カテゴリ:お菓子講習会スケジュール( 56 )

*2016年1月・2月の講習会スケジュール*

こんにちは。
2016年は2つのお菓子から始めたいと思います。
合わせて「基礎コース」や「中級コース」のレッスンも再開する予定です。
こちらもぜひご覧くださいませ。

なお、ガレット・デ・ロワのお持ち帰りケーキの大きさが、直径20cm丸形で高さ6㎝へ変更いたしました。
すでにお申し込みをいただいたみなさま、お持ち帰り用の容器の大きさにご注意くださいますよう、よろしくお願いいたします。


「ガレット・デ・ロワ」
e0180433_2282346.png

一つ目は、フランスの一年はこのお菓子から始まるといわれる「ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)」です。
1月の公現祭(Épiphanie:エピファニー)に食べられるお菓子で、パイ生地の中にフランジパーヌクリームという、アーモンドクリームとカスタードクリームを合わせたクリームを閉じ込めて焼きます。
フェーヴ(そら豆の意味)という陶器製の小さな人形を一つだけ忍ばせて焼くのですが、それが当たった人はその日一日王様(または女王様)として家族や友人から祝福され、同時に新しい一年を幸福に過ごせると言われています。
今回はフランスから取り寄せたフェーヴを入れてお持ち帰りいただきますので、王冠も作ってぜひご家庭でお楽しみください。
なおパイ生地は基礎コースでも作っていますが、それを応用した作り方になっているためパイ生地作り自体が少し難しい上に、ケーキの顔ともなる模様の切込みも少しコツが要ります。
中級~上級のお菓子にはなりますが、1月にしか行わないこの時期ならではのお菓子を楽しんでいただけますと嬉しいです。

日時
e0180433_227477.png1月
5日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
6日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
7日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

12日(火) 10時半~13時半頃(満席)
18日(月) 10時半~13時半頃(残席2)

26日(火) 10時半~13時半頃(満席)
27日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人45ポンド〉




「3種のチョコレートケーキ」
e0180433_18503191.png
             *レッスンでは表面のデコレーションは行いません。

チョコレートが大好きな方にぜひ食べていただきたいケーキです。
「3種」とは、チョコレートを3種類(プレーン・ミルク・ホワイト)使っている意味もありますが、チョコレートを使った3つの全く食感の違うパーツを組み合わせたことにもよります。
フィアンティーヌというサクサクのパイフレークとチョコの組み合わせの軽い食感をベースに、ふんわりとしたチョコスポンジが重なり、一番上に3種類のチョコを使った濃厚なクリームを乗せていきます。
控えめな見た目を裏切る存在感のあるこのケーキを、ぜひ食べてみていただけますと嬉しいです。
なお、お持ち帰りは10cm×20cmの長方形一台となります。

e0180433_239880.png日時
1月
19日(火) 10時半~13時半頃(残席1)

2月
3日(水) 10時半~13時半頃(満席)

3月
3日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉





【その他のレッスン】

「フォレ・ノワール」
e0180433_0274850.png

もともとはドイツ南部にある「黒い森」と呼ばれる森をイメージしたケーキで、フランスでもとてもポピュラーなケーキです。
うっそうと茂る木々たちの色が深くて、遠くから見ると森全体が暗く黒く見えることからそう呼ばれるようになったそうです。
なので、ケーキもチョコレートのスポンジを使い全体的に黒いですが、そこにホイップとチェリーが加わるのでその色のコントラストが映えます。
e0180433_020677.png今回はアーモンドプードルを入れた風味のあるチョコスポンジに、クレーム・ディプロマット(カスタード+ホイップ)とチョコレートホイップを重ね、このケーキお決まりのチョコレートのコポー(削りくず)を上からふりかけます。
グリオットと呼ばれる小ぶりのチェリーを使うのが特徴で、少し酸味が強いのですがスポンジとホイップと一緒に食べるとその酸味がちょうど良く合います。

1月11日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
2月2日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
2月24日(水) 10時半~13時半頃(満席)
3月1日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「モンブラン~インディヴィジュアル」
e0180433_3553861.png

メレンゲの土台にスポンジを乗せ、その中にカスタードクリームを閉じ込めて、マロンのクリームを周りにたっぷりと絞っています。
ホイップとマロングラッセをケーキの上に乗せ、メレンゲをお好みの形に絞って焼いていただいたものを飾って仕上げます。
メレンゲが土台なので、時間が経ってしまうと柔らかくなってしまいますが、どうしても家でもサクサクで食べたい!という方は別々に持って帰っていただくこともできます。
ケーキは5つ作り、1つはコーヒーや紅茶と共に試食していただき、4つはお持ち帰りいただきます。
モンブランは手間のかかるケーキではありますが、この機会に様々なパーツを組み立てていく面白さを知っていただけましたら嬉しいです。

