<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

*1月31日*

e0180433_181694.jpg
こんにちは。
今日で1月も終わりです。
日に日に太陽が出ている時間も長くなり、春がもうすぐかと思うと(実はまだまだですが)少し気持ちも明るくなりますね。

e0180433_18163859.jpg今日はリクエストをいただき、お友達どうしでマカロンを作りに来てくださいました。
ご帰国を間近に控えた方が多く、今日からお菓子強化月間の始まりです(笑)。
とても熱心に聞いてくださって、たくさんの発見もしていただけたようで良かったです。
日本ではおいしいケーキが簡単に手に入りますが、自分で作って気持ちのこもったケーキもやっぱりおいしいですよね。
今日は私まで試食でいただいて、ありがとうございました。
こんな形でのマカロンは初めてでしたが、みんなで楽しくアレンジして食べるのもまた自分で作る時の楽しみですね。
e0180433_1817135.jpg


e0180433_18173410.jpg
今日はみなさんで来ていただきまして、ありがとうございました。
とても楽しい時間でした。
またお会いできることを楽しみにしています。
by yukochocolat | 2011-01-31 12:57 | 講習会レポート

*1月28日*

e0180433_17443029.jpg
こんにちは。
今日は久しぶりの紅茶シフォンケーキの講習会でした。
やはりシフォンケーキは好きな方が多いようで、よくリクエストをいただきます。

e0180433_17445724.jpg今日はシフォンケーキをよく作る方がおられたので、色々な味の組み合わせやシフォン生地のタイプなど、私にとっても発見の多い一日でした。
日本に帰って余裕があれば、もう一つ型を買ってこようかなと思います。

今日はふわふわスポンジの懐かしい味わいで、気に入っていただけてよかったです。
シフォンのクリームも、お二人ともが全く違うデコレーションでしたが、とても綺麗な仕上がりでした。
クッキーも簡単なので、ぜひまた作ってみてくださいね。

次回お会いできるのは少し先になってしまいそうですが、また楽しみにお待ちしています。
今日もありがとうございました。

e0180433_17454472.jpg
e0180433_1746111.jpg
by yukochocolat | 2011-01-28 12:23 | 講習会レポート

*チョコレートの焼き菓子3種*

こんにちは。
今年は少し遅い始まりとなりますが、2月からまた講習会を始めることとなりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

e0180433_61673.jpg
2月から3月にかけて、チョコレートを使った焼き菓子を3種類作ります。
一つはとても簡単、混ぜて焼くだけのチョコレートマドレーヌ。コースレッスンでも作っていますが、チョコレートを溶かさず砕いただけの状態で加えて焼くので、手間は少ないですが濃厚でおいしいと喜ばれる焼き菓子です。

e0180433_614355.jpgそして、抹茶とホワイトチョコレートを合わせたガトーショコラ。洋菓子に和の食材を合わせることがよくありますが、マカロンでもおなじみのように、抹茶とホワイトチョコレートは相性がとても良いです。この組み合わせを使って、ガトーショコラを作ります。
ホールで焼いてもいいのですが、今回はフィナンシェ型で焼き、一口サイズに作ります。

最後はチョコレートのプチシュークリーム。シュー生地に無糖ココアを混ぜ、生地自体もほのかにココア風味です。
チョコレートを混ぜたホイップを中に詰め、最後にチョコレートでコーティングし、ピスタチオを散りばめて仕上げます。
春夏にはチョコレートのお菓子は登場しませんので、この機会にチョコレートを堪能ください。

講習会は2~3名の少人数で、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

e0180433_683341.jpg2月
8日(火) 13時~16時頃(満席)
10日(木) 10時半~13時半頃(満席)

21日(月) 13時~16時頃(満席)

3月
4日(金) 14時~17時頃(満席)
*メニューは基礎コース「スポンジ生地~フルーツショートケーキ」になります。

9日(水) 10時半~13時半頃(満席)
11日(金) 13時~16時頃(満席)

試食の時間も含まれています。
*3月4日(金)14時からの「スポンジ生地」の詳細については、直接メールにてお問い合わせください。

場所
ロンドン東北部 ZONE2
Tube: Old Street StationまたはLiverpool Street Stationからバスで10分
Kingsland RoadとRegent's運河が交差する住宅街の一角で、どちらからもバスの便数は多く便利です。
Overground: Haggerstonから徒歩2分
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


