カテゴリ:「ベビーモスリン®」販売( 5 )

*東日本大震災から6年~「ベビーモスリン®」販売のお知らせ*

こんにちは。
2011年3月11日に発生した東日本大震災から、丸6年が経ちました。
今年の1月、新年早々に被災地である宮城県東松島市の小学校が、今までプレハブだった校舎から新校舎へ移るというニュースが大きく取り上げられました。
震災当時小学校1年生だった生徒たちが、ほんの少しではありますが3学期を新校舎で過ごし、卒業式を迎えられることに良かったと思うと同時に、とても長い道のりだったのだろうなと、やはり復興の遅れを感じてしまいます。
2020年のオリンピック開催に向けて沸いている中、もう少しの間は復興に力を入れるべきではないかとも思ってしまいますが、この一大イベントが経済的にも精神的にも被災地の力になってくれることを願うばかりです。

Yukochocolat Workshopでは、2013年6月より「ベビーモスリンプロジェクト」に参加させていただいています。
震災後ロンドン在住の日本人乳幼児ママ達によって発足された「モスリンスクエアプロジェクト」が、2012年に拠点を日本に移して現在では宮城県の気仙沼市に工場があります。
ベビーモスリン®の製品についてはこちらを、詳しい生い立ちについてはこちらをご覧ください。
私もそうでしたが、そもそもイギリスで売られている「モスリンスクエア」自体をご存じないという方もいらっしゃると思います。
「ベビーモスリン®」のサンプルをご用意しておりますので、興味を持たれた方は、お越しいただいた際にぜひ実際に見て触ってみてください。
もちろん、レッスンとは関係なく「ベビーモスリン®」の購入にご協力いただける方も大歓迎ですので、興味を持たれた際はお気軽にメールにてお問い合わせくださいませ。
e0180433_3522882.png
「ベビーモスリン®」
60cm×60cm 1パック(2枚入り) £10.60
*収益は、気仙沼の子育てコミュニティに役立てられます。
日本国内でのご購入をお考えの方は、こちらをご覧ください。
なお2016年6月にパッケージが一新されましたが、現在ご用意できる「ベビーモスリン®」は旧パッケージになりますことを、ご了承くださいませ。

e0180433_452927.png
販売についての詳細やそのほかのご意見など、メールまたはお越しいただいた際に、直接お問い合わせくださいませ。
ご協力をよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2017-03-11 04:26 | 「ベビーモスリン®」販売 | Comments(0)

*東日本大震災から5年*

こんにちは。
2011年3月11日に発生した東日本大震災から、丸5年が経ちました。
震災直後47万にいた避難者数は18万1千人まで減ったと聞けば、ずいぶん復興が進んだのかとも思われますが、岩手・宮城・福島の3県で仮設住宅で生活している人の数は9万人にものぼり、今だに復興の進みは遅いです。
被災者を対象に行われた大規模なアンケートを読むと、住宅の整備や宅地の供給などという住まいに関する復興の遅れを感じる人が多く、実際に写真などで見る限りでも、思ったほどには町の様子が変っていないことを感じさせられます。
政府が設けた集中復興期間の5年が経ち、その間に達成された主な実績を見ても、交通機関の復旧はそれなりの成果が見られても、住宅の整備は予定の半分前後の達成率なのが分かります。
津波による大打撃を受けた水産業は7・8割の回復が見られ、雇用についても求人倍率がこの5年で倍以上になっていると書かれているものの、前出のアンケートからは地域経済の回復について60%以上の人が遅れを感じていると答えています。
その他原子力災害や被ばくからの回復や備えについてなど、たくさんの課題が残っており、これからも長期的な復興を着実に行っていかなければならないと思うと、気が遠くなります。
けれど、たくさんの笑顔が戻っていることも事実で、これからも一日一日、少しずつその笑顔が増え続けて行くことを願うばかりです。

