カテゴリ:講習会レポート( 400 )

*1月5日~29日*

2016年が明けました。
みなさんにとって、どんな年明けだったでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
e0180433_215328.jpg
これまで何度となくリクエストをいただきつつも、ほとんどレッスンをしてこなかった「ガレット・デ・ロワ」。
フランスで1月の「エピファニー」で食べられるお菓子ですが、自宅で作るのは難しいかなと思いつつ避け続けていましたが、ついに今年開催することにしました。
思いの外このお菓子のことをご存知な方も多く、みなさんフェーヴも喜んでくださり嬉しかったです。
パイ生地も普通の作り方とは違い少し難しかったかもしれませんが、パイのざっくりとした食感はこちらの作り方の方がより出せます。
時間のある時にのんびり一日かけて作ってみてはいかがでしょうか。
カスタードやアーモンドクリームも基本的なレシピとなっていますので、ぜひ活用してくださいね。

e0180433_2132575.jpg
基礎コースからは「シュー生地」と「スコーンと焼き菓子」の会を、中級コースからは「ミルクレープ」と「「ミルフィーユ」を行いました。
プチシューにはカスタードクリームを詰め、ドーナツ型のパリ・ブレストにはプラリネクリームを詰めています。
特にこの国ではシュークリームをなかなか見ないので、久しぶりの味にみなさんとても喜んでおられました。
生地の状態で冷凍もできますし、カスタードクリーム作りも慣れてしまえば時間をかけずにできてしまいますので、ぜひレパートリーの一つに加えてくださいね。
プラリネが必要になった時はお譲りできますので、いつでもお知らせください。
スコーンもコツをつかんでしまえば比較的簡単に作れるお菓子の一つです。
レッスンにお越しいただいた後、「とてもよく作っています」という声もたくさんいただきます。
フレッシュで美味しいクロテッドクリームと紅茶が本当に良く合うイギリスの定番お菓子、また作ってみてくださいね。
ミルクレープとダックワーズも、みなさんにとても喜んでいただけました。
ミルクレープは技術というより辛抱が必要です(笑)。
焼くこともそうですが、クリームを塗ってクレープを重ねていく作業も思いのほか時間がかかります。
切った時にきれいない層ができているように、均一にぬっていってください。
ダックワーズのプラリネが必要になった時は、いつでもお知らせくださいね。
ミルフィーユは基礎コースの「アップルパイ」で使ったパイ生地の応用で、レッスンではカスタードとキャラメルの2種類のミルフィーユを作りました。
パイ生地作りの時間がない時は市販の物でももちろん構いませんが、好みのバターを使って注意点に気を付けて作ると格段に美味しいパイ生地ができます。
わざと膨らまないように重しを乗せて焼いたパイ生地のザクザク感と、しっとりクリームの相性を楽しんでくださいね。

e0180433_2354564.jpg
1月はリクエストレッスンもたくさん行わせていただきました。
まずは本当に久しぶりに作った「フォレ・ノワール」。
フランス・ドイツ・オーストリアなど、ヨーロッパではとてもよく見るお菓子ですがイギリスではなかなか見る機会はないですね。
それでもこのケーキを知っている方は多いようで、3月までにかけてこれから何回か行っていきます。
南ドイツの黒い森をイメージして、黒いチョコレートホイップとチョコレートスポンジ、雪のイメージの白いホイップのコントラストがとても綺麗です。
グリオットチェリーを使うのも特徴で、ホイップとチョコレートで重い印象がこのチェリーの酸味のお蔭で軽く感じて、なぜかパクパク食べれてしまいます。
全工程を作ると一日仕事になってしまいますが、スポンジとどちらかのクリームの組み合わせにフルーツを添えても十分デザートとして楽しめますので、使っていただけると嬉しいです。
そしてこちらも久しぶりに作る「3種のチョコレートケーキ」ですが、以前はコースレッスンの一つとして作っていました。
作り方は難しくはないのですが、プラリネやフィアンティーヌなど使う材料が珍しく少々手に入れにくいのが難点です。
ですが3つの層を全て一緒に食べた時の食感や一体感がとても好きで、自分でも時々作ります。
色々と代用できるものもありますので、良かったら作ってみてくださいね。
「栗のパウンドケーキとカヌレ」の会も久しぶりに行いました。
パウンドケーキは単純なレシピながらいくつか気を付ける点があり、そのポイント次第でべタッとしたり粉っぽい生地になったりと仕上がりに影響が出ます。
別のパウンド作りについても今回のポイントは共通して言えますので、今後のパウンド作りに役立てていただけると嬉しいです。
カヌレも生地作りは簡単ですが、焼き具合がその時その時で変わることがあるので難しいです。
ご自宅のオーブンの癖を確認しつつ、何度か作ってみてくださいね。
「白いモンブラン」の会では、本当に久しぶりにお越しいただけた方もいらっしゃり、色々なお話もしながら楽しい時間でした。
工程も多く面倒な造りになっていますが、試食の時にはみなさんに満足していただけて良かったです。
マロンペーストの購入を考えた際には、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