2月11日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「抹茶エクレア&抹茶クッキー」
e0180433_3401931.png
シューが膨らむ原理から使う鍋にいたるまで、できるだけ分かりやすく説明いたします。
今回は中に入れるクリームと、表面につけるフォンダンを抹茶味にしました。
クリームはできる限り甘さを抑え、最後に抹茶の苦味がじんわり残るように仕上げました。
もう一つは抹茶クッキーですが、ブール・ド・ネージュ(雪の玉)と呼ばれるクッキーです。
卵を使わないクッキーで、中にローストしたアーモンドを入れてボール状に焼き上げ、冷めてから粉糖をまぶします。
ほろほろとした食感と、抹茶の苦味と粉糖の甘さの両方が行ったり来たりで止められなくなります。

2月12日(金) 10時半~13時半頃(満席)
2月22日(月) 10時半~13時半頃(満席)
2月23日(火) 10時半~13時半頃(満席)
2月25日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
3月10日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「チーズケーキ2種」
e0180433_3423236.png
クリームチーズに加え、サワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキは”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレはメレンゲをゆるく立てるので、蒸し焼きにしてもある程度しっかりとした食感が残ります。
また、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
作り方も簡単な上、常温でも数日楽しめ、冷凍もできるのできっとご自宅でもまた作ってみていただけると思います。
レッスンではスフレチーズケーキをご試食いただき、ベイクドチーズケーキを一台お持ち帰りいただきます。

2月16日(火) 10時半~13時半頃(満席)
2月26日(金) 10時半~13時半頃(満席)
3月2日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらでご確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-02-12 04:22 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2015年 クリスマスケーキ*

こんにちは。
冬時間も始まり、毎日道端に落ちる枯れ葉が増えるのを見ると、もう秋も終わりに近づいているんだなと感じます。
今年も12月からはクリスマスケーキを作っていきたいと思います。
e0180433_0101881.png
今年は薪の形をしたブッシュドノエルではなく、チョコレートとキャラメル2種類のムースを重ねて作る生ケーキです。
どちらもムースなので作り方は似ていますが、濃厚なチョコレートと、少しビターに作るキャラメルとの相性はとても良いです。
ムースだけでは寂しいので、サクサクのクッキー生地を土台にして、ケーキの表面にはココアのグラッサージュという上掛けをして艶よく仕上げます。
今回のように型に流し込んで組み立てるのも良いですが、グラスに入れて簡単なデザートとして楽しんだりとアレンジも可能です。
冷凍もできますので、ケーキは早めに仕上げておいて、お料理の方も頑張ってください☆
お持ち帰りは15cm丸型のホールケーキ一台ですが、シリコン製のブッシュ型(下の写真を参照)で作った小さなケーキを、コーヒーか紅茶とともにご試食ください。
なお、ケーキに乗せる飾りは写真と異なりますのでご了承ください。

日時
e0180433_212657.png12月
1日(火) 10時半~13時半頃(満席)
2日(水) 10時半~13時半頃(満席)

7日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
9日(水) 10時半~13時半頃(満席)


15日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
16日(水) 10時半~13時半頃(満席)
17日(木) 10時半~13時半頃(満席)
18日(金) 10時半~13時半頃(満席)

23日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉
*飾りと箱代も含まれています
なお箱は17cm四方の大きさになりますが、取っ手がついておりませんのでご了承ください。

≪シリコン・ブッシュ型を使った例≫e0180433_2193255.png













【その他のレッスン】

「チーズケーキ2種」
e0180433_15295465.png
クリームチーズに加えてサワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキの方は、チーズケーキにはあまり使わない”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレチーズケーキに使うメレンゲは、しっかりとは泡立てないのがポイントで、焼き上がりの食感がある程度しっかりとしているのが特徴です。
レッスンでは、しっとりケーキにアクセントを与えてくれるアーモンドのチュイルも一緒に作ります。
ベイクドチーズケーキをお持ち帰り用として丸型15cmで1台焼き、スフレチーズケーキを試食していただきます。

12月3日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「モンブラン~インディヴィジュアル」
e0180433_8414997.png
土台にメレンゲとスポンジを重ね、カスタードクリームを中に閉じ込めており、ケーキの周りをモンブラン専用の口金を使ってクリームをたっぷりと絞ります。
仕上げはホイップとマロングラッセを乗せ、メレンゲをお好みの形に絞って焼いていただいたものを飾って仕上げます。
手間のかかるケーキではありますが、この機会に様々なパーツを組み立てていく面白さを知っていただけますと嬉しいです。


12月10日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



中級コースより
「オペラ~チョコレートとコーヒーのクリームをサンドしたケーキ」e0180433_2364887.png

スポンジ生地を土台に、コーヒーとチョコレートの2種類のクリームを重ね、最後にチョコレートの上掛けをして光沢を出します。
いくつかの工程を積み重ねることでできるこのお菓子は、全てを一緒に食べた時の味のバランスを楽しむお菓子です。
焼くだけ、型に詰めるだけのケーキから、少し進んだケーキ作りをしてみたい方にぜひお勧めです。
冷凍保存もできますので、クリスマスケーキとしても最適です。
*レッスンでは長方形に作る場合もありますので、あらかじめご了承ください。

12月22日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがございます。
ご連絡いただいてから3日経ってもこちらからの返信がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは承認制のため表示されることはなく、こちらで確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-11-26 01:36 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2015年秋の講習会スケジュール*

