<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

*2013年ドイツの旅~フランクフルト*

e0180433_4144411.jpg
e0180433_414776.jpg
去年からドイツに住み始めた友達を訪ねて、初めてフランクフルトにやってきました。
J氏の実家がドイツ北部のGoslarゴスラーにあるのと、私の姉がハンブルグに住んでいることもあり、今までなかなかドイツ中部や南部に行くことがなかったのですが、今年はこのフランクフルトに続きミュンヘンへも行く機会がありそうで嬉しいです。

フランクフルトはドイツきっての金融の街で、高層ビルも多く他の街とはまた違った雰囲気があります。
日本人も多いので、今回は日本食も楽しみにしてきました。
着いたのが日曜日だったので空いているお店は少なかったのですが、ホテルに入っている日本食のお店でお寿司を堪能した後、電車で郊外にお散歩しに出かけました。
天気も良く、この夏は珍しく暑さが続いているので気持ちが良かったです。
全て友達に連れて行ってもらったので、お店の場所や散歩した町の名前も覚えていないんですが、その郊外の町は、フランクフルトで唯一昔の街並みが残されているところだそうです。
連れて行ってもらってビックリ…J氏の実家の小さな町ゴスラーの街並みのほんの一部がそこにはありました。
貧しさのため発展の遅れたゴスラーは、町の開発をされることもなく昔のままの街並みが残ったのですが、今ではそれが観光名所となって絶えず観光客が訪れています。
ゴスラーについては、この旅の続きで紹介したいと思います。

今回友達のおすすめで食べたのが、りんごのフラムクーヘンFlam Kuchen(写真右下)です。
これまで食べたことがなかったのですが、薄いピザみたいで、食事として食べる塩味もあれば今回のような甘いものもあります。
りんごのスライスにシナモンと砂糖をかけて焼いただけのような感じでしたが、爽やかなクリームが間に入っていてとても良く合って美味しかったです。

今回は友達も夏休みということで、これからフランクフルトからゴスラーへ一緒に向かいます。
by yukochocolat | 2013-08-31 04:06 | ちょっと遠出 | Comments(0)

*8月22日~8月30日*

e0180433_6334891.png
こんにちは。
久しぶりの「抹茶&マンゴー」ケーキのレッスンを行いました。
この1週間でもう一回レッスンがありましたが、初めてお越しいただいた方もいらっしゃいましたが、楽しんでいただけたようで良かったです。
レッスンではマンゴーはフレッシュでなくピューレを使いましたが、インド系の食材店へ行くと缶詰で売られているものもあり、濃厚なものはこのケーキに使っていただけます。
缶詰の種類によって濃度が違うので、色が薄くさらさらなピューレの場合は、ゼラチンを増やさないと固まらなかったり、フレッシュのマンゴーをケーキの中に入れないと淡白になってしまうので気をつけてください。

e0180433_634736.png
今回が今年最後のフレジエでした。
土台にしているマカロン生地を型の大きさに抜くのに少々苦労しましたが、カリカリとした生地を気に入ってくださったようでした。
ムースを入れてしまうと生地はどんどん柔らかくなってしまいますので、作ってしばらく食べない場合は冷凍してください。
シンプルな組み合わせではありますが、フレッシュのいちごを使った贅沢で今の季節にしか味わえないお菓子になっています。
ケーキにしなくても試食していただいたようにグラスデザートとして簡単に作れますので、また活用していただけましたら嬉しいです。

e0180433_6342831.png
中級コースの「ミルフィーユ」のレッスンです。
パイ生地から作りましたが、みなさん生地の伸ばし方はすぐにマスターして、とても良いパイ生地に仕上がりました。
一人で最初から作業をすると気の長い工程ではありますが、お友達同士でも来て下さっていたので、これから寒い季節に一緒に作ってみてはいかがでしょうか。
パルミエも作ってみましたが、こちらは懐かしい”パイの実”の味で喜んでいただけたようでした。
市販のパイシートでも、砂糖を振ってもう一度折ってから焼くとできますので、思い立って食べたくなったら作ってみてくださいね。
本題のミルフィーユも気に入ってくださったようで良かったです!

