カテゴリ:お菓子講習会スケジュール( 56 )

*2014年4月・5月の講習会スケジュール*

e0180433_832047.png
こんにちは。
今年は去年と比べると春の訪れが早いですね。
このまま何となく暖かいまま、夏もなく秋になってしまうことがあるので、去年までとはいわなくてもまた半袖の着れる季節が来てほしいものです。

さて4月と5月は抹茶をメインにした「抹茶のオモニエール」を作りたいと思います。
オモニエールとはフランス語で「巾着袋」の意味で、お料理でも野菜の葉っぱや薄い生地で食材を包み込んだものを言いますが、お菓子では主にクレープでアイスクリームやムースなどを包み込んだもののことを言います。 
今回はそのクレープを抹茶味にし、中には抹茶のプリン、ホイップ、粒あんを入れて包みます。
単純に包んだままで仕上げたり、ひもで口を結ぶことが多いですが、今回はひだを作るように包み込んで高さを出すことで、特別なデコレーションがなくてもそのままで十分デザートとして存在感があるように仕上げました。
和の要素がたっぷり詰まったデザートをお楽しみください。

講習会は少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒーと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

e0180433_83368.png日時
4月
8日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
17日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
24日(木) 10時半~13時半頃(満席)
29日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

5月
1日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
19日(月) 10時半~13時半頃(満席)

6月
6日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉




《その他のレッスン》

e0180433_20175783.png「ガトー・オランジュ」
オレンジスポンジを土台に、レアチーズケーキを思い出させるようなクリームチーズを使ったムースと、オレンジのゼリーを組み合わせていきます。
仕上げにオレンジの果肉を飾り、食感を楽しめるオレンジ風味のサブレも添えます。
ケーキ全体と飾りのオレンジには、乾燥を防ぎ照りを出す”ナパージュ”を塗ますが、このナパージュとムースには、ほのかなオレンジの香りをつけるためコワントローというオレンジのリキュールを使います。
クリーミーで濃厚なムースとさっぱりとしたオレンジのコントラストをお楽しみください。 

5月15日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


基礎コース「シュー生地~パリ・ブレストとカスタードのプチシュー」
e0180433_1543188.pngお菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールはレストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は一般的なカスタードクリーム(ホイップとのミックス)を詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

4月23日(水) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉


e0180433_1181183.png基礎コース「スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)」
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。


5月13日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


e0180433_1591741.png基礎コース「タルト生地~レモンタルトと洋ナシのタルト」
アーモンドクリームをタルト生地と一緒に焼くタイプのタルトを2種類作ります。
土台は一緒のようで、2つともまったく違うタイプに仕上がります。

5月2日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


e0180433_20213088.png基礎コース「タルト生地~レモンタルトとチョコレートタルト」
組み合わせの違う、もう一つのタルトレッスンです。
レモンタルトはアーモンドクリームをタルト生地に敷き詰めて焼き、レモンクリームを別に作ってタルト生地の上から絞り出します。
チョコレートタルトはアーモンドクリームを使わず、空焼きしたタルト生地にチョコレートクリームを流し入れ、表面はグラッサージュというチョコレートの上掛けをして光沢を出します。

5月6日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
 
by yukochocolat | 2014-04-27 02:13 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2014年1・2月と3月の追加レッスンスケジュール*

こんにちは。
1・2月は冬にしか使わない素材「チョコレート」を使ったお菓子を紹介していきます。
3月には「紅茶シフォン」と「ガトー・アヴノン」という、以前の行ったレッスンも行いますので、興味のある方は≪その他のレッスン≫をご覧ください。

e0180433_17321945.png
「チョコレートチーズケーキ」
なかなか見かけませんが、クリームチーズを使ったベイクドチーズケーキにチョコレートを加えてみました。
土台はクッキー生地で、「チーズケーキタルト」として空焼きしたタルト型にチーズケーキの生地を流し入れて焼いてもいいのですが、今回は型の底と飾りとしてクッキー生地を添えます。
とても濃厚なチーズケーキなので、チョコレートと相性の良いラズベリーをちりばめて焼き、少し酸味も加えます。
土台として使うクッキー生地はバターを常温に戻して作るタイプですが、冷たいままのバターで作るサブレ生地というタイプもあります。
今回は一緒にこのサブレ生地を使ってココアのクッキーも作っていきます。
レッスンでは15cm丸型で作り、ホールケーキ一台をお持ち帰りいただきます。

日時
1月
7日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
10日(金) 10時半~13時半頃(満席)

2月
4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
6日(木) 10時半~13時半頃(満席)

18日(火) 10時半~13時半頃(満席)

3月13日(木) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人35ポンド〉





e0180433_17324126.png
「チョコレートパウンドケーキ」
カカオ70%のビターチョコレートを使った、チョコレートパウンドケーキです。
ずっとチョコレートでは食べるのも飽きてしまうので、りんごのコンポートを中に詰めて焼きました。
そのままのパウンドケーキでは見た目が寂しいので、今回は少し華やかにデコレーションをしてみたいと思います。
とはいえ元々が濃厚なパウンドケーキなので、軽い食感を加えることのできるメレンゲを使っていきます。
モンブランのときもきのこを作ったりしましたが、今回はシンプルに長い棒状に絞って焼き、ケーキの表面にちりばめてデコレーションします。
またメレンゲのアレンジとして、ラズベリーパウダーを使った小さな一口メレンゲもご紹介します。
今までメレンゲが苦手だった方にも気に入っていただけると嬉しいです。

e0180433_17325878.png日時
1月
17日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

