<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

*1月29日*

こんにちは。
今日は1月最後の講習会です。年が明けてもう1ヶ月が経ってしまうなんて・・・1年が早く感じるはずです。

e0180433_20214432.jpg今日は特にパイ生地に興味を持って来ていただいた方がおられて、生地の作り方や折込について、新たな発見ができたようで良かったです。
やはり本を見たりするだけでは、なかなか伝わらない部分が多いんだなぁと改めて感じました。
パイ生地作りは初めての方もおられましたが、何から何まで初めての中、コツを全部掴んでいただけたでしょうか。また忘れないうちに作ってみて下さいね。

キャラメルのソースも気に入っていただけて良かったです。
パイ生地同様、このソースも冷凍保存ができます。
もう少しダブルクリームを増やして、さらさらのソースにしてもいいと思います。

e0180433_2022133.jpgアップルパイは次の日でも一度オーブンで温めておいしくいただけますので、朝ごはんにでもして食べてくださいね。
そして、余った生地も薄く伸ばして別のパイとして楽しんでください。フルーツが手に入りやすいこの国では、季節ごとに色々なフルーツを使うといいと思います。火を通したときにあまり水分の出ない、アプリコットやいちじくなど、色々試してみてください。

今日は短かったですが、とても楽しい時間でした。
また興味のあるお菓子が出てきましたら、ぜひいらしてくださいね。
by yukochocolat | 2010-01-29 13:00 | 講習会レポート

*1月28日*

e0180433_874555.jpgこんにちは。
今日から週の後半です。といっても、いつも家で仕事をする私にとっては何の関係もないのですが、やはり週末が近づくと嬉しくなります。

今日もパイ作り初めてのお二人がいらしてくださいましたが、伸ばすコツはばっちり掴んでくださって、思いがけないほどに早い仕上がりでした。綺麗に膨らみましたし、完璧でした!
そしてお味も気に入っていただけたようで、嬉しい限りです。
旦那様にも気に入っていただけたでしょうか??

e0180433_88015.jpgりんごのおいしいこの季節、また作ってみてくださいね。
そして、お料理もよく作られるお二人ということで、このパイが何か料理にも使えるといいのですが・・・。パイ生地自体には砂糖が入っていないので、使えるとは思うのですが。塩味が足りなければバターを有塩に代えてもいいでしょうし、単純に塩の量を増やしてみるのもいいと思います。
私も作ることがあれば、また紹介したいと思います。

今日もお菓子や料理に限らず、色々なお話をありがとうございました。
とても楽しく、そしてためになりました!
またぜひぜひいらしてくださいね♪
by yukochocolat | 2010-01-28 12:00 | 講習会レポート

*1月27日*

e0180433_3231266.jpgこんにちは。
ここ最近気温が上がってきたように思いましたが、今日はぐっと冷え込みました。
それでも日差しが入ると暖かい我が家は、パイ生地作りのためにもずっと窓を開けたままでの講習会でした。みなさん、風邪を引かれなかったでしょうか・・・。

今日は3人お越しいただいたので、わいわい賑やかな講習会となりました。
思っていたより作業に時間のかかるパイ生地でしたが、やっぱり手作り、しかも自分で作ったとなるとおいしさも一入だったようですね。
作って冷凍もできるので、時間の余裕&場所があるときは、多めに作って冷凍して取っておくのもいいかもしれません。

e0180433_3233324.jpg同じ生地で4回目と5回目の折込を砂糖ですると、パルミエという、いわゆる源氏パイになります。出来上がった生地を5,6mmの薄さに伸ばし、長方形に切り、その両端を中央に向けてくるくる巻き合わせて焼きます。また、厚さ1cmくらいに伸ばして、小さな花形で抜いて焼き、中央にチョコレートを詰めれば「(ロッテ)パイの実」の出来上がりです。
色々と応用も利くので、また作ってみてくださいね。

今日は折込に向いているバターの紹介を忘れましたが、Country Lifeという、多くのスーパーでよく見かける金色の紙で包装されているバターを使いました。他のバターに比べると、常温に出したときに溶ける速さが遅いので、おうちで作られる際はこのバターをお勧めします。

今日はゆっくりお話もできて、その分時間も延長してしまいましたが(すみません・・・)、とても楽しかったです。
またお会いできることを楽しみにしています。
e0180433_324173.jpg

by yukochocolat | 2010-01-27 12:00 | 講習会レポート

*1月26日*

こんにちは。
1週間の旅行から戻ってきて、まだまだ休みボケな感じですが、今日からアップルパイの講習会再開です!
パリに行って、本場のパン屋さんのアップルパイも食べましたが、このアップルパイの味も負けていませんでした(笑)。

e0180433_304153.jpg今日は初めていらしてくださる方ばかりで、また新しい出会いに感謝です。
ロンドンに来たばかりの方でも、慣れない土地で色々と挑戦しようと活動されている方の多さに驚きます。
3年近く経つ私は、最近めっきり近所に引きこもりというのに・・・。