今月もたくさんの方々にお越しいただきまして、楽しい時間をありがとうございました。
また次回も楽しみにお待ちしています。
by yukochocolat | 2016-01-29 01:40 | 講習会レポート | Comments(0)

*12月1日~23日*

こんにちは。
今年も12月に入り、残すところ1か月となりました。
例年のようにクリスマスケーキを中心に、今年はモンブランとチーズケーキと中級コースのオペラの会も行いました。
e0180433_7423484.jpg
この秋に行っていた時には来ていただけなかったのですが、今年中にもう一度モンブランを開催することができて良かったです。
とても楽しみにしてくださっていたようで、美味しそうに食べていただけて嬉しかったです。
チーズケーキもなかなか頻繁には開催しないのですが、楽しみにしてくださって、またご家族のみなさんにも気に入っていただけたようで良かったです。
一年を通して手に入る材料を使っていますので、ぜひご自宅でも作ってみていただけると嬉しい出です。
オペラはいつも12月に一度は作るのですが、今回はデコレーションで色々なメッセージを書いていただきました。
それぞれの思いの入ったケーキ、楽しんでいただけましたでしょうか。

e0180433_7474649.png
e0180433_7475721.jpg
今年のクリスマスケーキは、チョコレートとキャラメルの2種類のムースを重ね、土台はクッキー生地でサクッとした食感にしています。
冷凍して保存しておいても、上手く解凍すればクッキーのサクサク感を楽しめるため、たくさんの方々に楽しんでいただけたようでうれしいです。
クリスマスでなくてもデコレーション次第で色々なイベントで使っていただけるケーキですので、今後もぜひ活用してくださいね。

2015年もたくさんの方々にレッスンにお越しいただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
また、ほぼレッスンの更新のみにも関わらず、ブログを楽しみにご覧いただいた方々にも大変感謝しています。
来年も大きな変化はないかもしれませんが、引き続きお付き合いいただけますと嬉しいです。
みなさまにとって、2016年も素敵な一年となりますように★
by yukochocolat | 2015-12-23 07:40 | 講習会レポート | Comments(0)

*11月2日~30日*

こんにちは。
11月はレッスン日数が少なかったですが、栗を使ったケーキを中心に、基礎コースからはスコーンを、中級コースからはマカロンも作りました。
e0180433_7125911.png
栗を使ったお菓子も今月までがメインです。
栗のパウンドケーキとカヌレは、本当にたくさんの方々にお越しいただき、みなさんに気に入っていただけてとても嬉しいです。
カヌレ型はレッスンではシリコン型を使っていますが、もちろん金属製の型を使って作っていただくこともできます。
取り出し方にさえ注意すれば、金属製も収納スペースを取りませんし、焼きも綺麗につきます。
作り方は簡単ですので、ぜひレパートリーの一つに加えていただけると嬉しいです。

e0180433_7164547.jpg
モンブランも回数は減ってきていますが、引き続き行っています。
手間がかかるだけでなく、栗ペーストが手に入りにくかったりと不便もありますが、スポンジをロールケーキに使っていただいたりと応用して下さる方も多く、それもまたとても嬉しいことです。
カスタードクリームも基本の作り方ですし、白いモンブランで使っているクレームブリュレの作り方もとても基本的なものですので、ぜひ色々なお菓子に応用して使ってください。