2月
11日(火) 10時半~13時半頃(満席)
14日(金) 10時半~13時半頃(満席)
19日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉






《その他のレッスン》

e0180433_7551119.png「紅茶シフォンケーキとヘーゼルナッツのクッキー」

こちらでは珍しいシフォンケーキの会です。
せっかく紅茶の美味しい国なので、生地と周りに塗るクリームにアールグレイの香りを移して作ります。
今回は一緒にヘーゼルナッツを使ったクッキーも作ります。
ティータイムにぴったりなお菓子2つをご堪能いただけますと嬉しいです。

3月11日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
4月7日(月) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人30ポンド〉


e0180433_834915.png「ガトー・アヴノン」
オレンジ・ダージリンティー・ホワイトチョコレートの3つを組み合わせて作る冷たいお菓子です。
ダージリンティーとホワイトチョコレートの2種類の柔らかいムースに、オレンジがたっぷり入ったスポンジが良いアクセントとなり、バランスのよいお菓子に仕上がっています。
組み立ては少し手が込んでいますが、ムースの作り方はそう難しいものではありませんので、いつもとはちょっと違ったケーキ作りを楽しんでいただけると思います。

3月26日(水) 10時半~13時半頃(満席)
4月4日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp  
by yukochocolat | 2014-03-06 07:55 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*ブッシュ・ド・ノエル*

e0180433_2355923.png
こんにちは。
冬時間に入り、暗くなるのが一気に早くなりましたね。
気付けば11月ももう後半。
クリスマスカードとプレゼント探しに追われる時期がまたやってきます。。。
楽しくもあるんですけどね。

11月後半からは、毎年恒例のクリスマスケーキを作ります。
例年はチョコレートのものが多かったのですが、今年はベリーとホワイトチョコレートをメインに使ったムースとババロアで、爽やかなケーキに仕上げました。
土台と側面は、ロールケーキなどでよく使っているスフレスポンジですが、今回はベリーソースを使って矢羽根の模様をつけました。
写真では表面をチョコレートでデコレーションしていますが、レッスンではクリスマス用の飾りをつけて仕上げていただきます。
冷凍もできますので、ケーキは早めに仕上げておいて、お料理の方も頑張ってください☆

講習会は4名までの少人数で、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒーと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。


日時
11月
26日(火) 10時半~13時半頃(満席)

12月
2日(月) 10時半~13時半頃(満席)
4日(水) 10時半~13時半頃(満席)
5日(木) 10時半~13時半頃(満席)
6日(金) 10時半~13時半頃(満席)

10日(火) 10時半~13時半頃(満席)
12日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

17日(火) 10時半~13時半頃(満席)
19日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

20日(金) 10時半~13時半頃(満席)
23日(月) 14時半~17時半頃(残席1)


〈参加費:お一人35ポンド(飾りも含まれています)〉





e0180433_20342749.png《その他のレッスン》

「モンブラン~ロールケーキ」

12月13日(金) 
    10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人38ポンド〉




場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-11-24 20:37 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2013年9~11月の講習会スケジュール*

こんにちは。
朝晩の冷え込みと、日の短さから秋の訪れを感じますね。
毎年この時期に食べたくなるのが「モンブラン」です。
今年は2種類のモンブランを作りますが、どちらもフランスの栗缶で有名なImbert社のマロンペーストを使ってモンブランクリームを作っていきます。
色々と試しましたが、結局このペーストの濃厚な栗の味に落ち着きました。
毎年作ってはいますが、この数年で作ったものとも少し違うモンブランを、楽しんでいただけますと嬉しいです。



e0180433_6424335.png
「モンブラン~インディヴィジュアル」

モンブランの美味しさは、ケーキの上から下まで全て食べたときのバランスにあるのではないかなと思います。
日本ではあまり入れることは少ないですが、メレンゲがそのバランスを支える大事な役割をしていると思っています。
そのメレンゲを土台にして、スポンジ、カスタード、モンブランクリーム、生クリームと組み立てていきます。
メレンゲが土台なので、時間が経ってしまうと柔らかくなってしまいますが、どうしても家でもサクサクで食べたい!という方は別々に持って帰っていただくこともできます。
ずいぶんと凝ったケーキではありますが、この機会にケーキを組み立てていく面白さを知っていただけましたら嬉しいです。
モンブランは5つ作り、1つはコーヒーや紅茶と共に試食していただき、4つはお持ち帰りいただきます。
よろしければ、デコレーション用にバニラビーンズもお持ち帰りください。

日時
9月
11日(水) 10時半~13時半頃(満席)
13日(金) 10時半~13時半頃(満席)
24日(火) 10時半~13時半頃(満席)

10月
1日(火) 10時半~13時半頃(満席)
11日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
29日(火) 10時半~13時半頃(満席)
31日(木) 10時半~13時半頃(満席)

11月
7日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

12月
11日(水) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人38ポンド〉




e0180433_643098.png
「モンブラン~ロールケーキ」

もう少し手軽にモンブランを味わいたい方にお勧めです。
今回はロールケーキの生地自体にもマロンペーストを使っています。
もう一つのモンブランと同じように、カスタードクリーム、モンブランクリーム、生クリームがケーキのメインとなりますが、メレンゲが飾りとして使うのみで全体的にはとても軽いケーキに仕上げているので、モンブランクリームももう一つのものとは配合を変えています。
きっとご自宅でも作ってみようかな、と思えるレシピになっていると思いますので、気に入って使っていただけますと嬉しいです。