Yukochocolat Workshopでは、2013年6月より「ベビーモスリンプロジェクト」に参加させていただいています。
震災後ロンドン在住の日本人乳幼児ママ達によって発足された「モスリンスクエアプロジェクト」が、2012年に拠点を日本に移して現在では宮城県の気仙沼市に工場があります。
ベビーモスリン®の製品についてはこちらを、詳しい生い立ちについてはこちらをご覧ください。
私もそうでしたが、そもそもイギリスで売られている「モスリンスクエア」自体をご存じないという方もいらっしゃると思います。
「ベビーモスリン®」のサンプルをご用意しておりますので、興味を持たれた方は、お越しいただいた際にぜひ実際に見て触ってみてください。
もちろん、レッスンとは関係なく「ベビーモスリン®」の購入にご協力いただける方も大歓迎ですので、興味を持たれた際はお気軽にメールにてお問い合わせくださいませ。

e0180433_2319303.png
「ベビーモスリン®」
60cm×60cm 1パック(2枚入り) £10.80
*ご購入いただく毎に、縫製して下さった気仙沼のお母さん達に、縫製工賃が支払われます。
日本国内でのご購入をお考えの方は、こちらをご覧ください。


販売についての詳細やそのほかのご意見など、メールまたはお越しいただいた際に、直接お問い合わせくださいませ。
ご協力をよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-03-11 22:18 | 「ベビーモスリン®」販売 | Comments(0)

*「ベビーモスリン®」販売のお知らせ*

e0180433_34368.png
こんにちは。
今日は、2012年冬に日本での販売を開始した、ベビーモスリン®の紹介と、Yukochocolat Workshopでの販売協力についてのお知らせです。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、丸4年が経ちました。
震災発生直後にはたくさんのチャリティー団体が発足されましたが、その中の一つにロンドン在住の日本人乳幼児ママ達によって発足された「モスリンスクエアプロジェクト」(現:ベビーモスリンプロジェクト-現在は拠点を日本に移し活動しておられます)があります。

速乾性・吸水性に優れているイギリスの万能子育て布「モスリンスクエアーMuslin Squares」を、当時清潔な布が不足しており、洗濯の機会も限られていた東北の避難所や助産院等に、緊急支援物資として送るというもので、発足後合計6000枚以上が送られました。
2012冬からは「物資支援」から「雇用支援」に転換し、日本製モスリンスクエアである「ベビーモスリン®」を作り販売するという活動が始まりました。
裁断、縫製、梱包は、気仙沼市のNPO法人「ピースジャム」による、乳幼児のお母さん達による縫製工場にて行われ、1枚ずつ手作業で心を込めて縫って下さっています。
この万能子育て布、私も日本の友人の元へ送りましたが、何度洗っても丈夫で、むしろ洗えば洗うほど柔らかく肌触りが良くなる、と喜んでくれ、毎日の生活に役立っているようです。

ベビーモスリンプロジェクトの詳しい概要は、こちらをご覧ください。

今回ご縁があり、この「ベビーモスリン®」をロンドンで販売する場所のひとつとして、Yukochocolat Workshopも2013年6月より販売のご協力をさせていただいています。
私もそうでしたが、そもそもイギリスで売られている「モスリンスクエア」自体をご存じないという方もいらっしゃると思います。
「ベビーモスリン®」のサンプルをご用意しておりますので、興味を持たれた方は、お越しいただいた際にぜひ実際に見て触ってみてください。
もちろん、レッスンとは関係なく「ベビーモスリン®」の購入にご協力いただける方も大歓迎ですので、興味を持たれた際はお気軽にメールにてお問い合わせくださいませ。

「ベビーモスリン®」の特徴や使い方については、こちらをご覧ください。

e0180433_342543.png
「ベビーモスリン®」
60cm×60cm 1パック(2枚入り) £10.80
*ご購入いただく毎に、縫製して下さった気仙沼のお母さん達に、縫製工賃が支払われます。
詳しくはこちらをご覧ください。


販売についての詳細やそのほかのご意見など、メールまたはお越しいただいた際に、直接お問い合わせくださいませ。
ご協力をよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-09-14 08:50 | 「ベビーモスリン®」販売 | Comments(0)