e0180433_6344599.png
今週はバナナブレッドのレッスンを2回行いました。
いくつか珍しい材料は使うものの、基本的には作り方も簡単ですので、すぐにでも作っていただけそうでした。
バナナが余ってしまった際にはぜひ作ってみてください。
今回一緒に作ったイル・フロッタントのアングレーズソースに、100g程度のホイップを混ぜて、冷凍庫で冷やしつつスプーンで空気を入れながら混ぜるとバニラアイスクリームが出来上がります。
完全に固まってしまう前にしっかり全体を混ぜて空気を含ませ、また固まる前に混ぜて、と2回ほど繰り返すと、次に固まる頃にはバニラの風味がしっかりついたおいしいバアイスになっています。
ぜひ試してみてくださいね。

今週もみなさんお忙しい中足を運んでくださり、ありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています。
by yukochocolat | 2013-08-30 00:00 | 講習会レポート | Comments(2)

*2013年8月の講習会スケジュール*

こんにちは。
ここ数年で一番の良い夏がやってきていますね。
暑すぎて寝苦しいなんて、もう何年も感じていなかったので、それが嬉しいくらいでもあります。
このまま8月も良い気候が続いてくれたらなと願うばかりです。

6月に国産のいちごが出始めてから、2種類のフレジエのレッスンを中心に行ってきましたが、8月は少し違うお菓子も登場させようと思います。
引き続き色々なお菓子のレッスンがあり、9月にも日程が増える予定ですので、興味のあるレッスンを見つけていただけましたら嬉しいです。

「バナナ・ブレッドとイル・フロッタント」
e0180433_2320498.png
バナナを使ったケーキのリクエストをいただいたので、イギリスらしいバナナブレッドを作ってみようと思います。
こちらのパウンドケーキはわりと高温で焼き上げるので、表面にはしっかりと焼き色が付き、ローフ型で焼いているので本当にパンのように見えます。
でも中はしっとりとしていて、大体どこのカフェで食べても美味しいものです。
このしっとりとした食感をだすためには、あるヨーロッパらしい材料が使われています。
材料もとてもシンプルなので、熟す前の若いバナナが好みの我が家は、バナナに黒い斑点がついてしまったらバナナブレッドを作る合図です。
バナナブレッドと一緒に作るのは、メレンゲのデザート「イル・フロッタント」です。
「浮島」と名付けられているとおり、メレンゲをバニラソースの上に浮かせています。
ラズベリーも美味しい季節ですので、ソースとデコレーションに一緒に使い、甘酸っぱいデザートに仕上げます。
電子レンジで簡単にできてしまうデザートなので、卵白が余ってしまったときにぜひお勧めです。
なお、レッスンではバナナブレッドを一本お持ち帰りいただき、イル・フロッタントは試食のみとなります。

日時
7月25日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8月29日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8月30日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人30ポンド〉



「抹茶とマンゴーのケーキ」
e0180433_23515416.png

2年前の夏にも作っていたケーキです。
抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム型に仕上げますが、丸や四角、フレジエでも使ったトヨ型などでも作ることができます。e0180433_235391.png

日時
8月22日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8月27日(火) 10時半~13時半頃(満席)
9月12日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
9月16日(月) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「フレジエ・ムース」
e0180433_2495130.png

こちらもフレジエですが、いちごとバニラの2種類のムースを組み立ててみました。
いつもはスポンジを使っていましたが、今回はマカロンの生地を使い、このメレンゲとアーモンドプードルを合わせたカリカリ&もっちり生地が、単調になりがちなムースに違う食感を与えてくれます。
もともとバニラよりもいちごのムースの割合が多いのですが、表面にたっぷりといちごを並べることで、よりいちごの甘さと爽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。
レッスンではお一人丸型一台を作ってお持ち帰りいただき、試食ではグラスに入れてパフェのような感覚で食べてみていただきます。