日時
9月
9日(月) 10時半~13時半頃(満席)
10日(火) 10時半~13時半頃(満席)
30日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

10月
3日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
9日(水) 10時半~13時半頃(満席)
22日(火) 10時半~13時半頃(満席)
23日(水) 10時半~13時半頃(満席)

11月
1日(金) 10時半~13時半頃(満席)
5日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人38ポンド〉





「その他のレッスン」 

「抹茶とマンゴーのケーキ」
e0180433_6524319.png抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム型に仕上げますが、丸や四角、フレジエでも使ったトヨ型などでも作ることができます。

日時
9月12日(木) 10時半~13時半頃(満席)
9月16日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
11月6日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉




場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-10-22 02:32 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2013年8月の講習会スケジュール*

こんにちは。
ここ数年で一番の良い夏がやってきていますね。
暑すぎて寝苦しいなんて、もう何年も感じていなかったので、それが嬉しいくらいでもあります。
このまま8月も良い気候が続いてくれたらなと願うばかりです。

6月に国産のいちごが出始めてから、2種類のフレジエのレッスンを中心に行ってきましたが、8月は少し違うお菓子も登場させようと思います。
引き続き色々なお菓子のレッスンがあり、9月にも日程が増える予定ですので、興味のあるレッスンを見つけていただけましたら嬉しいです。

「バナナ・ブレッドとイル・フロッタント」
e0180433_2320498.png
バナナを使ったケーキのリクエストをいただいたので、イギリスらしいバナナブレッドを作ってみようと思います。
こちらのパウンドケーキはわりと高温で焼き上げるので、表面にはしっかりと焼き色が付き、ローフ型で焼いているので本当にパンのように見えます。
でも中はしっとりとしていて、大体どこのカフェで食べても美味しいものです。
このしっとりとした食感をだすためには、あるヨーロッパらしい材料が使われています。
材料もとてもシンプルなので、熟す前の若いバナナが好みの我が家は、バナナに黒い斑点がついてしまったらバナナブレッドを作る合図です。
バナナブレッドと一緒に作るのは、メレンゲのデザート「イル・フロッタント」です。
「浮島」と名付けられているとおり、メレンゲをバニラソースの上に浮かせています。
ラズベリーも美味しい季節ですので、ソースとデコレーションに一緒に使い、甘酸っぱいデザートに仕上げます。
電子レンジで簡単にできてしまうデザートなので、卵白が余ってしまったときにぜひお勧めです。
なお、レッスンではバナナブレッドを一本お持ち帰りいただき、イル・フロッタントは試食のみとなります。

日時
7月25日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8月29日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8月30日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人30ポンド〉



「抹茶とマンゴーのケーキ」
e0180433_23515416.png

2年前の夏にも作っていたケーキです。
抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム型に仕上げますが、丸や四角、フレジエでも使ったトヨ型などでも作ることができます。e0180433_235391.png

日時
8月22日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8月27日(火) 10時半~13時半頃(満席)
9月12日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
9月16日(月) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「フレジエ・ムース」
e0180433_2495130.png

こちらもフレジエですが、いちごとバニラの2種類のムースを組み立ててみました。
いつもはスポンジを使っていましたが、今回はマカロンの生地を使い、このメレンゲとアーモンドプードルを合わせたカリカリ&もっちり生地が、単調になりがちなムースに違う食感を与えてくれます。
もともとバニラよりもいちごのムースの割合が多いのですが、表面にたっぷりといちごを並べることで、よりいちごの甘さと爽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。
レッスンではお一人丸型一台を作ってお持ち帰りいただき、試食ではグラスに入れてパフェのような感覚で食べてみていただきます。


日時
8月23日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


「チョコレートケーキと抹茶&黒ゴマの焼き菓子」
e0180433_2357279.png
去年の今頃に作っていたケーキで、秋の気配を感じると食べたくなるようなお菓子2つを作ります。
一つはシンプルなチョコレートケーキ。
生地にはヘーゼルナッツを入れて、ふわふわチョコレート生地にカリッとした食感を加えています。
中に挟むのはガナッシュといって、チョコレートとダブルクリームを合わせただけのクリームです。
トヨ型を使うので単純なケーキでも見た目が変わり、さらに表面をチョコレート掛けすることでいつもとは違う仕上がりになります。
もう一つは抹茶と黒ゴマを混ぜて作る焼き菓子で、今回はドーム状のシリコン型で焼きますが、マドレーヌ型やフィナンシェ型、マフィン型をお持ちであればカップケーキのように焼いてもいいと思います。
どちらも混ぜて焼くだけの生地ではありますが、少し変わった仕上げ方&形で楽しんでいただけたら嬉しいです。

日時
9月2日(月) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉


「紅茶シフォン」
e0180433_22325864.png

香りも良く、色の出も良いアールグレイを使います。
今回は周りにホイップクリームも塗り、そのホイップも紅茶味にしています。
ふわふわのシフォン生地に、紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
15cmのシフォン型で焼き、一台お持ち帰りいただきます。
今回は、ヘーゼルナッツ入りのチョコクッキーも一緒に作ります。

