。

全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。


《基礎コース》

第1回:タルト生地
e0180433_0451524.png
レモンタルトと洋ナシのタルト
アーモンドクリームをタルト生地と一緒に焼くタイプのタルトを2種類作ります。
土台は一緒のようで、2つともまったく違うタイプに仕上がります。

1月24日(金) 10時半~13時半頃(満席)
2月14日(金) 14時半~17時半頃(満席)
5月2日(金) 10時半~13時半頃(満席)


チョコレートタルトとレモンタルト
組み合わせの違う、もう一つのタルトレッスンです。
空焼きしたタルトにチョコレートクリームを乗せ、表面はグラッサージュというチョコレートの上掛けをして光沢を出します。

2月12日(水) 10時半~13時半頃(満席)
3月14日(金) 10時半~13時半頃(満席)
5月6日(火) 10時半~13時半頃(満席)


チョコレートタルトと洋ナシのタルト

2月24日(月) 10時半~13時半頃(満席)


第2回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_058538.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

2月7日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
3月6日(木) 10時半~13時半頃(満席)
4月15日(火) 10時半~13時半頃(満席)




第3回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_116240.png
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

2月28日(金) 10時半~13時半頃(満席)
3月4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
5月13日(火) 10時半~13時半頃(残席2)



第4回:シュー生地~パリ・ブレストとカスタードのプチシュー
e0180433_133927.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールはレストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は一般的なカスタードクリーム(ホイップとミックス)を詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

3月7日(金) 10時半~13時半頃(満席)
3月10日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
4月23日(水) 10時半~13時半頃(残席1)



第5回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_1383447.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

*日程は5月頃のおしらせとなります。



第6回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_1384674.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

*日程は5月頃のおしらせとなります。




参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~4名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2014-04-12 01:31 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*4月3日~11日*

e0180433_1475335.jpg
こんにちは。
以前クリスマスケーキとして作った、「ブラックフォレストケーキ」をリクエストいただき、今回久しぶり作りました。
見た目は簡単なように見えるのですが、厚いスポンジを2枚重ねるので、意外とクリームの塗り具合でバランスを崩しやすく組み立てが難しいです。
慣れないパレットでの作業を終え、最後にチョコレートのコポー(削りかす)を飾った際にはみなさんとても嬉しそうでした。
どっしり濃厚なケーキと、甘酸っぱいチェリーの組み合わせを楽しんでいただけて良かったです。

もう一つリクエストをいただいた「紅茶のシフォンケーキ」は、逆に簡単な作り方だったので「これなら作れるかも!」と言っていただけました。
一緒に作ったクッキーも気に入っていただけ、普段あまり使わない材料もいくつかありましたが、スーパーで買える材料ばかりですので、ぜひご自宅でも作ってみてください。

3月からのお菓子「抹茶のオモニエール」も始まりました。
抹茶のクレープに抹茶のプリンと小豆とホイップを包み込んでいます。
オモニエールは巾着の意味ですので、クレープで包み込むだけでもいいのですが、今回はひだをつけるように包み込み高さを出しました。
一人ひとり包み方が違うのと、数を重ねることで徐々に慣れてくるのもあって、ひとつずつがみんな違い、みなさんそれを楽しんおられました。
クレープの焼き具合でも印象が違いますね。
あまり厚く生地を焼いてしまうと包み込みにくくなるので、作ってみる際にはその点に注意してくださいね。

e0180433_1385014.jpg

上級コースで行っている「スフレ」のレッスンです。
チョコレート、ベリー、バニラの3種類のスフレに、それぞれアイスクリームやソルベを添えます。
一つ一つは単純なレシピで、意外と自宅で作るのも簡単なお菓子です。
ただ、作ったメレンゲの状態と混ぜ合わせる具合が大きく出来上がりを左右しますし、何といっても出来たらすぐに食べなければいけないのでタイミングが大事です。
作り置きができないという意味では不便ですが、とても気に入って下さったようでしたし、ご自宅でも無事に作っていただけたようですので、ぜひ今後のお菓子レパートリーに加えてくださいね。

「ガトー・アヴノン」のレッスンも3回行いました。
みなさんとても手間のかかるケーキでびっくりしておられましたが、味には満足していただけたようでした。
オレンジのスポンジも気に入っていただけたようでしたので、これを使ってロールケーキなど、活用していただけると嬉しいです。

お忙しい中、みなさんお越しくださいましてありがとうございました。
次回も楽しみにお待ちしております。
by yukochocolat | 2014-04-11 01:13 | 講習会レポート | Comments(0)