こんにちは。
暦の上でも秋がやってきました。
今年も10月よりモンブランのレッスンを始めます。
フランスのImbert:アンベール社のマロンペーストを使い、2種類のモンブランを作っていきます。
同じく栗が主役の「栗のパウンドケーキとカヌレ」の会も開催いたしますので、好みの栗のケーキを見つけていただけましたら嬉しいです。

*なお、「基礎コース」のレッスンも開催する予定です。
あわせてご覧くださいませ。


「モンブラン~インディヴィジュアル」
e0180433_32474.png
 
土台にメレンゲとスポンジを重ね、カスタードクリームを中に閉じ込めており、ケーキの周りをモンブラン専用の口金を使ってクリームをたっぷりと絞ります。
仕上げはホイップとマロングラッセを乗せ、メレンゲをお好みの形に絞って焼いていただいたものを飾って仕上げます。
メレンゲが土台なので、時間が経ってしまうと柔らかくなってしまいますが、どうしても家でもサクサクで食べたい!という方は別々に持って帰っていただくこともできます。
ケーキは5つ作り、1つはコーヒーや紅茶と共に試食していただき、4つはお持ち帰りいただきます。
モンブランは手間のかかるケーキではありますが、この機会に様々なパーツを組み立てていく面白さを知っていただけますと嬉しいです。

日時 
10月
1日(木) 10時半~13時半頃(満席)
14日(水) 10時半~13時半頃(満席)
20日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
22日(木) 10時半~13時半頃(満席)
30日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

11月
4日(水) 10時半~13時半頃(満席)
25日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「白いモンブラン」
e0180433_3161215.png
 
これまでのモンブランとは少し趣向を変えたもので、ケーキの表面をホイップで白く覆った白いモンブランです。
土台はこちらもメレンゲとスポンジで、ホイップの中には濃厚なマロンペーストとマロンクリームを使ったクリームを閉じ込めています。
このクリームはシリコン型を使って冷凍させるため、例年のモンブランと違って今回は冷凍保存ができます。
仕上げにはマロンペーストをたっぷりと使ったモンブランクリームとマロングラッセを飾り、メレンゲやバニラビーンズを飾って仕上げていただきます。
ケーキは4つ作りお持ち帰りいただきますが、試食は小さなグラスに組み立てていき、グラスデザートとしてモンブランを楽しんでいただきたいと思います。
マロンペーストなど珍しい材料も使いますが、道具等も合わせてレッスン中に詳しく説明していきます。
季節のお菓子を楽しんでいただけますと嬉しいです。

日時
10月
15日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
16日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

11月
24日(火) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「栗のパウンドケーキとカヌレ」
e0180433_72044.png
 
栗のパウンドケーキは、モンブランでも使うマロンペーストとマロンクリームを両方使い、外は香ばしく中はしっとりと仕上げます。
ポイントはバターと砂糖を十分に混ぜ合わせることと、卵を入れたときに分離させないように気をつけることです。
栗の風味をさらに引き立てるために、マロングラッセも加えて焼いていきます。
いつもとは一味違ったパウンドケーキをお楽しみください。
そしてもう一つのカヌレは、実は材料を混ぜて焼くだけの簡単な焼き菓子です。
今回はシリコン型を使いますが、焼きムラが多いと言われるシリコン型でもこんがり美味しく焼き上げられます。
レッスンではパウンドケーキを一本とカヌレもお持ち帰りいただきますので、ご自宅で数日かけて楽しんでいただけますと嬉しいです。

日時
10月
19日(月) 10時半~13時半頃(満席)
21日(水) 10時半~13時半頃(満席)

11月
2日(月) 10時半~13時半頃(満席)
5日(木) 10時半~13時半頃(満席)
26日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



【その他のレッスン】

「チーズケーキ2種」
e0180433_7183880.png
クリームチーズに加えてサワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキの方は、チーズケーキにはあまり使わない”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレチーズケーキに使うメレンゲは、しっかりとは泡立てないのがポイントで、焼き上がりの食感がある程度しっかりとしているのが特徴です。
レッスンでは、しっとりケーキにアクセントを与えてくれるアーモンドのチュイルも一緒に作ります。
ベイクドチーズケーキをお持ち帰り用として丸型15cmで1台焼き、スフレチーズケーキを試食していただきます。

日時
10月
12日(月) 10時半~13時半頃(満席)
13日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉




場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらでご確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.c
by yukochocolat | 2015-09-22 18:06 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2015年9月の講習会スケジュール*

こんにちは。
8月も終わり、すっかり秋のお天気になりました。
みなさん楽しい夏休みを過ごされましたでしょうか。
9月はフルーツを使える最後の月ですので、「フレジエ」や「ベリーのシャルロット」などフルーツを使うレッスンを中心に行います。
モンブランなど栗を使ったお菓子は10月から登場しますので、9月中頃のお知らせまで少々お待ちください。