日時
9月5日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人30ポンド〉



「チョコレートとキャラメルのケーキ」
e0180433_0264618.jpg

2009年にクリスマスケーキとして作っていた、チョコレートとキャラメルの2種類のムースにスポンジやビスケットを重ねたボリュームのあるケーキです。
今回リクエストをいただいたので、久しぶりに作ることとなりました。
とても手が込んでいるので少し難しい上に、面倒でもありますが、これまで作った中でもとても気に入っているお菓子です。
土台はビスケットでさくさくとして、その上にアーモンド風味のスポンジの乗せ、さらに2種類のムースを積み上げたものが写真右側で、仕上げとして表面にグラッサージュというチョコレートの上掛けをしますが、かけたものが写真左側となります。
冷凍保存もできる便利なお菓子です。
一人では挑戦したくないけど、少し手の込んだケーキを作ってみたい方は、ぜひお越しくださいませ。
*ケーキの仕上がりは丸型か長方形となりますのであらかじめご了承ください。また、今回はクリスマスのデコレーションはお付けしませんので、合わせてご了承くださいませ。

日時
9月17日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-08-22 04:28 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2013年夏の講習会スケジュール*

こんにちは。
今年も冷夏になるのかと思いながら過ごした6月でしたが、7月に入り夏らしい日が続いて嬉しい限りです。
やっと国産いちごも美味しい季節になりました。
6月以降はこのいちごをメインにした2つのケーキを中心にレッスンを行っていますが、引き続き7月・8月もいちごを堪能していただきたいと思います。
いくつか新しいメニューも登場する予定ですので、下記の【その他のレッスン】についてもご覧いただけましたら嬉しいです。
また製菓基礎コースや中級コースも日程が増えましたので、詳しくは【コースレッスン追加日程】をご覧ください。


e0180433_1251883.png
「フレジエ・ムース」
いちごのケーキ=フレジエです。
毎年作っているケーキですが、今年はいちごとバニラの2種類のムースを組み立ててみました。
いつもはスポンジを使っていましたが、今年はマカロンの生地を使い、このメレンゲとアーモンドプードルを合わせたカリカリ&もっちり生地が、単調になりがちなムースに違う食感を与えてくれます。
もともとバニラよりもいちごのムースの割合が多いのですが、表面にたっぷりといちごを並べることで、よりいちごの甘さと爽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。
レッスンではお一人丸型一台を作ってお持ち帰りいただき、試食ではグラスに入れてパフェのような感覚で食べてみていただきます。

〈参加費:お一人35ポンド〉




e0180433_1235435.png
「フレジエ・カスタード」
こちらもフレジエですが、メインはカスタードとホイップを混ぜたクリームで、トヨ型という型を使って作ったものです。
こちらもフレッシュのいちごを丸ごと表面と中にも入れています。
土台はふわふわスポンジ生地で、カスタードといちごと一緒に食べたときの相性は最高です。
こちらもお一人一台作ってお持ち帰りいただき、試食ではグラスに入れて食べていただきます。
スポンジもカスタードもどちらもお菓子作りでは基礎となるものですので、これからお菓子作りを始めてみようと思っている方や、作ってみるけどまだ上手くできない方などにもお越しいただけると嬉しいです。

〈参加費:お一人35ポンド〉

講習会は4名までの少人数で、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。



日時
「フレジエ・ムース」
e0180433_1251027.png6月
14日(金) 10時半~13時半頃(満席)
21日(金) 10時半~13時半頃(満席)

7月
9日(火)  10時半~13時半頃(満席)
11日(木) 10時半~13時半頃(満席)
12日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
19日(金) 10時半~13時半頃(残席1)




「フレジエ・カスタード」
e0180433_1254396.png6月
12日(水) 10時半~13時半頃(満席)
26日(水) 10時半~13時半頃(満席)
28日(金) 10時半~13時半頃(満席)

7月
1日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
5日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
18日(木) 10時半~13時半頃(満席)
30日(火) 10時半~13時半頃(満席)

8月
15日(木) 10時半~13時半頃(残席2)






【その他のレッスン】


「クレーム・ブリュレと焼き菓子など」e0180433_311194.png
リクエストをいただいて、初めてクレーム・ブリュレのレッスンを行うことになりました。
とても簡単ではありますが、人によって配合はさまざま。作り方も実はさまざまです。
お菓子の基本となる作り方も盛り込まれていますので、ブリュレ好きな方だけでなく、お菓子作りは初心者という方にも楽しんでいただけると思います。
今回は生地をお持ち帰りいただいて、ご自宅で焼いていただいても良いですし、型をいくつかお持ちの方はご持参いただき、表面をバーナーで焼いてからお持ち帰りいただいても結構です。
詳しくはお問い合わせいただきます時にお尋ねください。
e0180433_311457.png焼き菓子は、こちらも基本のマドレーヌを作ります。
簡単なようで気に入る味に仕上げるのにはなかなか試行錯誤が必要です。
みなさんの好みの味に仕上がっているか、ぜひ試してみてください。
また、簡単なチョコレート菓子も一緒に作ります。
本来チョコレートは一度溶かして固める場合、「テンパリング」という温度調節が必要になるのですが、今回はテンパリングをしなくても作れる、”チョコフレーク”にちょっと似たお菓子を作ってみます。



6月27日(木) 10時半~13時半頃(満席)
7月4日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
7月29日(月) 10時半~13時半頃(満席)
8月23日(金) 10時半~13時半頃