今回、生地作りの⑤の作業をし忘れてしまったことに、後で気付きました。
最終的に綺麗に膨らんでくれたので良かったですが、ご自宅で作られる際は、⑤の作業も忘れずにしてください。失礼いたしました。

さて、パイ生地作りは初めてというお二人も、自分なりにコツをつかんで手早く折っておられました。
今日は休ませる時間を最小限にして折り込んでいきましたが、おうちで作る際に時間の余裕があれば、30分くらいずつ休ませながら折ると、今日よりも楽に折れる感じがすると思います。
生地が台にくっつくのを避けるため、ことあるごとに「粉をもう少し振ってください」と言いましたが、どのくらいの量あればくっつかないのか分かってくると、少ない量で綺麗に折れるようになると思います。
回数を重ねることで、折る時間も短縮できるし、綺麗な層に折ることができるようになるので、できればまた作ってみて下さいね。
e0180433_31569.jpg
もうすぐ帰国のYさん、スリには十分に気をつけて旅行を楽しんできてくださいね!
そして、ロンドンでの生活をスタートさせたばかりのSさん、またお話できることを楽しみにしています。
今日はありがとうございました。
by yukochocolat | 2010-01-26 15:00 | 講習会レポート

*2種類のアップルパイ*

e0180433_19593445.jpg
e0180433_2005699.jpg

こんにちは。
1月の講習会では、2種類のアップルパイを作ります。
e0180433_19595516.jpg寒い中、温かいアップルパイは格別です。
パイはスーパーで冷凍のものが簡単に手に入りますが、残念ながらあまりおいしくないものも多いので、今回でパイ生地の作り方を知っておかれるのもいいと思います。
こちらでは年中あるりんごも、今が旬です。マーマレードは少し果肉も残してつぶし、とろりとした中にも歯ざわりが残るように仕上げます。
どうしても残ってしまうパイ生地で、もう一種類のアップルパイを作ります。
こちらは、逆に上がらないように余り生地を重ねて薄くのばし、スライスしたりんごをうろこ状に乗せて焼き上げます。キャラメルソースにホイップした生クリームを乗せて、ホイップが溶ける前に温かいパイと一緒に食べていただきます。

講習会は2~3名の少人数で、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

日時e0180433_2013849.jpg
12月
30日(水)11時~14時頃(残席1)

1月
4日(月)13時~16時頃(満席)
6日(水)10時半~13時半頃(満席)
7日(木) 9時~12時頃(満席)
13時~16時頃(満席)
8日(金)10時~13時頃(満席)

13日(水)10時半~13時半頃(満席)

26日(火)13時~16時頃(満席)
27日(水)10時半~13時半頃(満席)
28日(木)10時半~13時半頃(満席)
29日(金)10時半~13時半頃(満席)

2月
2日(火)10時半~13時半頃(満席)
試食の時間も含まれています。
時間変更も可能ですので、まずはお問い合わせください。

場所
ロンドン東北部 ZONE1
Tube: Old Street StationまたはLiverpool Street Stationからバスで10分
Overground: Dalston Junctionからバスで5分(徒歩10分)
Kingsland RoadとRegent's運河が交差する住宅街の一角で、どちらからもバスの便数は多く便利です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


参加費
お一人25ポンド


ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2010-01-24 22:30 | お菓子講習会スケジュール

*パリレストラン&カフェ*

こんにちは。
3ヶ月ぶりにパリに行ってきました。
今回は3姉妹がそろうということで、ちょっとおいしいビストロを友達に聞いてみたところ、L'ourcineというレストランを紹介してくれました。
場所は13区、メトロ7番線のGobelinsという駅の近くにあり、住宅街の中にひっそりとあります。
実はここ、日本のガイドブックにも載せられているらしいのですが、メニューは日本語はもちろん英語もありません。しかも、フランス人の書いたフランス語(つまりはかなり読みづらい)で、全ての材料が黒板に書かれてあるので、メニューを読むのにも一苦労でした。
こんなところに日本人が来て、一体どうやって頼むのか?とかなり疑問でしたが、日本人の料理人さんが働いていて、彼が説明のためにキッチンから出てくることもあるそうです。

料理はデザート以外は大満足。さすがに小さなレストランなので、パティシエさんはおらず、ビストロでありがちなデザートばかりでしたが、それをふっとばすほど、料理はおいしかったです。メインの肉料理のソースは全く同じものを使っていましたが、それが最近のはやりだそうです。へたをすると、私の頼んだ魚料理も同じソースがベースだったような気もします。
せっかく料理もおいしくて、その料理人さんもイケメンなので(関係ないか・・・)、ちゃんとホームページを作って、メニューも英語を加えたらいいのに、と思いました。
まだお店ができて3年、やっと地物との人たちに受け入れられるようになってきたようなので、これからが楽しみです。