「フレジエ・カスタード」
e0180433_2263379.png

名前の通りケーキのメインはカスタードとホイップを混ぜたクリームで、トヨ型(英:U Shape Terrine Mould)という型を使って作るのが特徴です。
雨どいからつけられたこの形の緩やかな曲面に、フレッシュのいちごをつけて仕上げることで、見た目がより華やかになります。
土台は別立てタイプのふわふわスポンジ生地で、中にも丸ごと入っているいちごとカスタードとの相性をぜひ楽しんでください。
スポンジもカスタードもどちらもお菓子作りでは基礎となるものですので、これからお菓子作りを始めてみようと思っている方や、作ってみるけどまだ上手くできない方などにもお越しいただけると嬉しいです。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
9月
15日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
18日(金) 10時半~13時半頃(満席)
24日(木) 10時半~13時半頃(満席)



「チーズケーキ2種」
e0180433_6451797.png
クリームチーズに加えてサワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキの方は、チーズケーキにはあまり使わない”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレチーズケーキに使うメレンゲは、しっかりとは泡立てないのがポイントで、焼き上がりの食感がある程度しっかりとしているのが特徴です。
レッスンでは、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
ベイクドチーズケーキをお持ち帰り用として丸型15cmで1台焼き、スフレチーズケーキを試食していただきます。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
9月25日(金) 10時半~13時半頃(満席)



基礎コースのレッスンから
「メレンゲ生地~ベリーのシャルロット」
e0180433_2253615.png

ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
10月5日(月) 10時半~13時半頃(残席1)



基礎コースのレッスンから
「フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)」
e0180433_18205935.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
9月22日(火) 10時半~13時半頃(満席)
10月2日(金) 10時半~13時半頃(満席)





中級コースのレッスンから
「マンゴータルトとフルーツタルト」
e0180433_18191344.png

空焼きをしたタルト生地に、クリームチーズとフロマージュフレを使った口当たりの軽いクリームを敷き、マンゴーの果肉を乗せたマンゴータルト。
同じく空焼きをしたタルトに、カスタードクリームとたっぷりのフルーツを乗せたフルーツタルト。
使うフルーツによって全く味わいの違う2つのタルトを楽しんでいただけますと嬉しいです。

〈参加費:お一人40ポンド〉

日時
9月21日(月) 10時半~13時半頃(満席)



講習会は3~5名の少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ

講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-09-16 22:20 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2015年7月・8月の講習会スケジュール*

こんにちは。
夏野菜や果物がおいしい季節となりました。
今年も夏はベリーを中心にフルーツを使ったケーキを作っていきます。
リクエストいただいたレッスンも含め、季節の終わる9月末頃までは色々なデザートを作っていきますので、興味のあるお菓子を見つけていただけましたら嬉しいです。
*引き続き「製菓基礎コース」や「製菓中級コース」も行っております。
合わせてご覧くださいませ。

「フレジエ・ムース」
e0180433_5542094.png
いちごのケーキといえば、フランスでは「Fraisier:フレジエ」です。
スポンジを土台に、バタークリームとカスタードクリームを合わせたクリームを詰め、フレッシュのいちごを加えた、この季節ならフランスのどのお菓子屋さんでも見かけるお菓子です。
少し重くなりがちな印象のこのフレジエを、ムース仕立てにアレンジしたのがこの「フレジエ・ムース」です。
いちごとバニラの2種類のムースを組み立て、いちごを飾っています。
ケーキの底とそれぞれのムースの間にはマカロン生地を使っており、メレンゲとアーモンドプードルを合わせたカリカリ&もっちり生地が、単調になりがちなムースに違う食感を与えてくれます。
もともとバニラよりもいちごのムースの割合が多いのですが、表面にたっぷりといちごを並べることで、よりいちごの甘さと爽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。

〈参加費:お一人35ポンド〉



「フレジエ・カスタード」
e0180433_6272744.png
こちらも本来のフレジエをアレンジしたもので、名前の通りケーキのメインはカスタードとホイップを混ぜたクリームで、トヨ型という型を使って作るのが特徴です。
雨どいからつけられたこの形の緩やかな曲面に、フレッシュのいちごをつけて仕上げることで、見た目がより華やかになります。
土台は別立てタイプのふわふわスポンジ生地で、カスタードと中にも丸ごと入っているいちごとの相性をぜひ楽しんでください。
スポンジもカスタードもどちらもお菓子作りでは基礎となるものですので、これからお菓子作りを始めてみようと思っている方や、作ってみるけどまだ上手くできない方などにもお越しいただけると嬉しいです。

〈参加費:お一人35ポンド〉


日時
「フレジエ・ムース」e0180433_6185024.png
7月
20日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
23日(木) 10時半~13時半頃(満席)
30日(木) 10時半~13時半頃(満席)

8月
5日(水) 10時半~13時半頃(満席)



「フレジエ・カスタード」e0180433_6482483.png

7月
17日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
27日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
29日(水) 10時半~13時半頃(満席)

9月
15日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
18日(金) 10時半~13時半頃(満席)
24日(木) 10時半~13時半頃(残席2)



≪その他のレッスン≫

「チーズケーキ2種」
e0180433_6193064.png
クリームチーズに加えてサワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキの方は、チーズケーキにはあまり使わない”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレチーズケーキに使うメレンゲは、しっかりとは泡立てないのがポイントで、焼き上がりの食感がある程度しっかりとしているのが特徴です。
レッスンでは、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
ベイクドチーズケーキをお持ち帰り用として丸型15cmで1台焼き、スフレチーズケーキを試食していただきます。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
7月16日(木) 10時半~13時半頃(残席1) 
8月3日(月) 10時半~13時半頃(満席) 
9月25日(金) 10時半~13時半頃(残席1) 