〈参加費:お一人35ポンド〉


「バナナブレッドとイル・フロッタント」
e0180433_6344367.pngバナナを使ったケーキのリクエストをいただいたので、イギリスらしいバナナブレッドを作ってみようと思います。
こちらのパウンドケーキはわりと高温で焼き上げるので、表面にはしっかりと焼き色が付き、ローフ型で焼いているので本当にパンのように見えます。
でも中はしっとりとしていて、大体どこのカフェで食べても美味しいものです。
このしっとりとした食感をだすためには、あるヨーロッパらしい材料が使われています。
材料もとてもシンプルなので、熟す前の若いバナナが好みの我が家は、バナナに黒い斑点がついてしまったらバナナブレッドを作る合図です。e0180433_6525778.png
バナナブレッドと一緒に作るのは、メレンゲのデザート「イル・フロッタント」です。
「浮島」と名付けられているとおり、メレンゲをバニラソースの上に浮かせています。
ラズベリーも美味しい季節ですので、ソースとデコレーションに一緒に使い、甘酸っぱいデザートに仕上げます。
電子レンジで簡単にできてしまうデザートなので、卵白が余ってしまったときにぜひお勧めです。
なお、レッスンではバナナブレッドを一本お持ち帰りいただき、イル・フロッタントは試食のみとなります。

7月25日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
8月29日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
8月30日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人30ポンド〉



e0180433_211482.png「夏のチーズケーキ」
ビスキュイ・キュイエールという、たまごの香りが懐かしいふわっとした生地を土台に、2種類のソフトチーズを使ってレアチーズとベリームースを乗せていきます。
ビスキュイ・キュイエールは、生地を型に流し込んで焼いても良いですし、絞り袋を使って丸やハートや四角など自由な形に焼くことができます。
試食ではこうして小さく焼いた生地に、2種類のソフトチーズを使った2つのフィリングをサンドして召し上がっていただきます。

7月3日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
8月2日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人33ポンド〉


e0180433_2226428.png「抹茶エクレア」
失敗しやすいと思われがちなお菓子の一つ、シュー生地を使ってエクレアを作ります。
絞り方一つで色々な形にできて、中身を変えると全く違うお菓子にもなってしまう、使うのが面白い生地です。
膨らむ原理が分かれば失敗はしませんので、この機会にぜひ作ってみてください。
いつもとは違う、抹茶クリームも気に入っていただけると嬉しいです。


7月22日(月) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


【コースレッスン追加日程】

「基礎コース:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット」e0180433_716522.png

ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

7月15日(月) 10時半~13時半頃(満席)
8月1日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉


「基礎コース:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)」e0180433_71241.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

7月24日(水) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人35ポンド〉


「基礎コース:タルト生地~洋ナシのタルトとレモンのタルト」e0180433_721569.png
アーモンドクリームを敷き詰めて焼くタイプの洋ナシのタルトとレモンのタルトを作ります。
レモンのタルトはカスタードのような濃厚なクリームを空焼きしたタルトに詰めるのが一般的ですが、今回作るのはそれとはちょっと違ったタイプのものです。
こちらも濃厚ではありますが、レモンの皮をたっぷり入れてしっかり効いた酸味と、アーモンドクリームの組み合わせは最高です。
レッスンではタルト生地から作り、生地を伸ばすポイントや型に入れるコツなど、作業を数回繰り返すことでタルト作り初心者の方にも、また作ってみようと思っていただければ嬉しいです。
e0180433_7321455.png
8月5日(月) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人35ポンド〉



「中級コース:ミルクレープとダックワーズ」e0180433_744421.png
どちらも日本人にはなじみのあるケーキですが、どちらもフランス発祥のお菓子なのにイギリスで見かけることはほとんどありませんね。
幾重にもクレープを重ねていくミルクレープは、綺麗なドーム状に仕上げるのがポイントです。
表面には、本来コテを使って焦げ目を付けるのですが、今回はバーナーを使います。
中に入れるクリームもホイップクリームが多いですが、今回はキャラメルクリームにして一味違ったミルクレープを楽しんでいただきたいと思います。
一緒に作るダックワーズは、メレンゲとアーモンドパウダーが主材料の、実は簡単に作れるお菓子で、中に入れるクリームに、プラリネと言うアーモンドクリームを使うのがダックワーズの美味しさの秘密です。
残念ながらスーパーなどで簡単に手に入るクリームではないのですが、代用品も合わせてレッスンでは紹介していきたいと思います。

8月16日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-07-19 02:31 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*4月講習会スケジュール*

e0180433_1939118.png
こんにちは。
ホワイトイースターになってしまった3月も終わり、今月は気温も少し上がってきてくれましたね。
まだイギリス産フルーツのシーズンは来ないようなので、4月はオレンジとクリームチーズのムースを使った春を感じる爽やかなケーキを作りたいと思います。
基礎コースのフルーツを使った「タルト」や「スポンジケーキ」のレッスンも日程が増えましたので、興味のある方はこちらをご覧ください。


「ガトー・オランジュ」e0180433_4262131.png

オレンジスポンジを土台に、レアチーズケーキを思い出させるようなクリームチーズを使ったムースと、オレンジのゼリーを組み合わせていきます。
仕上げにオレンジの果肉を飾り、食感を楽しめるオレンジ風味のサブレも添えます。
ケーキ全体と飾りのオレンジには、乾燥を防ぎ照りを出す”ナパージュ”を塗ますが、このナパージュとムースには、ほのかなオレンジの香りをつけるためコワントローというオレンジのリキュールを使います。
クリーミーで濃厚なムースとさっぱりとしたオレンジのコントラストをお楽しみください。 
                        〈パウンド型で作った例〉

e0180433_4265335.png
講習会は4名までの少人数で、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。

作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。
*レッスンで作るのは丸い形の方です。

日時

4月
10日(水) 10時半~13時半頃(残席2)