L'ourcine Restaurant
92 rue Broca
75013 Paris
tel:33 1 47 07 13 65


そして、今回新たなおいしいショコラティエ&カフェにも出会いました。
おととしオープンしたばかりのJacques Geninです。
3区にあり、メトロ8番線のFilles du Calvaire(またはRepubulique)から歩いて少しすると、突然角にモダンなチョコレート屋さんが出てきます。
中のカフェはもったいないくらい、空間を贅沢に使って机が置かれ、そのお陰でベビーカーの友達と一緒でも、なんの気兼ねもなくゆっくりお茶をすることができました。

カフェでのお勧めは、注文されてからクリームをサンドしてくれるミルフィーユ(バニラ、キャラメル、プラリネ、季節のクリーム各種)と、チョコレートに並ぶ看板お菓子のエクレアです。
今回はミルフィーユのバニラとプラリネを食べましたが、ほろほろと崩れるパイ生地と、濃厚だけどそこまでしつこくないクリームがおいしかったです。プラリネはおすすめです。
カフェで飲み物を注文するとチョコレートが付いてきますが、チョコレートもおいしかったです。
ショーウィンドーからチョコレートを注文すると、アルミ缶のケースに入れてくれます。
どこまでもモダンなお店でした。

Chocolatier Jacques Genin
133 Rue de Turenne
75003 Paris
tel:33 1 45 77 29 11

http://www.davidlebovitz.com/archives/2008/12/jacques_genin_opens_in_paris.html
by yukochocolat | 2010-01-16 12:00 | おいしいもの見つけた

*1月13日*

こんにちは。
29年ぶりの寒さもそろそろ落ち着くかなぁ、と思っていた矢先、また雪が降りましたね。
一体この寒さ、いつまで続くのでしょうか・・・。

e0180433_7533115.jpg今朝はこの雪でOvergroundが止まってしまったようで、来ていただけなくなるかと思いましたが、旅程を変更して時間をかけていらしてくださって、ありがとうございました。
来てくださった時は雪もちらついていましたが、帰る頃には止んでいてよかったです。

お二人ともパイ生地作りは初めてだったので、色々説明が長くて&多くて分かりにくかったかもしれませんが、実際にやってみると案外すいすいと伸ばして折って、と作業しておられました。メモをたくさん取るのも大事ですが、体で覚えられると一番いいので、機会があればまたおうちで作ってみてください。
今日は、私も夜パイ生地を作りましたが、まな板を冷凍庫に入れておいて、台を冷やす方法は意外と役に立つようです。手早く伸ばしたつもりですが、それをしなかったせいか思ったよりも生地がすぐに扱いにくくなりました。
メモ欄に付け加えておいてください。

e0180433_753461.jpg試食用のアップルパイに、今日はホイップとキャラメルソースをトッピングしましたが、バニラアイスやキャラメルアイスと一緒に食べてもおいしいです。こちらのアップルパイは、(余り)生地とりんごさえあればできてしまうし、なんといっても簡単で失敗知らずなので、覚えておくと便利だと思います。
パイ生地は冷凍でも売っているように、冷凍保存が可能なので、余ったときは冷凍して、冷蔵庫でゆっくり解凍させてからまた使ってください。

またゆっくりお話しながら、お菓子作りをご一緒させていただけたら嬉しいです。
今日はありがとうございました。
by yukochocolat | 2010-01-13 12:00 | 講習会レポート

*ロンドンでドイツパン*

e0180433_075822.jpgこんにちは。
何度もドイツに行くようになってからというもの、ドイツのパンもおいしいなぁと思うようになりました。
ドイツのパンといえば、黒くておも~いパンばかりが浮かびますが、実は白いパンもたくさんあるんです(笑)。クリスマスマーケットでもおなじみですが、ソーセージを焼いてパンにはさんで売っているお店では、コッペパンのような白いパンにはさんでくれます。このパンがもちもちして柔らかくておいしいんです。
他にもゴマを振った白パンや、シードをまぶした全粒粉のパンや、そりゃもうたくさんのプチパンがあります。総称してブルイチェン(カタカナにするとこんな感じでしょうか?)と言うらしいです。