日時
8月23日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


「チョコレートケーキと抹茶&黒ゴマの焼き菓子」
e0180433_2357279.png
去年の今頃に作っていたケーキで、秋の気配を感じると食べたくなるようなお菓子2つを作ります。
一つはシンプルなチョコレートケーキ。
生地にはヘーゼルナッツを入れて、ふわふわチョコレート生地にカリッとした食感を加えています。
中に挟むのはガナッシュといって、チョコレートとダブルクリームを合わせただけのクリームです。
トヨ型を使うので単純なケーキでも見た目が変わり、さらに表面をチョコレート掛けすることでいつもとは違う仕上がりになります。
もう一つは抹茶と黒ゴマを混ぜて作る焼き菓子で、今回はドーム状のシリコン型で焼きますが、マドレーヌ型やフィナンシェ型、マフィン型をお持ちであればカップケーキのように焼いてもいいと思います。
どちらも混ぜて焼くだけの生地ではありますが、少し変わった仕上げ方&形で楽しんでいただけたら嬉しいです。

日時
9月2日(月) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉


「紅茶シフォン」
e0180433_22325864.png

香りも良く、色の出も良いアールグレイを使います。
今回は周りにホイップクリームも塗り、そのホイップも紅茶味にしています。
ふわふわのシフォン生地に、紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
15cmのシフォン型で焼き、一台お持ち帰りいただきます。
今回は、ヘーゼルナッツ入りのチョコクッキーも一緒に作ります。

日時
9月5日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人30ポンド〉



「チョコレートとキャラメルのケーキ」
e0180433_0264618.jpg

2009年にクリスマスケーキとして作っていた、チョコレートとキャラメルの2種類のムースにスポンジやビスケットを重ねたボリュームのあるケーキです。
今回リクエストをいただいたので、久しぶりに作ることとなりました。
とても手が込んでいるので少し難しい上に、面倒でもありますが、これまで作った中でもとても気に入っているお菓子です。
土台はビスケットでさくさくとして、その上にアーモンド風味のスポンジの乗せ、さらに2種類のムースを積み上げたものが写真右側で、仕上げとして表面にグラッサージュというチョコレートの上掛けをしますが、かけたものが写真左側となります。
冷凍保存もできる便利なお菓子です。
一人では挑戦したくないけど、少し手の込んだケーキを作ってみたい方は、ぜひお越しくださいませ。
*ケーキの仕上がりは丸型か長方形となりますのであらかじめご了承ください。また、今回はクリスマスのデコレーションはお付けしませんので、合わせてご了承くださいませ。

日時
9月17日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-08-22 04:28 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*Nisbets on sale*

こんにちは。
いつもロンドンで道具を買うのにお世話になっているNisbets
ただいま送料無料中です。
遠くてなかなか行けない方は、この機会にお試しください。
by yukochocolat | 2013-08-17 01:11 | お菓子の道具や材料 in London | Comments(2)

*8月5日~16日*

こんにちは。
8月に入り、急に肌寒い日が続いています。
もう少し夏が続いてくれるの嬉しいのですが・・・。

e0180433_7235948.png
リクエストをいただいて、基礎コースの「タルト生地」を使って洋ナシとレモンのタルトを作りました。
2つともアーモンドクリームを型に敷いて一緒に焼くタイプのタルトで、今回は洋ナシを使いましたが、季節によってアプリコットやいちじくなど、フランスのパン屋さんやお菓子屋さんでは季節を問わず見かけます。
タルト型を2種類使いましたが、どちらが使いやすかったでしょうか?
まだお持ちでなければ型選びからになりますが、日本でもとても手ごろなお値段ですし大きさを変えていくつ持っていても使いまわせて便利です。
ぜひこの機会にタルト作りをはじめていただけたら嬉しいです。