22日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
23日(火) 10時半~13時半頃(満席)
24日(水) 10時半~13時半頃(残席2)

29日(月) 10時半~13時半頃(満席)

5月
1日(水) 10時半~13時半頃(満席)
2日(木) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人35ポンド〉




【その他のレッスン】

「フォンダン・ショコラ」

4月5日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
e0180433_1956236.png
温かいフォンダン・ショコラのレッスンです。
今年はまだまだ寒いですので、とろりと中からとろけるチョコレートのケーキをお楽しみ下さい。
タイムのチュイルとバニラアイスクリームも一緒に作り、出来立てのケーキと一緒に試食していただきます。

〈参加費:お一人30ポンド〉




「ソフトチーズケーキ」

4月18日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
e0180433_19583051.png
ビスキュイ・キュイエールという、たまごの香りが懐かしいふわっとした生地を土台に、2種類のソフトチーズを使ってレアチーズとベリームースを乗せていきます。
ビスキュイ・キュイエールは、生地を型に流し込んで焼いても良いですし、絞り袋を使って丸やハートや四角など自由な形に焼くことができます。
試食ではこうして小さく焼いた生地に、2種類のソフトチーズを使った2つのフィリングをサンドして召し上がっていただきます。

〈参加費:お一人33ポンド〉


「チーズケーキ2種」

4月25日(木) 10時半~13時半頃(満席)
6月3日(月) 10時半~13時半頃(満席)
e0180433_4373699.png
今回はクリームチーズに加え、サワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキは、他にもある材料を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレはメレンゲをゆるく立てるので、蒸し焼きにしてもある程度しっかりとした食感が残ります。
また、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
作り方も簡単な上、常温でも数日楽しめて冷凍保存もできるので、きっとご自宅でもまた作ってみていただけると思います。

〈参加費:お一人30ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-05-04 02:49 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*3月講習会スケジュール*

こんにちは。
昨年11月よりお休みさせていただいていたお菓子レッスンですが、3月からまた再開させていただくことになりました。
少し遅いスタートになりますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

3月は基礎コースがスタートします。
詳しくはこちらをご覧ください。
また、これまで行ったレッスンでリクエストの多かったものも、以下の日程で行う予定です。
以前お越しいただけなかったみなさま、この機会に来ていただけましたら嬉しいです。


「紅茶シフォンとヘーゼルナッツチョコクッキー」
e0180433_16392395.png

3月12日(火) 10時半~13時半頃(満席)
3月13日(水) 10時半~13時半頃(満席)
3月14日(木) 10時半~13時半頃(満席)

香りも良く、色の出も良いアールグレイを使ったシフォンに、同じくアールグレイの香りを移したホイップクリームをデコレーションしていきます。
ふわふわの生地と紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
15cmのシフォン型で焼き、一台お持ち帰りいただきます。
ヘーゼルナッツ入りのチョコクッキーは、重曹を入れたさくさくタイプのクッキーで、”簡単なのに止まらなくなりそう”、といつも喜んでいただけます。

〈参加費:お一人30ポンド〉



「抹茶エクレアと抹茶クッキー」
e0180433_1642788.png

3月18日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
3月21日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

シュー生地作りは苦手な方や難しいと思っている方も多いと思いますが、それは失敗する原因が分からないからではないでしょうか。
シューが膨らむ原理から使う鍋にいたるまで、できるだけ分かりやすく説明いたします。
今回は中に入れるクリームと、表面につけるフォンダンを抹茶味にしました。
クリームはできる限り甘さを抑え、最後に抹茶の苦味がじんわり残るように仕上げました。
もう一つは抹茶クッキーですが、ブール・ド・ネージュ(雪の玉)と呼ばれるクッキーです。
卵を使わないクッキーで、中にローストしたアーモンドを入れてボール状に焼き上げ、冷めてから粉糖をまぶします。
ほろほろとした食感と、抹茶の苦味と粉糖の甘さの両方が行ったり来たりで止められなくなります。

〈参加費:お一人35ポンド〉



「チーズケーキ2種」
e0180433_1644249.png

3月22日(金) 10時半~13時半頃(満席)
3月25日(月) 10時半~13時半頃(満席)

今回はクリームチーズに加え、サワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキは、他にもある材料を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレはメレンゲをゆるく立てるので、蒸し焼きにしてもある程度しっかりとした食感が残ります。
また、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
作り方も簡単な上、常温でも数日楽しめ、冷凍もできるのできっとご自宅でもまた作ってみていただけると思います。

〈参加費:お一人30ポンド〉



「ガトー・アヴノン」
e0180433_11282132.png

3月26日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
4月4日(木) 10時半~13時半頃(満席)

オレンジ・ダージリンティー・ホワイトチョコレートの3つを組み合わせて作る冷たいお菓子です。
ダージリンティーとホワイトチョコレートの2種類の柔らかいムースに、オレンジがたっぷり入ったスポンジが良いアクセントとなり、バランスのよいお菓子に仕上がっています。
表面にもホワイトチョコレートとオレンジを使ったグラッサージュ(仕上げに使う上掛け)を流し、チョコレートのクランブルをお好みで飾って仕上げます。
組み立ては少し手が込んでいますが、ムースの作り方はそう難しいものではありません。
2種類のムースを作るため、作り方も2回見ていただけますので、復習しながら作っていただきたいと思います。