前回クリスマスにドイツに行って帰ってきてから、このプチパンたちが食べたくなって、ロンドンにあるドイツベーカリーを色々探し、うちから一番近いAldgateにあるその名もBerlin Deliciousへ行ってみました。
http://www.berlin-delicious.com/html/content05_09.html
月曜~金曜、朝7時半~午後4時半に営業という、完全にオフィスワーカーの朝食&ランチをターゲットにしている感じです。
私が行った午後3時半にはほとんどパンも残っていませんでしたが、陽気なドイツ人のお姉さんは、「これを一つ」と私が言うたびに、「Buy one get one freeだから」と自動的に二つ入れてくれて、組み合わせ自由なのか、残り一つのローフを頼んでも、「どれか一つ選んで」とスイーツ系の棚を指すので、ドーナツももらっちゃいました。
お陰で山のように買ったのに、6ポンド!なんて安い・・・。
ブルイチェンはその日に食べなければいけないそうで、J氏曰く、すでに時間が経っている感じの味だったようですが、久しぶりのパンに大満足でした。

次回はもっとフレッシュなパンが買えるように、午前中に行ってみたいと思います!
by yukochocolat | 2010-01-10 00:08 | おいしいもの見つけた

*1月8日*

e0180433_2328277.jpgこんにちは。
今週は本当に寒い日が続きました。ロンドンってこんなに寒かったですっけ?

さて、今日も早くから来ていただいてありがとうございました。
部屋の中が暖かかったのか、生地を休ませる時間が足りなかったのか、途中生地からバターが少し出てしまいましたが、綺麗に膨らんでくれてほっとしました。今日は粉を振って補強しましたが、バターが柔らかくなってきたなと思ったときに、冷蔵庫に入れてしっかり休ませる方がいいです。生地とバターをきちんと冷やし、適度に粉を振った状態であれば、伸ばしやすいですし、生地が破れる心配もありませんので。
e0180433_2329121.jpg
今日はクロワッサンの話題が出ました。
クロワッサンは今日のような三つ折を3回します。また、クロワッサン生地は配合が違い、砂糖も入るし、イーストも入ります。なので、生地を作って発酵をさせた後、バターを入れて折り込んでいきます。そして成形をした後に再び発酵させてから焼き上げます。
パイ生地よりもさらに手間がかかりますが、クロワッサンもおいしいですよね~。

注意点が多くて、すでに忘れてしまったこともあるかもしれませんが、そんなときはいつでも連絡してくださいね。ぜひぜひ、また作ってみてください!
あっという間の時間でしたが、とても楽しかったです。
またの機会を楽しみに、お待ちしています!e0180433_23292023.jpge0180433_23293811.jpg
by yukochocolat | 2010-01-08 12:00 | 講習会レポート

*1月7日*

こんにちは。
今日は午前と午後の2回講習会を行いました。
午前は朝早くから来ていただいてありがとうございました。
いつもこの講習会に来てくださる方の話を聞くと、ご飯の準備や家事を済ませてから来るという方も多く、みなさんハードな日々を送っておられるんだなぁ、と感心させられます。こうして家からあまり出ない生活をしている私にとっては、かなりの刺激になります。

e0180433_2252592.jpg午前中の講習会は、いつもよく来てくださる方が姪っ子さんと一緒に来てくださり、本当にアットホームな雰囲気になりました。いつも以上に楽しそうに作っておられて、私も嬉しかったです。
パイ作りもすぐにコツをつかんで、折り込み作業もとても速くできたし、綺麗に折れていたので仕上がりも良かったです。
e0180433_22531622.jpg
今回はキャラメルソース用に紙でコルネ(絞り用の筒)を作ってみたり、生クリームをスプーンで上手く乗せてみたり、ちょっとしたテクニックもやってみましたが、どれもすぐにできちゃいましたね。どれも知っておくと便利な雑学なので、頭のどこかにしまっておいてください。


e0180433_22533813.jpg午後の講習会は、前回一緒だった方々が、またも偶然同じ日に重なったので、クリスマスケーキ以後の年末の話などできて楽しかったです。
午後のお二人もまた作業が早く、綺麗に生地ができましたね。
e0180433_22535641.jpg


パイ生地は、意外と麺棒でぐいぐい伸ばして大丈夫なので、厚さと台に生地がくっつかないように気をつけながら、今日のように手早く伸ばして折っていってください。

アップルパイ用に今日は5回三つ折をしましたが、最後の5回目を粉の代わりにグラニュー糖を使って折り、薄く伸ばして(1cm程度)長方形に切り、両端を中央に巻き集めてハート型のようにして焼くと、源氏パイの出来上がりです。この時、カスターシュガーではなくグラニュー糖のように粒子の粗い砂糖でするのがコツです。
これもおやつに最適です。

寒いこの時期、温かいアップルパイは次の日の朝ごはんにしてもおいしいので、また機会を見つけて作ってみてくださいね。
今日はみなさんありがとうございました!
by yukochocolat | 2010-01-07 12:00 | 講習会レポート