参加費
お一人25ポンド


ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp


〈お知らせ〉
1月24日(月)~26日(水)は、誠に勝手ながらメールのお返事ができません。
この期間にいただいたメールのお返事は27日(木)になりますので、あらかじめご了承ください。 
by yukochocolat | 2011-01-23 21:25 | お菓子講習会スケジュール

*1月21日*

e0180433_3485425.jpgこんにちは。
今日は中級コースの「チョコレート菓子」で、ムスカディーヌとロシェという2種類のチョコレート菓子を作りました。
残念ながらお一人は体調を崩され、参加いただけなかったのですが、その後元気になられましたでしょうか。
インフルエンザではなかったことを祈るばかりです。
風邪も毎年ながら流行っていますので、みなさんもお気をつけ下さい。

今日はチョコレートのテンパリングを一度やってみたかった、ということでしたが、実際にやってみていかがだったでしょうか。
家庭で作る分には今回の量でちょうどいいのですが、少ない分温度も変わりやすく、こまめに温めなおさなくてはいけなくて大変でしたね。
でもそのお陰で、できあがりを見たところ温度調節は完璧だったようです。
ムスカディーヌは面倒で、その割には見た目も地味で、パットしないチョコレートではありますが、私は大好きです。
また作ることはないかもしれませんが(笑)、数日お楽しみくださいね。

e0180433_3481946.jpgそれに比べてロシェはテンパリング要らずの、簡単お菓子で、普段作るにはこちらの方が活躍しそうですね。
今日はプレーンチョコレートで作りましたが、ロシェはミルクチョコレートのバージョンもあり、こちらは普通プラリネも加えます。
ただ、ミルクチョコレートにオレンジピールは相性がよくないので入れません。

フィアンティーヌは、「チョコレートスポンジ生地のケーキ」の回でも登場します。
クオカでは扱っていないようなので、日本で購入を考えるなら楽天が良いと思います。

今日は思いのほか早く出来上がり、色々とおしゃべりをしながらの楽しい時間でした。
また次回もどうぞよろしくお願いします。
by yukochocolat | 2011-01-21 12:20 | 講習会レポート

*1月20日*

e0180433_721434.jpg
こんにちは。
今日は基礎コースの「スコーン」のレッスンでした。
午前も午後も、いつもよりも少し早めに終わりましたが、長時間お疲れ様でした。

スコーンはレーズンやチョコチップが入ったものなど色々ありますが、今回はシンプルにプレーンです。
またどんなタイプかも好みがありますが、今日のスコーンはいかがだったでしょうか。
バターを溶かさず、水分を入れた後はこねすぎないようにするのが大切です。
ただ、こねていくうちに自然と手に付いた生地は取れていくはずなので、それまで必要な程度はこねて大丈夫です。
e0180433_7213752.jpg
今日は直径6.5cmの大き目の型で抜いたので、出来上がりは一つ食べれば満足の大きさに焼きあがりました。
型があれば、5cmくらいのものが一般的な大きさに仕上がります。

今日はチョコレートのクッキーも作り、とても濃厚なクリームでしたが気に入っていただけてよかったです。
チョコレートは冷蔵庫に入れてしまうと固くなりますし、冷蔵庫の湿気でクッキー生地が柔らかくなってしまうので、乾燥剤を入れた容器で常温保存してください。
とはいえ、クッキーが薄いので湿気やすいため、なるべく早く食べてくださいね。


e0180433_7222436.jpg今日は午前も午後も、わりとのんびりとおしゃべりをしながらの作業で、とても楽しかったです。
次回はパイ生地で今日より少し難しいですが、どうぞよろしくお願いします。
e0180433_7221181.jpg

by yukochocolat | 2011-01-20 13:05 | 講習会レポート

*1月19日*

e0180433_2411967.jpge0180433_2414521.jpg









こんにちは。
今日はリクエストをいただいて、シフォンの講習会を行いました。
以前メニューにもなった紅茶シフォンと、ひとつはバニラシフォンで、最後は紅茶のホイップでコーティングしました。

e0180433_243551.jpgシフォンは作るのは簡単ですが、とても柔らかい生地なので、しっかり休めて優しく型からはずしてあげないと崩れる可能性もあります。
もしまた作ることがあったら、やはりシフォンナイフも持っていたほうが良いですね。
そして、十分に冷蔵庫で生地を休めてあげることです。
一度作り慣れてしまうと、色々な味に応用も効くし、簡単でおいしいので重宝するお菓子だと思います。
日本へ行って荷物に余裕があったら、型とナイフを買ってみてくださいね。