〈参加費:お一人35ポンド〉



「フォンダン・ショコラ」
e0180433_2291168.png

思わぬ寒さのため、温かいフォンダン・ショコラのレッスンを行うことにしました。
とろりと中からとろけるチョコレートのケーキをお楽しみ下さい。
タイムのチュイルとバニラアイスクリームも一緒に作り、出来立てのケーキと一緒に試食していただきます。

4月5日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人30ポンド〉



「ソフトチーズケーキ」
e0180433_6415024.png

4月18日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

ビスキュイ・キュイエールという、たまごの香りが懐かしいふわっとした生地を土台に、2種類のソフトチーズを使ってレアチーズとベリームースを乗せていきます。
ビスキュイ・キュイエールは、生地を型に流し込んで焼いても良いですし、絞り袋を使って丸やハートや四角など自由な形に焼くことができます。
試食ではこうして小さく焼いた生地に、2種類のソフトチーズを使った2つのフィリングをサンドして召し上がっていただきます。

〈参加費:お一人33ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名


ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-03-26 06:48 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*チョコレートケーキと焼き菓子/モンブラン*

こんにちは。
10月に入り、すっかり秋の風が吹いています。
9月から行っているチョコレートケーキとモンブランのレッスンを、来週に行うことになりました。
日程については下記をご覧ください。
また週末のレッスンや、その他にもレッスンを開催予定です。
興味をお持ちの方は下記の【その他のレッスン】をご覧ください。

e0180433_7405060.png
 「チョコレートケーキと抹茶&黒ゴマの焼き菓子」

ここのところ毎月登場しているトヨ型ですが、引き続き活用していきます。
チョコレートケーキというと、フォンダンショコラやガトーショコラを思いつきますが、今回はチョコレート生地を焼くだけではなく、そこにもう一手間ガナッシュを作って生地との層を作り、表面をコーティングします。
この一手間とトヨ型を使うことで、また違ったチョコレートケーキが完成します。
見た目以上にとても簡単なケーキなので、今回はもう一つ、焼き菓子を作ります。
抹茶と黒ゴマという、とても和な素材を使いますが、アーモンドプードルやバターもふんだんに使った洋菓子です。
2,3日たったあたりがおいしい、マロングラッセも閉じ込めたちょっと贅沢な焼き菓子です。
レッスンではチョコレートケーキを一台仕上げていただき、焼き菓子もお持ち帰りいただきますので、2種類の味を数日お楽しみください。

〈参加費:お一人35ポンド〉




e0180433_159836.png
「モンブラン」

秋の定番「モンブラン」。
今回は2010年にも作った、ロールケーキのモンブランです。
中にはホイップクリームとカスタードクリームを入れて、マロングラッセもちりばめます。
そして表面にたっぷりと栗のクリームを塗り、メレンゲで飾りをつけます。
栗のクリームをピューレから手作りするので少し大変ではありますが、あとのスポンジ生地やカスタードクリームは基本中の基本のレシピです。
手作りの一味違ったモンブランをお楽しみください。

〈参加費:お一人35ポンド〉



日時

e0180433_7411220.png「チョコレートケーキと抹茶&黒ゴマの焼き菓子」

9月
7日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

11日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
14日(金) 10時半~13時半頃(満席)

18日(火) 10時半~13時半頃(満席)

10月
12日(金) 11時~14時頃(満席)
23日(火) 10時半~13時半頃(残席1)



e0180433_1592778.png「モンブラン」

9月
3日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
5日(水) 13時~16時頃(残席2)
6日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

19日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
24日(月) 10時半~13時半頃(満席)

10月
9日(金) 11時~14時頃(満席)
26日(金) 14時半~17時半頃(残席2)

試食の時間が含まれています。





【その他のレッスン】

「中級コース:マカロン~チョコとベリーの2種」
e0180433_3401211.jpg
10月22日(月) 10時半~13時半頃(満席)

イタリアンメレンゲという、砂糖をいれるだけのものとはちょっと違ったメレンゲを使って作ることで、もっちりとしたマカロンが出来上がります。
しっかりと苦味も効いたチョコレート味とベリー系のフルーツを使ったクリームの2種類を作ります。

〈参加費:お一人40ポンド〉



「ピスタチオのフォレ・ノワール」
e0180433_3362325.jpg
10月28日(日) 11時~14時頃(残席2)

去年のクリスマスに作ったフォレ・ノワール(チョコスポンジ+チョコホイップ+グリオットチェリーの組み合わせ)を、もう少し軽くアレンジしたケーキです。
チョコレートのホイップを使うため中身が重くなりがちですが、その印象をガラっと変えてくれるのがピスタチオのムースと、表面にデコレーションしているピスタチオのホイップクリームです。
もともとチョコレートと相性の良いピスタチオですが、今回はアメリカンチェリーを中に忍ばせますが、チェリーとの相性もすごく良いんです。
今回は一般的な丸型(直径15cm)を使用し、試食用にはセルクルを使って小さく一つ仕上げます。

〈参加費:お一人35ポンド〉



「紅茶シフォンとヘーゼルナッツチョコクッキー」

10月11日(木) 10時半~13時半頃(満席)
   15日(月) 10時半~13時半頃(満席)
   26日(金) 10時半~13時半頃(満席)
e0180433_23563860.jpg

香りも良く、色の出も良いアールグレイを使ったシフォンに、同じくアールグレイの香りを移したホイップクリームをデコレーションしていきます。
ふわふわの生地と紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
15cmのシフォン型で焼き、一台お持ち帰りいただきます。
ヘーゼルナッツ入りのチョコクッキーは、重曹を入れたさくさくタイプのクッキーで、”簡単なのに止まらなくなりそう”、といつも喜んでいただけます。