マカロンはリクエストを頂いて、コーヒー・チョコレート・塩キャラメルの3種類を作りました。
すでに何度かマカロンレッスンにお越しいただいている方々でしたが、それでもまた新しい発見があったと喜んでいただけてとても嬉しいです。
またお越しいただけるように、新しいクリームも作っていけたらと思います。

スコーンの会も2回行い、気温も下がってきたのでずいぶんと作りやすくなってきました。
最初は手についた生地が気になってしまいますが、慣れてくると捏ね終わった時に手が綺麗になっているくらい、捏ねている最中に生地が自然と取れるようになってきます。
慣れが一番ですので、これから何度も作っていただけると嬉しいです。
一緒に作ったサブレやマドレーヌも、比較的簡単にできる焼き菓子ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

11月もたくさんの方にお越しいただきまして、ありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています。
by yukochocolat | 2015-11-30 07:11 | 講習会レポート | Comments(0)

*10月1日~30日*

こんにちは。
10月に入り、モンブランの季節がやってきました。
今年は去年に引き続き、2種類のモンブランを作っています。
また1月から好評を頂いている、栗パウンドとカヌレの会も10月から11月にかけて行っています。
e0180433_3224963.jpg
e0180433_323553.jpg
2種類のモンブランは見た目は全く違いますが、使っているマロンペーストやマロンクリームは同じで、食べてみるとどちらも栗の濃厚な味が広がります。
白いモンブランの方がムース仕立てなので少し重たく食べごたえ十分です。
私の中でモンブランは手間を惜しまず作りたいお菓子の一つで、もう少し家庭でも作りやすくしたいと思いつつも、簡単にすると分かりやすく味が変ってしまうように思います。
毎年面倒なレシピになってしまって申し訳ないですが、季節のお菓子をまた作ってみていただけると嬉しいです。
栗パウンドもモンブランで使っているマロンペーストとマロンクリームを使いますが、材料さえ集めてしまえば比較的簡単に作れます。
カヌレが意外にも簡単でみなさんに驚かれますが、カヌレ型の素材が焼きに影響はさほどありませんので、シリコン型以外でも火加減に注意してぜひ作ってみてください。

今月もリクエストをいただいて、チーズケーキ2種の会も2回行いました。
翌日や翌々日も美味しく食べられるベイクドチーズケーキとスフレチーズケーキの2種類でしたが、どちらがお好みだったでしょうか。
材料も手に入りやすいですので、また作っていただけると嬉しいです。
e0180433_3365445.jpg
e0180433_3384442.png
基礎コースからはショートケーキとシャルロットの会、そして写真を取り忘れてしまいましたがスコーンの会と、中級コースからはタルトを作りました。
シーズンがもうすぐ終わってしまうので、これが今年最後のフルーツを使ったレッスンとなります。
ショートケーキではお時間の都合で、なかなかゆっくりとナッペの作業をしていただけなかったのが残念でしたが、今後のケーキ作りで今回のレッスンがお役に立てることを願っています。
また何か作ってみて疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
シャルロットでは余り生地で作った小さなブッセも気に入っていただけて良かったです。
ビスキュイ生地はしっかり焼いてそのまま食べても美味しいですし、ムースととても相性の良い生地です。
ぜひ活用していただけると嬉しいです。
スコーンの会では5人の方にお越しいただいたので、何度か繰り返してスコーン作りを見ていただけたので良い復習にもなったかなと思います。
捏ね過ぎは良くないのですが、しっかりと必要なだけ捏ねて美味しいスコーンを作って下さい。
中級コースのタルトは、チョコレートとレモンの2種類を作りました。
英語でのレッスンで、一部分かりにくい場面もあったかもしれませんが、とても楽しんでいただけたようでよかったです。
私もとても勉強になりました。
ぜひまたみなさんでお越しいただけたら嬉しいです。

みなさま、とても楽しい時間をありがとうございました。
またお越しいただけることを楽しみにしています。
by yukochocolat | 2015-10-30 03:14 | 講習会レポート | Comments(0)