e0180433_2423083.jpg今日は周りのホイップもみなさんの個性が出て、しかも楽しんでいただけたみたいで良かったです。
いつもデコレーションというとどうしようかと迷ってしまいますが、シフォンはクリームで模様を付ける方がむしろ見栄えが良かったりするので、今日のようにパレットで好きにアレンジしてください。
みなさん中央の空洞にもクリームを上手く塗られて、クリームたっぷりできっとおいしいと思います。
切るときと皿に乗せるときが難しいかもしれませんが、包丁を少し温めてから切り、できればパレットでケーキを下から持ち上げて、お皿めがけてゆっくり倒してください。
ラップをかけて冷蔵庫で保存すれば、2,3日はかわらずおいしくいただけます。

e0180433_2432431.jpg3人そろってお会いできるのはちょっと先になりますが、また楽しみにしお待ちしています!
今日もありがとうございました。
by yukochocolat | 2011-01-19 12:14 | 講習会レポート

*1月12日*

e0180433_3191898.jpg
こんにちは。
今日はリクエストをいただいて、中級コースで作っている「オペラ」の講習会でした。
このレッスンをとても楽しみにして下さっていたようで、できたときは本当に喜んでくださいました。
また「おいしい~!」と何度も言っていただいて、ちょっと恥ずかしかったですが、同時にとても嬉しかったです。
やはり、楽しい&おいしいと言っていただけることが一番嬉しく、また新たなお菓子作りへの活力になります。ありがとうございます。

e0180433_3194517.jpg中でも仕上げのグラッサージュを楽しみにしておられましたが、この作業は勢いが大切です。
今日はそれほど冷えていなかったので大丈夫でしたが、普通はもう少しケーキが冷えている状態でかけるので、今日のように勢い良くかけていただかないと、厚さにむらができてしまうことがあります。
今日のグラッサージュは、ご自宅でも作れる簡易のものだったので、ちゃんと冷えていないとご覧いただいたように一部はげてしまう場合があります。
なので、はげてしまった場合は、今日のように一度冷やしてからまたかけます。
とても気を使う作業ですが、成功するといつもとはまた違ったケーキに仕上がりますね。
仕上げの「Opera」の文字も綺麗に入り、みなさん大満足のケーキにできあがってよかったです。

e0180433_320755.jpg今日はおしゃべりもしながらの充実した3時間でした。
とても楽しかったです♪
また次回もどうぞよろしくお願いします。
by yukochocolat | 2011-01-12 14:03 | 講習会レポート

*1月10日*

e0180433_2514062.jpg
こんにちは。
今日はいつもお邪魔している方のところへ、出張での講習会でした。
メニューはタルト・タタンです。
1月に行う予定のメニューだったのですが、結局開催できるのは今日だけとなってしまいました。
冬の定番メニューのこのお菓子、またどこかで開催できる時までお預けとなります。

e0180433_252831.jpg今日は12月からリクエストをいただいていたのですが、タルト・タタン自体ご存知なことに驚きました。
しかも大好きと聞いて、その味に近いものに仕上がるか心配でしたが、喜んでいただけてよかったです。
多くはブリゼ生地という甘くないクッキーのような生地で作るのですが、私は個人的にパイ生地で作るほうが好きなので、今回のタタンもパイ生地で作りました。
生地から作ろうと思うとブリゼ生地の方が断然簡単なのですが、同じサクサクでもやっぱりパイ生地のサクサクがたまりません。

e0180433_2523299.jpg今日は余った生地とりんごでアップルパイを2種類追加で作りました。
一つは基礎コースのレッスンでも作るアップルパイで、もう一つはわざと膨らまないようにパイ生地を薄く伸ばし、そこにりんごを並べて焼くアップルパイです。
どちらも去年の冬に一度行ったので、ずっと来て下さっているお二人には、見覚えのあるものでしたね。
フランスにはこれ以外にも他の形をしたアップルパイもあり、その種類は豊富です。
でもやっぱりタルト・タタンは、おばあちゃんやお母さんが冬になると作ってくれるお菓子の定番としてあります。