〈参加費:お一人30ポンド〉


「フォンダン・ショコラ」
e0180433_3453722.jpg
10月29日(月) 12時半~15時半頃(残席2)

冬のチョコレートケーキの定番です。
とろーり中からとろけるフォンダン・ショコラをお楽しみください。
ちょっと変わったタイムのチュイル(カリカリとした飾り用のアメ細工)と、バニラアイスクリームも一緒に作ります。

*焼いてから持って帰るには不安定のため、生地をお持ち帰りいただきご自宅でココットなどで焼いてください。
ココットなどの型がないために焼いてから持って帰りたい方は、事前にお知らせくださいませ。

〈参加費:お一人30ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名

ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2012-10-22 03:52 | お菓子講習会スケジュール | Comments(2)

*7月・8月講習会スケジュール*

こんにちは。
やっと晴れたーと思ったらすぐにグレーな日々という、ここ数年続いているロンドンの涼しい夏がやってきました。
それでも、朝早くから夜9時過ぎまで明るいのはとても嬉しく、天気の良い日は本当に清々しい季節ですね。

7・8月は夏をイメージしたお菓子を2種類作っていこうと思います。
まずは、久しぶりに作るレア・チーズケーキです。

e0180433_2043677.png
「夏のチーズケーキ」

ビスキュイ・キュイエールという、たまごの香りが懐かしいふわっとした生地を土台に、2種類のソフトチーズを使ってレアチーズとベリームースを乗せていきます。
去年から作っている「フレジエ」のレッスン以降、トヨ型を購入された方も多かったので、今回もこのトヨ型を使って仕上げます。
ビスキュイ・キュイエールは、生地を型に流し込んで焼いても良いですし、絞り袋を使って丸やハートや四角など自由な形に焼くことができます。
試食ではこうして小さく焼いた生地に、2種類のソフトチーズを使った2つのフィリングをサンドして召し上がっていただきます。
〈参加費:お一人33ポンド〉





e0180433_20441937.png
「ピスタチオのフォレ・ノワール」

去年のクリスマスに作ったフォレ・ノワール(チョコスポンジ+チョコホイップ+グリオットチェリーの組み合わせ)を、もう少し軽くアレンジしたケーキです。
チョコレートのホイップを使うため中身が重くなりがちですが、その印象をガラっと変えてくれるのがピスタチオのムースと、表面にデコレーションしているピスタチオのホイップクリームです。
もともとチョコレートと相性の良いピスタチオですが、今回はアメリカンチェリーを中に忍ばせますが、チェリーとの相性もすごく良いんです。
またチョコレートのホイップにはあるフルーツをフレッシュのまま加えてさっぱりとさせているので、後味は軽い印象で、全部を一緒に食べたときのバランスがとても良いです。
今回は一般的な丸型を使用し、試食用にはセルクルを使って小さく一つ仕上げます。
〈参加費:お一人35ポンド〉



日時

「夏のチーズケーキ」

e0180433_2045523.png7月
4日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
6日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(月) 10時半~13時半頃(満席)
26日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
31日(火) 10時半~13時半頃(残席1)

8月
21日(火) 13時~16時頃(残席2)
23日(木) 10時半~13時半頃(満席)


9月
4日(火) 10時半~13時半頃(残席2)


「ピスタチオのフォレ・ノワール」

e0180433_20445839.png7月
9日(月) 10時半~13時半頃(満席)
17日(火) 10時半~13時半頃(満席)

8月
3日(金) 10時半~13時半頃(満席)
9日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(木) 14時~17時頃(残席1)

29日(水) 10時半~13時半頃
31日(金) 10時半~13時半(残席2)

試食の時間が含まれています。

*オリンピック期間中(7月27日~8月12日)は交通機関の混雑によりいつも以上の遅延等が予想されます。万が一レッスン開始時間に遅れてしまわれる場合、先に始めさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。



【その他のレッスン】

「ガトー・プランタン」

e0180433_2141816.jpg8月7日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

甘酸っぱいレモンのムースの中に、いちごのコンポートを入れたさっぱりケーキです。
表面には、常温でも固まるアガーを使っていちごのゼリーを作り、好きな形にゼリーを抜き取ってデコレーションしています。
いちごのコンポートに少量のバナナが入ります。味はほとんどしませんが、バナナにアレルギーがある方や苦手な方は、バナナを入れずに作りますので、お申し込みの際にお知らせください。

〈参加費:お一人30ポンド〉



「チーズケーキ2種」

8月22日(水) 10時半~13時半頃(残席2)→ 満席になりました


e0180433_251459.jpgベイクドチーズケーキとスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキはとてもシンプルな作り方ですが、あるものを加えてより深みのある味に仕上げていきます。
スフレチーズケーキはメレンゲを入れて作るふわっとしたチーズケーキですが、今回のレシピはメレンゲをしっかりと泡立てないので、機械も要らず簡単に作れるものです。
きっとまたご自宅で作ってみようと思えるケーキですので、ぜひ試してみてください。

〈参加費:お一人30ポンド〉


e0180433_21445058.jpg基礎コース「スポンジ生地~いちごのショートケーキ」

とてもベーシックなお菓子ながら、小さなポイントがたくさん詰まったスポンジ生地。
デコレーションのこつも合わせて、作れるようになると大活躍なお菓子です。

7月27日(金) 10時半~13時半頃(残席1)→ 満席になりました


〈参加費:お一人33ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名

ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2012-08-05 23:25 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)