e0180433_726415.png
この夏最後となる「フレジエ・カスタード」のレッスンです。
8月の涼しさからか、なんとなく甘みが落ちてきて気もしますが、もう少しいちごを楽しみたいところですね。
今回は材料から色々と説明もさせていただきましたが、とても基本的な材料を使ったものばかりですので、手始めに作ってみるのにはちょうど良いレシピだったと思います。
今回は珍しい型を使って、あまり見ないデコレーションでしたが、お持ちの型や試食のようにグラスでもいいと思いますので、レシピを使ってみてていただけると嬉しいです。

e0180433_727288.png

本当に久しぶりの、「ミルクレープとダックワーズ」のレッスンです。
クレープ生地もクリームを重ねて組み立てていくのも、とても根気が要る作業となりました。
クレープ生地は薄く焼く方が良いですが、ご自宅にあるもう少し大きめのフライパンで作れば、きっと今日よりは楽に焼けるのではないかと思います。
ただ、フライパンが大きくなると破れやすくなるので、ひっくり返すときには十分に気をつけてください。
今日は綺麗なドーム状に形が整いましたが、クリームの配分は難しいところです。
また作られる際も今日のように形が綺麗になるといいですね。
ダックワーズは卵白が余ったときにはとても役に立つお菓子です。
プラリネはいつでもお譲りできますので、遠慮なくお知らせください!

お忙しい中お越しくださいまして、ありがとうございました。
またお会いできるときを楽しみにお待ちしています。
by yukochocolat | 2013-08-16 05:02 | 講習会レポート | Comments(0)

*7月29日~8月2日*

こんにちは。
毎日暑い日が続いていますが、これから少し涼しくなりそうですね。
今週はクレームブリュレのレッスンから始まりました。
e0180433_4404867.png
帰る頃には表面のキャラメルが溶けてしまったでしょうか?
カリカリが一番美味しいんですが、長くもたないのが残念です。
マドレーヌもブリュレもどちらも簡単ですので、ぜひまた作ってみてくださいね。

今週はいちごを使ったケーキが2つありました。
e0180433_4431148.png
e0180433_4432476.png

フレジエ・カスタードはいつもとちょっと違った形に仕上がり、表面がいちごで覆われているのでみなさんとても喜んでくださいました。
試食はグラスに入れて食べてみていただきましたが、今回は時間の関係でいちごのジュレを一番下に入れましたが、もし同じように作られる際はジュレを真ん中にして冷やしていただけると良いと思います。
全て一緒に口に入ってバランスがとれると思います。
ロールケーキにしたり、普通のカスタードにしてシュークリームに使ったり、色々と応用できますのでぜひ使ってくださいね。

e0180433_4472020.png

もう一つ、いちごが主役のシャルロットです。
シャルロットというお菓子はビスキュイ・キュイエールという、たまごたっぷりのビスケット生地でケーキの周りが覆われているのが特徴です。
よくリボンをつけて、プレゼント用としても使われます。
ティラミスにも使う、いわゆるフィンガービスケットで、今回はケーキの型に入れるために火入れは弱くしましたが、しっかりと全体がキツネ色になるまで焼くと、外はカリカリで中ふんわりの美味しいビスケット生地になります。
そのまま食べても美味しいくらいですし、簡単なのでまた作ってみてください。
ムースは少々面倒ですが、簡単バージョンもありますのでまずはそちらから試してみるのもいいかもしれません。

e0180433_4525456.png

久しぶりに作る、レア・チーズケーキのレッスンです。
今年はとても暑い夏だったので、レア・チーズケーキもいいですね。
クリームチーズだけでは単調なので、中央には赤いベリーを使った少し軽めのムースが入っています。
レアチーズケーキはスポンジをよく合わせるのですが、今回はシャルロットでも使ったビスキュイを使っています。
できてすぐは、ビスキュイのふわっとした食感とカリカリとした底の部分が濃厚なチーズケーキととてもよく合います。
冷凍もできるケーキですので、ぜひこの夏中に作ってみていただけると嬉しいです。

今週もたくさんの方々にお越しいただきまして、ありがとうございました。
どうぞ引き続き楽しい夏をお過ごしください。
by yukochocolat | 2013-08-02 04:28 | 講習会レポート | Comments(0)