「レアチーズケーキ」
e0180433_649696.png
ソフトチーズにホワイトチョコレートも混ぜてみた、なめらかで濃厚なクリームにベリーのソースが良く合います。
市販のクッキーを砕いて溶かしたバターと混ぜて固めたものを土台によく使いますが、クッキー生地はとても簡単なのでこちらも手作りします。
今回はデコレーションに少し凝ってみたかったので、ご自宅でも簡単にできるレモンチップを作り、バニラビーンズと一緒に飾ってみます。
作って翌日になるとさらになめらかさが増し、その後数日間おいしく食べていただけますし、冷凍することもできますのでとても便利なデザートです。

〈参加費:お一人30ポンド〉

日時
8月4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
9月3日(木) 10時半~13時半頃(残席1)



「抹茶とマンゴーのケーキ」
e0180433_641588.png
抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム状に仕上げますが、丸や四角、フレジエ・カスタードでも使うトヨ型などでも作ることができます。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
6月17日(水) 14時半~17時半頃(残席2)
8月6日(木) 10時半~13時半頃(満席)



「クラフティ・オ・スリーズ」
e0180433_20564079.png
クラフティとは、陶器で有名なフランスのリモージュが位置するリムーザン地方の伝統菓子です。
6月以降の夏に出回るチェリーを使って、家庭でもごくごく普通に作られ、初夏の到来を感じるお菓子です。
本来はフレッシュのチェリーを使いますが、種を取るだけでレッスン時間が過ぎそうなので、今回は缶詰のブラックチェリーを使います。
フレッシュチェリーを使う場合の作り方もレッスン中にご紹介しますので、夏になって目にするようになったらフレッシュのものでもぜひ作ってみてください。
ザクザク・ボロボロと崩れる(砕ける)意味の「ブリゼ」という生地を土台に、卵・クリーム・バニラ・砂糖を使ったアパレイユを流し込んで、チェリーと一緒に焼いていきます。
今回はブリゼ生地と同じ作り方でできるクッキーもご紹介します。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
7月7日(水) 10時半~13時半頃(満席)
7月9日(木) 10時半~13時半頃(残席2)



講習会は3~5名の少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ

講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-06-14 06:50 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2015年4~6月のスケジュール*

こんにちは。
ようやく日も長くなり、春らしい温かいお天気の日も多くなりましたね。
まだフレジエ(苺のお菓子)にはちょっと早いので、4月からはチェリーを使ったお菓子や、リクエストを頂いたレッスンを作っていこうと思います。
*「製菓基礎コース」や「製菓中級コース」も始まります。
合わせてご覧くださいませ。

「クラフティ・オ・スリーズ」
e0180433_2273618.png
クラフティとは、陶器で有名なフランスのリモージュが位置するリムーザン地方の伝統菓子です。
6月以降の夏に出回るチェリーを使って、家庭でもごくごく普通に作られ、初夏の到来を感じるお菓子です。
本来はフレッシュのチェリーを使いますが、種を取るだけでレッスン時間が過ぎそうなので、今回は缶詰のブラックチェリーを使います。
フレッシュチェリーを使う場合の作り方もレッスン中にご紹介しますので、夏になって目にするようになったらフレッシュのものでもぜひ作ってみてください。
ザクザク・ボロボロと崩れる(砕ける)意味の「ブリゼ」という生地を土台に、卵・クリーム・バニラ・砂糖を使ったアパレイユを流し込んで、チェリーと一緒に焼いていきます。
今回はブリゼ生地と同じ作り方でできるクッキーもご紹介します。

日時
4月
28日(火) 10時半~13時半頃(満席)
29日(水) 10時半~13時半頃(満席)

5月
7日(木) 10時半~13時半頃(満席)
8日(金) 10時半~13時半頃(満席)
12日(火) 10時半~13時半頃(満席)

7月
7日(火) 10時半~13時半頃(満席)
9日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「抹茶のオモニエール」
e0180433_229115.png
去年ちょうどこの時期に作っていた、抹茶と小豆とクレープという、和洋折衷デザートです。
オモニエールとはフランス語で「巾着袋」の意味で、お料理でも野菜の葉っぱや薄い生地で食材を包み込んだものをオモニエールと呼びますが、お菓子では主にクレープでアイスクリームやムースなどを包み込んだもののことを言います。 
単純に包んだままで仕上げたり、ひもで口を結ぶことが多いですが、今回はひだを作るように包み込んで高さを出すことで、特別なデコレーションがなくてもそのままで十分デザートとして存在感があるように仕上げました。
普通のクレープへの応用など、今後も役に立てていただける要素が詰まったお菓子です。e0180433_2295614.png

日時
4月
17日(金) 10時半~13時半頃(満席)
5月
21日(木) 10時半~13時半頃(満席)
26日(火) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉




「チーズケーキ2種」
e0180433_218924.png
クリームチーズに加えてサワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキの方は、チーズケーキにはあまり使わない”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレチーズケーキに使うメレンゲは、しっかりとは泡立てないのがポイントで、焼き上がりの食感がある程度しっかりとしているのが特徴です。
レッスンでは、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
ベイクドチーズケーキをお持ち帰り用として丸型15cmで1台焼き、スフレチーズケーキは小さい型で焼いて試食していただきます。

日時e0180433_21553833.png
4月
15日(水) 10時半~13時半頃(満席)
20日(月) 10時半~13時半頃(満席)
24日(金) 10時半~13時半頃(満席)

5月
1日(金) 10時半~13時半頃(満席)
5日(火) 10時半~13時半頃(満席)
29日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

6月
1日(月) 10時半~13時半頃(満席)
10日(水) 10時半~13時半頃(満席)
12日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

7月
16日(木) 10時半~13時半頃(満席)

8月
3日(月) 10時半~13時半頃

〈参加費:お一人35ポンド〉




《その他のレッスン》

「抹茶とマンゴーのケーキ」e0180433_2053540.png

抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム型に仕上げますが、丸や四角、フレジエでも使ったトヨ型などでも作ることができます。

日時
6月17日(水) 14時半~17時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



講習会は3~5名の少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ

講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-06-01 00:26 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2015年1~3月の講習会スケジュール*

こんにちは。
2015年も1月から様々なレッスンを行っていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
「製菓基礎コース」「製菓中級コース」も始まります。
合わせてご覧くださいませ。



「栗のパウンドケーキとカヌレ」
e0180433_3564526.png

栗のパウンドケーキは、モンブランで使ったマロンペーストとクリームを両方使い、外は香ばしく中はしっとりと仕上げます。
ポイントはバターと砂糖を十分に混ぜ合わせることと、卵を入れたときに分離させないように気をつけることです。
栗の風味をさらに引き立てるために、マロングラッセも加えて焼いていきます。
いつもとは一味違ったパウンドケーキをお楽しみください。
そしてもう一つのカヌレは、実は材料を混ぜて焼くだけの簡単な焼き菓子です。
今回はシリコン型を使いますが、焼きムラが多いと言われるシリコン型でもこんがり美味しく焼き上げられます。
レッスンではパウンドケーキを一本とカヌレもお持ち帰りいただきますので、ご自宅で数日かけて楽しんでいただけますと嬉しいです。

日時
1月
e0180433_491453.png13日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
15日(木) 10時半~13時半頃(満席)

27日(火) 10時半~13時半頃(満席)
30日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

2月
2日(月) 10時半~13時半頃(満席)

17日(火) 10時半~13時半頃(満席)
18日(水) 10時半~13時半頃(満席)

3月
9日(月) 10時半~13時半頃(満席)
11日(水) 10時半~13時半頃(満席)

17日(火) 10時半~13時半頃(満席)
19日(木) 10時半~13時半頃(満席)
23日(月) 10時半~13時半頃(満席)
31日(火) 10時半~13時半頃(満席)

4月
1日(水) 10時半~13時半頃(満席)
9日(木) 11時~14時頃(残席1)
10日(金) 11時~14時頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉





「ザッハ・トルテとティグレ」
e0180433_49890.png
1月からのもう一つのレッスンは、こちらも焼き菓子のザッハ・トルテとティグレです。
ザッハ・トルテはあまりにも有名なチョコレート菓子ですが、レッスンで作るのは初めてです。
本場の物よりは軽めの仕上がりになっていますが、作り方も簡単ですしバレンタインに作ってみてはいかがでしょうか。
一方のティグレは聞いたことも見たこともない方が多いかもしれません。
プーさんのキャラクターでもおなじみのティグレは、その見た目通り「虎」の意味です。
卵白を使うこの焼き菓子は、フィナンシェととてもよく似た作り方ですが、チョコチップを入れて虎のような斑点模様をつけるのが特徴です。
こちらもザッハ・トルテをホールで一台とティグレもお持ち帰りいただき、数日楽しんでいただけますと嬉しいです。

日時
e0180433_4244438.png1月
21日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
22日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
26日(月) 10時半~13時半頃(満席)
29日(木) 10時半~13時半頃(満席)

2月
4日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
5日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

9日(月) 10時半~13時半頃(満席)
10日(火) 10時半~13時半頃(満席)
13日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
26日(木) 10時半~13時半頃(満席)

3月
6日(金) 10時半~13時半頃(満席)
16日(月) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉





【その他のレッスン】

e0180433_0522877.png「フォンダン・ショコラ」

3月
24日(火) 10時半~13時半頃(満席)
30日(月) 10時半~13時半頃(満席)

リクエストをいただいたので、久しぶりにフォンダン・ショコラを作りたいと思います。
生地を切るととろりとチョコレート生地が流れ出すのが特徴のこのケーキは、作り方は実はとても簡単で、焼き具合によって食感がずいぶんと変わります。
タイムのチュイルとバニラアイスクリームも一緒に作り、出来立てのケーキと一緒に試食していただきます。
生地自体をお持ち帰りいただき、ご自宅にあるココットやセルクルに入れて焼いてみてくださいね。
なお、ココット等ご自宅にお持ちでない方は、事前にメールでお知らせくださいませ。お持ち帰り方法をご相談させていただきます。