*9月3日~25日*

こんにちは。
9月はレッスン日数が少なかったのですが、基礎コースや中級コース、そして単発のレッスンと様々なお菓子が並びました。
e0180433_2345043.jpg
今年最後となるレアチーズケーキの会と、リクエストをいただいたチーズケーキ2種のレッスンです。
どちらもクリームチーズに空気を入れ過ぎずに混ぜるのがポイントですが、作り方はそれほど難しくありません。
レアチーズは今回はシリコン型を使って冷凍しましたが、グラスに入れると簡単であっという間にデザートができてしまうので、ぜひまた作ってみていただけると嬉しいです。
e0180433_2415911.jpg
基礎コースからは、ショートケーキとシュー生地の会を行いました。
ダブルクリームを使ってショートケーキのデコレーションを行うと、クリームが固くなりやすいので難しいですが、なるべく手早くナッペができるようにぜひご自宅でも作ってみてください。
シュークリームは苺クリームでしたが、イギリスの少し酸味のある苺を使うととても良く合います。
もうすぐシーズンが終わってしまいますが、ぜひまた試してみていただけると嬉しいです。
パリ・ブレストのプラリネもいつでもお譲りできますので、必要な時はお知らせください。
e0180433_2505359.png
中級コースからは、マカロンとタルトの会を行いました。
今回マカロンは、コーヒー・抹茶・ベリーの3種類です。
本来クリームは一晩寝かせておいた方が味がなじんで深みが増すので、ご自宅で作ってみる際にはクリームをあらかじめて作っておくと、美味しくもなり手間も省けます。
作るのに気合のいるマカロンではありますが、冷凍で保存もできますので作ってみていただけると嬉しいです。
タルトはマンゴーとフルーツの2種類を作りました。
マンゴーの写真を撮るのを忘れてしまったのですが、クリームも簡単でマンゴーも一年十手に入ることもあり、作りやすいととても好評をいただきました。
盛り付けとマンゴーの熟れるタイミングを見るのが難しくはありますが、タルトの中でも比較的手間が少なく美味しいので、ぜひこれからも活用してください。
e0180433_33334.jpg
今年の夏最後となるフレジエ・カスタードと、今年初めに行っていた栗パウンドとカヌレのレッスンを出張で行わせていただきました。
フレジエ・カスタードはトヨ型という型を使うのですが、その曲面にきれいに並べた苺のスライスが型から姿を現すと、みなさんからの歓声が上がりました。
カスタードメインのケーキなので、普通の丸い型などで作ろうとするとボリュームを出しにくく、見た目の華やかさも半減してしまいますが、グラスデザートにしたりしてご自宅でもぜひ作ってみてください。
出張でのパウンドケーキ作りは、みなさんとおしゃべりをしながらの楽しい時間でした。
オーブンに特徴があり少々苦戦しましたが、お持ちのカヌレ型がデビューを飾れて良かったです。

みなさまお忙しい中、お越しくださいましてありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにお待ちしています。
by yukochocolat | 2015-09-25 02:16 | 講習会レポート | Comments(0)

*8月3日~27日*

e0180433_0425127.jpg
こんにちは。
夏休み中もたくさんのレッスンを行わせていただきました。
季節のお菓子「フレジエ・ムース」や、リクエストをいただいて久しぶりに「抹茶エクレア」やフィナンシェ、「チーズケーキ」も作りました。
写真を撮り忘れてしまいましたが、「レアチーズケーキ」や「マンゴーと抹茶のケーキ」もあり、これから出かける旅の話やお勧めの場所など、ホリデーの話を中心にとても楽しいレッスンとなりました。
初めての方にもお越しいただきましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。
日本と比べると洋菓子用の材料も手に入りやすいので、これを機会にぜひご自宅でも作ってみていただけると嬉しいです。
e0180433_0492489.jpg
e0180433_0493414.jpg
リクエストをいただいて「オペラ」も行いました。
なかなか断面の写真が撮れないのですが、今回は作ったあとご自宅で切ってみた写真を送って下さったので、一緒に載せることができて嬉しいです。
どっしりとした薄めのスポンジ生地で、チョコレートとコーヒーの2種類のクリームをサンドして、最後にグラッサージュという上掛けをしています。
濃厚なケーキですが、特に男性陣には大好評だったとのことで良かったです。
面倒ではありますが、ぜひご自宅でも作ってみてくださいね。