今日も作る時間に負けずおしゃべりしてしまいましたが、とても楽しかったです。
忙しいときはパイシートを買って、たまの息抜きにでも作ってみてください。
次回は少し先になりそうですが、またお会いできることを楽しみにしています~!
by yukochocolat | 2011-01-10 12:23 | 講習会レポート

*1月7日*

こんにちは。
今日から中級コースが始まりました。
1回目のメニューは「ミルフィーユ」です。

e0180433_1361611.jpg
今回もカスタードとキャラメルクリームの2種類を作りました。
パイ生地は200℃のオーブンで焼くため、室内がとても温かくなり、後半はパイ生地も折りにくい状態となってしまいました。
一度は家でパイ生地を折ってみたい、とおっしゃっていましたが、冬のうちに折ってみてください。
また、まな板を冷凍庫で冷たくしておいて、折る直前にそれを台に置いておき、台自体を冷ましておくのも効果的です。
お二人とも手がとても温かかったので、なるべく生地を触るときは手早く行ってくださいね。
と、注意事項が多くて扱いにくい生地なので、買った方が楽ではあるのですが・・・。
やはり自分で作った方がおいしいと思うのは、気持ちも入っているからでしょうね。

今日は私としても新たな発見がありました。
パイ生地を焼くときに、生地の上から一枚天板を重しとして乗せるのですが、その大きさが少し小さくて、いつも端が膨らんでしまっていました。
今回何気なくそこにティースプーンを乗せてみたのですが、これがとても有効的でした。
完全に生地の上に乗っているわけではないのに、なぜか全く生地が膨らむことなく全体的に綺麗に焼けました。
今後はこの方法で端まで綺麗に焼けると分かり、とても嬉しいです。
みなさんも、少し隙間が出来たらスプーンを乗せてみてくださいね。

今日は気付けば3時間経っていて、あっという間でしたが、無事にお持ち帰りいただけましたでしょうか。
そして無事に切れましたか?
切る直前までケーキは冷蔵庫に入れおき、切る時はパン切り包丁を使います。
中段ですでに切られている生地をめがけて、一番上の生地を切れれば、あとは綺麗に切れます。

また次回も長時間のレッスンになりますが、どうぞよろしくお願いします。
by yukochocolat | 2011-01-07 12:20 | 講習会レポート

*1月6日*

e0180433_1132714.jpg
こんにちは。
今日からまた基礎コースがはじまりました。
今回も基礎コースは午前と午後の2回行います。
1回目の今日は、「シュークリームとパリ・ブレスト」です。

e0180433_1135443.jpg午前中は初めての方もおられましたが、3時間という長時間のレッスンにも関わらず、楽しんでいただけたようでよかったです。
シュー生地を作るときは、意外と力仕事で驚かれたようでしたね。
機械がない場合は、最初から最後まで手作業となり、絞る頃にはぐったいしてしまうかもしれません。
今日のように大量に作ることはないかもしれませんが、クリームはどちらも2,3日はおいしくいただけるので、クリームとシュー生地を作る日を別々にしてもいいです。
もしくは、シュー生地は冷凍が可能なので、絞った状態で凍るまで冷凍し、ジップロックのような袋に入れて保存してください。
その際は、冷凍のままオーブンへ入れ、はじめの高温で良い状態になるまで少し長めに焼きます。
冷凍保存は可能ですが、時間が経てば経つほど膨らみが弱くなりますので、やはり早めに使ってくださいね。

e0180433_1143393.jpg午後のレッスンでは、話しているうちに3人ともが同じ年生まれの同じ血液型と分かり、おしゃべりも更にヒートアップ。
しゃべりすぎた感もありますが、お菓子作りの方はいかがだったでしょうか(笑)。
シュー生地の絞りもとても綺麗で、ぷっくりと焼きあがりました。
クリームも基本的には同じカスタードの作り方なので、2回作っていただいたことで、良い状態の見極めも見ていただけたと思います。

今日使った材料で、ロンドンでは限られたところでしか手に入らないものもありましたが、そのお店の情報はこちらです。
プラリネ
Demarqutte
ヘーゼルナッツプードル
German Deli

e0180433_115810.jpg今日は長時間のレッスンお疲れ様でした。
シュークリームはお早めに召し上がってくださいね。
by yukochocolat | 2011-01-06 13:47 | 講習会レポート