〈参加費:お一人30ポンド〉




場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop

yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-02-14 01:11 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2014年 クリスマスケーキ*

こんにちは。
今年は暖かな秋だなと思っていたのですが、急に冷え込んできましたね。
今年も残り2か月を残すところとなり、レッスンでもクリスマスケーキを作る季節がやってきました。
2種類の全く違うタイプのケーキを作っていきますので、お好みのタイプを見つけていただけると嬉しいです。


「ブッシュ・ド・ノエル~コーヒーとキャラメルチョコレートの2種」
e0180433_173217.png
チョコレートの別立てスポンジを使って、ロールケーキを2種類作っていきます。
一つはコーヒーのカスタードを巻いたもので、もう一つはキャラメルクリームを巻いて表面にガナッシュ(チョコレートとクリームを混ぜたもの)をへらで塗ります。
コーヒーロールには雪に見立ててホイップを表面に飾り、キャラメルチョコレートにはお好みのメッセージを書いていただこうと思います。
どちらも13㎝ほどの長さで小ぶりのロールケーキですが、キャラメルチョコレートは冷凍保存もできるので便利です。
なお、カフェインアレルギーをお持ちの方やコーヒーが苦手な方は、キャラメルチョコレートのみに仕上げることもできます。
お申し込みの際にお知らせくださいませ。

日時
11月
18日(火) 10時半~13時半頃(満席)

26日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
27日(木) 10時半~13時半頃(満席)

12月
1日(月) 10時半~13時半頃(満席)
2日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
5日(金) 10時半~13時半頃(満席)

11日(木) 10時半~13時半頃(満席)
16日(火) 10時半~13時半頃(満席)

19日(金) 10時半~13時半頃(満席)
20日(土) 10時半~13時半頃(残席2)
22日(月) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉
*飾りと箱代も含まれています。
なお箱は18cm四方の大きさになりますが、取っ手がついておりませんのでご了承ください。




「クリスマスチーズケーキ」
e0180433_1332531.png
今年夏に行った「レアチーズケーキ」を、リクエストをいただいてクリスマスバージョンに変えて行います。
トヨ型を使い、クッキー生地・レアチーズアパレイユ・ベリーのジュレ・ビスキュイ生地を重ねていきます。
仕上げにお好みでストロベリーパウダーやピスタチオを飾ります。
手が込んでいるようにも見えますが、意外とすぐにできます。
典型的なクリスマスケーキではありませんが、こちらも冷凍で保存できて便利ですし、いつもとはちょっと違うチーズケーキでクリスマスディナーはいかがでしょうか。

日時e0180433_1513259.png
11月
7日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
20日(木) 10時半~13時半頃(満席)
28日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

12月
3日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
17日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉
*飾りと箱代も含まれています。
なお箱は20cm×10㎝の大きさになりますが、取っ手がついておりませんのでご了承ください。

写真右=サンタの飾りとモットー




場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp

 
 
by yukochocolat | 2014-12-04 06:37 | お菓子講習会スケジュール | Comments(2)

*2014年 モンブラン*

こんにちは。
今年もモンブランの季節がやってきました。
去年に引き続き2種類のモンブランを作りますが、どちらもフランスの栗缶で有名なImbert社のマロンペーストを使ってモンブランクリームを作っていきます。

*なお、「基礎コース」「中級コース」のレッスンも開催しています。
あわせてご覧くださいませ。


e0180433_1142541.png
「白いモンブラン」

これまでのモンブランとは少し趣向を変えたもので、ケーキの表面をホイップで白く覆った白いモンブランです。
土台はメレンゲとスポンジで、ホイップの中には濃厚なマロンペーストとマロンクリームを使ったクリームを閉じ込めています。
このクリームはシリコン型を使って冷凍させるため、例年のモンブランと違って今回は冷凍保存ができます。
仕上げにはマロンペーストをたっぷりと使ったモンブランクリームとマロングラッセを飾り、メレンゲやバニラビーンズを飾って仕上げていただきます。
ケーキは4つ作りお持ち帰りいただきますが、試食は小さなグラスに組み立てていき、グラスデザートとしてモンブランを楽しんでいただきたいと思います。
マロンペーストなど珍しい材料も使いますが、道具等も合わせてレッスン中に詳しく説明していきます。
季節のお菓子を楽しんでいただけますと嬉しいです。


日時
9月
4日(木) 10時半~13時半頃(満席)
17日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
23日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
25日(木) 10時半~13時半頃(満席)
29日(月) 10時半~13時半頃(満席)

10月
8日(水) 10時半~13時半頃(満席)
14日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
21日(火) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人40ポンド〉



e0180433_1814071.png
 「モンブラン~インディヴィジュアル」

2013年に作っていたモンブランです。
土台はこちらも同じくメレンゲとスポンジを使っていますが、カスタードクリームを中に閉じ込めており、ケーキの周りをモンブラン専用の口金を使ってクリームをたっぷりと絞ります。
仕上げはホイップとマロングラッセを乗せ、メレンゲをお好みの形に絞って焼いていただいたものを飾って仕上げます。
メレンゲが土台なので、時間が経ってしまうと柔らかくなってしまいますが、どうしても家でもサクサクで食べたい!という方は別々に持って帰っていただくこともできます。
ケーキは5つ作り、1つはコーヒーや紅茶と共に試食していただき、4つはお持ち帰りいただきます。
モンブランは手間のかかるケーキではありますが、この機会に様々なパーツを組み立てていく面白さを知っていただけましたら嬉しいです。