「ショートケーキ」の会もあり、今回も長時間のレッスンで集中力が切れそうになりながらも、みなさん最後まで丁寧に仕上げてくださいました。
私もやったことのないクリームデコレーションをしてくださり、いつもと違った飾りも楽しめてとても良かったです。
特に暑い日は練習には向きませんが、ぜひまた作っていただけたら嬉しいです。

「オペラ」と同じ中級コースからは「マンゴータルトとレモンタルト」の会もありました。
今年はたくさんの方々からタルトレッスンをリクエストいただき、様々な組み合わせでタルトを作っています。
一年中フレッシュマンゴーが手に入るこの国では、どちらも年中作れる便利なタルトです。
タルト土台は一緒でも食感や味わいも全く違いますので、どちらも楽しんでいただけると嬉しいです。

気温が高い日もあり、作業がしにくい時もありましたが、みなさんお越しくださいましてありがとうございました。
また秋にもお会いできることを楽しみにしています。
by yukochocolat | 2015-08-27 00:25 | 講習会レポート | Comments(0)

*7月3日~30日*

e0180433_23373270.jpg
今月は年明けに行っていた「ザッハトルテとティグレ」のリクエストをいただいて、お友達どうしで来ていただきました。
2回ほど行いましたが、実際にウィーンで食べた方もたくさんいらっしゃって、本場の物とは作り方も少し違うこのザッハトルテも気に入っていただけたようで良かったです。
South KensingtonにあるCafé Viennaも話題になり、その後私も行って食べてみました。
ザッハトルテも美味しかったですが、コーヒークリームを挟んだスポンジも美味しかったです。
レッスンではティグレも気に入って下さったようでしたので、合わせて一緒に作ってみていただけたら嬉しいです。

「クラフティ・オ・スリーズ」と「チーズケーキ」のレッスンも、リクエストをいただいて行いました。
2人と3人の会でしたので、どちらも色々とお話をしながらののんびりとしたレッスンとなり、作業もゆっくり見ていただけたことと思います。
ぜひご自宅でも作ってみてくださいね。

e0180433_23474299.jpg
この季節のお菓子「フレジエ」も引き続き行っています。
フレジエ・カスタードの方はトヨ型という細長い型を使っているため、お持ち帰りの際にケーキが転んでしまったというお話を何度か聞きました。
中のカスタードをしっかりと冷やしているのでそれほど形は崩れないと思いますが、今後もしお土産などで持って行くことがあればケーキをラップでしっかりと包んでおくと良いかもしれません。
表面に付けたナパージュも、一度冷やされていればゼリーのようにくっついているはずですので大丈夫だと思います。
フレジエムースは一般的な丸型ですが、これもトヨ型で作ってみても面白いです。
それぞれ形を変えながら、またはグラスデザートとして使ったりとアレンジしながら作っていただけたら嬉しいです。

基礎コースからは「ショートケーキ」と「スコーンと焼き菓子」の会を行いました。
今回が最後で本帰国の方もおられたのでとても寂しかったですが、ゆっくりとお話をしながらとても楽しい時間でした。
日本だと材料が違うこともあり作りにくいこともあるかもしれませんが、またこちらでのレシピが役に立ってくれる時があれば嬉しいです。
短い時間でしたが、たくさんのレッスンに来てくださいまして、本当にありがとうございました。
また逆に初めてお越しくださった方もおられましたが、レッスンを楽しんでくださったご様子で良かったです。
ショートケーキのスポンジ生地も、スコーンや焼き菓子も小さなポイントが色々とありますが、材料も手に入りやすいものが多いです、ぜひご自宅でも作っていただけたら嬉しいです。

e0180433_004891.jpg
中級コースの「フルーツタルトと洋ナシタルト」と「マカロン」の会です。
マカロンはレッスンを楽しみにして下さっていた方が、こんな可愛い入れ物をご用意してくださいました。
ちょうどマカロン一つ分のカップ、このままずっと飾っていたくなります。

夏休み前のお忙しい中、親子でご参加いただいた方々もいらっしゃって、しかもどちらもその後ご自宅で作ってみてくださったとのことで感激です。
タルトもマカロンも生地を作れば終わり、というケーキではないのでどうしても時間がかかってしまう上、マカロンにおいては焼いてみなければ成功かどうかが分からないという厄介なお菓子です。
気温に左右される部分もあるため、それによって生地の状態が変ったり、失敗した場合の原因がすぐに分からないこともあったりと難しいこともありますが、その分上手くできた時の嬉しさが倍増します。
何度かトライすることが必要になってくると思いますが、ぜひ成功させてくださいね。
何か分からないことが出てきた時はいつでもご連絡ください。

お忙しい中今月もたくさんの方にお越しいただきまして、ありがとうございました。
どうぞみなさん楽しい夏休みをお過ごしください。
by yukochocolat | 2015-07-30 23:18 | 講習会レポート | Comments(0)

*6月15日~30日*

e0180433_20381592.jpg
6月後半は出張でのレッスンからスタートです。
7月から単発として行う予定のフレジエをリクエストいただき、作らせていただきました。
レッスン中には食べていただくことはなかったのですが、その後みなさんから美味しかったとコメントをいただいて大変嬉しかったです。
いつもお忙しい中みなさんでご予定を合わせて開催させていただき、本当にありがとうございました。
今回が最後となってしまいましたが、また別の機会にみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

また帰国前のリクエストで「抹茶とマンゴーのケーキ」も作らせていただきました。
お二人だったこともあり、色々とおしゃべりをしながらのとても楽しい会でした。
マンゴーの缶詰さえ手に入れば作りやすいレシピですので、ぜひ日本でも作ってみてくださいね。

e0180433_20441596.jpg
基礎コースからは「ショートケーキ」と「ベリーのシャルロット」、そしてお友達のみなさんでリクエストをいただいて「シューとカヌレ」(写真を撮り忘れてしまいました)も行いました。
シューとカヌレの会では、みなさん初めてのご参加でしたので楽しんでいただけたか心配でしたが、その後お菓子も喜んでいただけて楽しかったと伺い嬉しいです。
またお会いできる機会がありましたら嬉しいです。

ショートケーキ作りでは、最後は時間に追われてみなさんを急かしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
ポイントを全て伝えきれなかったと思いますが、レシピを見返してみて分からない部分などありましたら、いつでもご連絡ください。
細かい注意点も多いですが、ご自宅で作ってみていただけますと嬉しいです。

シャルロットの会では、このレッスンの季節を楽しみに待っていて下さった方もおられ、やっと作っていただけて良かったです。
ビスキュイ生地をティラミスに応用したり、ムースもそれだけで楽しんでみたり、苺の他にもフルーツを加えてみたり、これからの季節に色々と楽しんでみてくださいね。

e0180433_2051769.jpg
中級コースでは久しぶりにマカロンの会もありました。
2回ほど行わせていただき、長時間のレッスンにも関わらずみなさん最後まで根気強く作業していただきまして、ありがとうございました。
抹茶・塩キャラメル・チョコキャラメル・ベリーの4種類で、それぞれ様々な作り方でしたが気に入っていただけたでしょうか。
まずは簡単なレシピでクリームを作っておき、後日マカロン生地を作るというようにすると、少し楽かもしれません。
温度計を準備して、ぜひ気合を入れて作ってみていただけたら嬉しいです。

タルトの会も2回行わせていただき、チョコレート・フルーツ・レモン・マンゴーと様々なタルトを作りました。
同じタルト生地ながらアレンジが自在で、楽しみ方を変えられるのがタルトの魅力です。
一つの会では2種類しかご紹介できませんが、まずはこの2つを楽しんでいただけましたら嬉しいです。

お忙しい中お越しくださいまして、ありがとうございました。
またお会いできる時を楽しみにしています。
by yukochocolat | 2015-06-30 20:04 | 講習会レポート | Comments(0)

*6月1日~12日*

e0180433_19424971.jpg
e0180433_19424277.jpg
こんにちは。
6月前半は単発のレッスンがチーズケーキのみで、基礎コースのレッスンが数多く登場しました。
「チョコレートとキャラメルのケーキ」はこの日が最後で、夏の間はお休みとなります。
4段の手の込んだケーキになっていますが、みなさんにとても喜んでいただけて良かったです。
ムースは2種類グラスに入れるだけでも立派なデザートになりますし、ガレットをクッキーとして食べたり、色々と楽しみ方はありますのでぜひ活用してくださいね。