日時
9月
1日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
15日(月) 10時半~13時半頃(満席)
30日(火) 10時半~13時半頃(残席1)

10月
3日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
9日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
20日(月) 10時半~13時半頃(満席)
30日(木) 10時半~13時半頃(満席)

11月
5日(水) 10時半~13時半頃(満席)
12日(水) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人40ポンド〉




場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp

 
 
by yukochocolat | 2014-10-04 20:29 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)

*2014年夏の講習会スケジュール*

こんにちは。
8月に入り、少し気温は下がってきたものの、お天気のいい日もあり気持ちの良い夏が続いていますね。
今年ももうしばらくは国産のいちごやフルーツが楽しめそうです。
6・7月に続き、8月もフルーツを使ったケーキが主役です。
その他、フルーツを使った「基礎コース」「中級コース」のレッスンも開催しています。
あわせてご覧くださいませ。

「レアチーズケーキ」
e0180433_093062.png
久しぶりにレアチーズケーキを作ってみようと思います。
ソフトチーズにホワイトチョコレートも混ぜてみた、なめらかで濃厚なクリームにベリーのソースが良く合います。
市販のクッキーを砕いて溶かしたバターと混ぜて固めたものを土台によく使いますが、クッキー生地はとても簡単なのでこちらも手作りします。
今回はデコレーションに少し凝ってみたかったので、ご自宅でも簡単にできるレモンチップを作り、バニラビーンズと一緒に飾ってみます。
作って翌日になるとさらになめらかさが増し、数日美味しく食べていただけますし、冷凍するにもとても便利なデザートです。

〈参加費:お一人30ポンド〉

日時
8月
15日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

21日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
27日(水) 10時半~13時半頃(満席)

9月
9日(火) 10時半~13時半頃



「フレジエ・ロール」
e0180433_2565995.png
毎年作っているフレジエ(=いちごのケーキ)ですが、今年の新しい形はロールケーキです。
「の」の字のロールケーキではなく、今回はくるりんっと1周させました。
中には丸ごといちごと、クリームチーズやフロマージュ・フレを使ったクリームを包み、スポンジ生地にはいちごと相性の良いバジルとミントを混ぜ込んでいます。
これまでロールケーキの生地は、別立てタイプのスポンジ生地を使うことが多かったですが、今回のスポンジ生地は全卵をそのまま泡立てていく共立てタイプです。
ポイントさえつかめば、共立てタイプの作り方でも、ふんわりとしたスポンジを作ることができます。
少し濃厚なクリームですが、フレッシュいちごとふんわりスポンジとの相性を楽しんでいただけますと嬉しいです。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
6月
10日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
20日(金) 10時半~13時半頃(満席)

7月
17日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
25日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

8月
13日(水) 10時半~13時半頃(残席2)




「フレジエ・ムース」
e0180433_2571843.png
いちごとバニラの2種類のムースを組み立て、いちごを飾っています。
ケーキの底とそれぞれのムースの間にはマカロン生地を使っており、メレンゲとアーモンドプードルを合わせたカリカリ&もっちり生地が、単調になりがちなムースに違う食感を与えてくれます。
もともとバニラよりもいちごのムースの割合が多いのですが、表面にたっぷりといちごを並べることで、よりいちごの甘さと爽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
6月e0180433_2581583.png
17日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
23日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

7月
23日(水) 10時半~13時半頃(満席)
28日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

8月
12日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
29日(金) 10時半~13時半頃(残席2)




「フレジエ・カスタード」
e0180433_2573318.png
名前の通り、ケーキのメインはカスタードとホイップを混ぜたクリームで、トヨ型という型を使って作っています。
こちらもフレッシュのいちごを丸ごと表面と中にも入れています。
土台は別立てタイプのふわふわスポンジ生地で、カスタードといちごと一緒に食べたときの相性は最高です。
スポンジもカスタードもどちらもお菓子作りでは基礎となるものですので、これからお菓子作りを始めてみようと思っている方や、作ってみるけどまだ上手くできない方などにもお越しいただけると嬉しいです。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
6月e0180433_2593321.png
11日(水) 10時半~13時半頃(満席)
12日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
25日(水) 10時半~13時半頃(満席)
27日(金) 10時半~13時半頃(満席)

7月
18日(金) 10時半~13時半頃(満席)
21日(月) 10時半~13時半頃(満席)

8月
1日(金) 10時半~13時半頃


講習会は3~5名の少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。



≪その他のレッスン≫
抹茶とマンゴーのケーキ
e0180433_1582163.png
抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム状に仕上げますが、丸や四角、フレジエ・カスタードでも使うトヨ型などでも作ることができます。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
6月30日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
8月28日(木) 10時半~13時半頃(残席1)





場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
 
 
by yukochocolat | 2014-08-08 02:43 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)