シュー生地の会では、プチシューが苺のクリームになりました。
今回が最後となってしまった方もいらっしゃり、本当に長い間来てくださっていたのでとても寂しいです。
時々このお菓子教室のことも思い出していただけたら嬉しいです。
シュー生地の会は、この期間に3回ほどレッスンを行いましたが、みなさんに気に入っていただいて嬉しかったです。
ぜひこれからの苺のシーズンに作ってみてください。
冬になったら冷凍のベリーミックスでも同じレシピでベリークリームができます。
こちらも美味しいので、一年を通して使っていただけると嬉しいです。

スコーンの会では初めてお越しいただいた方もいらっしゃいましたが、楽しんでいただけたようでよかったです。
スコーンは慣れてしまえばささっと作れてしまうお菓子なので、お茶の時間のお供に使ってみてくださいね。
日本では粉が違うため作りにくくなってしまうかとは思いますが、強力粉を混ぜながら試していただけると嬉しいです。

デコレーションケーキも今年2度目となりました。
この時期を楽しみにしてくださった方もおられ、今後お誕生日などで活用していただけると嬉しいです。
ナッペも「これが正解」というものはありませんので、パレットを使ってクリームをとがらせたり、自由にデコレーションして良いと思います。
もちろん均等で綺麗なデコレーションをしようと思うと何度も練習が必要ですが、色々な発想を楽しみながら作っていただけたら嬉しいです。

e0180433_19413447.jpg
チーズケーキの会も3回行わせていただき、みなさんとおしゃべりをしながらの楽しい時間でした。
どちらのチーズケーキもちょっとした注意点があるものの、とても簡単な作り方です。
冷凍もできて便利ですので、ぜひこれからご自宅で作ってみてくださいね。

たくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
また次の機会にお会いできる時を楽しみにしています。
by yukochocolat | 2015-06-12 19:40 | 講習会レポート | Comments(0)

*5月6日~29日*

e0180433_742588.jpg
5月に入り、今年もフルーツを使ったケーキが作れる季節になりました。
一気にケーキが華やかに見えますね。
フルーツを使った基礎コースの「スポンジ生地」では、苺・ラズベリー・ブルーベリーを飾った苺のショートケーキを作っていただきました。
生地自体の作り方も少しコツがいるのと、クリームのデコレーションにも様々なテクニックがいるので長時間のレッスンとなりましたが、みなさん根気強く最後まで丁寧に仕上げてくださいました。
一緒に作ったクッキーも気に入っていただけたようでしたので、ぜひご自宅でも作ってみていただけたら嬉しいです。

同じく基礎コースの「ベリーのシャルロット」も行いましたが、こちらはイタリアンメレンゲを作ります。
温度計を使ってシロップを121℃まで温め、それを卵白に入れてメレンゲを作るのですが、みなさんそんな面倒なことをするとは思ってもいなかったようで、説明をしながら作っているうちに徐々に口数が減っていき・・・イタリアンメレンゲを使わない簡単バージョンをお知らせしたところ安心してくださいました(笑)。
その後イタリアンメレンゲを作ってみたけどうまく行かず、もう一つの作り方でうまく行ったというお話を聞いてほっとしました。
温度とタイミングを間違えると簡単に失敗してしまうイタリアンメレンゲですが、他のお菓子にも応用が利くものですので、これに懲りずまた挑戦してみていただけたら嬉しいです。

中級コース「タルト~マンゴータルトと洋ナシタルト」でも、今回は苺を少し飾ってみました。
また違った印象になりますね。
作業が思いのほか早く進み、みなさんとゆっくりお話もできてとても楽しかったです。
これからマンゴーの美味しくなる季節、ぜひ作ってみてくださいね。

e0180433_741859.jpg
単発のレッスンでは、「抹茶のオモニエール」、「栗のパウンドとカヌレ」」、「チーズケーキ2種」、4月から始まった「クラフティ・オ・スリーズ」を行いました。
良い季節が近づいてきたので、旅行に出かける方やご親戚が遊びにいらしたりと、みなさんお忙しい中でレッスンに来てくださいました。
日本からご旅行中の合間を縫ってお越しくださった方もいらっしゃいました。
レッスンを旅の思い出にしていただけたら嬉しいです。
みなさん、お越しいただきましてありがとうございました。
by yukochocolat | 2015-05-29 06:50 | 講習会レポート | Comments(0)