*東日本大震災から4年*

こんにちは。
今日で東日本大震災発生から丸4年になります。
この1年間で被災地の道路や電車の路線・駅などの復旧のニュースをよく目にし、復興が進んでいること嬉しく思う半面、実際にふるさとに戻って生活を再開できた人の割合の少なさを知ると愕然としてしまいます。
避難生活を送っている22万9千人もの人々が、今後恒久的に安心して住める災害公営住宅も、まだ完成したのはたった15%ほどだそうで、もっと多くの方たちが一日でも早く心休まる生活を送れることを願うばかりです。

震災発生直後から支援を続ける「ベビーモスリンプロジェクト」は、NPO法人ピースジャムさんと協力して昨年気仙沼に新工房を完成させ、ますますその活動の幅を広げています。
ベビーモスリン®とはイギリスのモスリンスクエアの日本版ですが、耳にされたことのない方も多いかもしれませんので、詳しくはこちらをご覧ください。
2013年より、Yukochocolat Workshopでもベビーモスリン®の販売協力をさせていただいており、たくさんの方々にご購入いただきました。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
引き続き販売協力は行っていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Yukochocolat Workshopでの販売協力については、こちらをご覧ください。
なお、今後の入荷は5月以降になってしまいますので、あらかじめご了承くださいませ。

政府の立てた集中復興期間の5年間も、残るところあと1年となります。
大小さまざまな課題が残り、思うように進んでいないことが多いのかもしれませんが、少しでも明るいニュースが増えることを願っています。

Yukochocolat Workshop
by yukochocolat | 2015-03-11 06:51 | 「ベビーモスリン®」販売 | Comments(0)

*東日本大震災から3年*

こんにちは。
2011年3月11日に発生した、東日本大震災から3年が経ちます。
今でも、当日の朝ずっと流れていたニュースの映像がはっきりと記憶に残っていて、時々思い出します。
先日新聞で、震災を経験した子供たちがこれまで心に秘めていた当日の記憶を、去年中ごろから児童一人一人から聞き始めたという学校の記事を読みました。
これまではなるべく思い出さないように、触れないようにしていたけれど、話さず心に留めておくことが逆に苦しくて、ある児童が話し始めたそうです。
そうして話したのち、その児童はこれまで悪夢で夜目が覚めていたのがなくなったそうです。
1995年に起きた阪神・淡路大震災の時も、同じように数年後子供たちから震災当時のことを聞き始めていく運動が始まったそうで、適切な時期かどうかについて個人差はあるとしても、その段階へきているようです。
どれだけのことを抱え込んでいるのか、私には想像も尽きませんが、少しでもその重さを軽減させてあげてほしいと願うばかりです。

震災当時赤ちゃんだった子供たちももう3歳。
震災当初から東北のママさんにロンドンからモスリンスクエアを届ける活動を行っていた、ベビーモスリンプロジェクトのみなさんは、その後も活動の輪を広げておられます。
2012年より拠点を日本に移し、新たに日本で生地作りから始め、気仙沼で縫製を行って作られるベビーモスリンが誕生しました。
現在Yukochocolat Workshopでもベビーモスリンの販売に協力させていただいており、去年6月の販売開始以降、たくさんの方々にご購入いただきました。
使ってくださっている方々からは、吸水性が良く、洗濯しても肌触りが良いのが魅力的、何度洗ってもよれないし、素材もふんわり気持ち良い、マークも可愛くて気に入っているという声が届いています。
普通のタオルで嫌がったのに、ベビーモスリンなら気持ち良さそうに顔を拭かせてくれたというコメントもありました。
赤ちゃんやお子さんだけでなく、日常生活でも皿拭きなどとしても重宝します。
微力ではありますが、今後もこの活動を続けていきたいと思っています。

販売についての詳細やそのほかのご意見など、メールまたはお越しいただいた際に、直接お問い合わせくださいませ。
ご協力をよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2014-03-10 09:52 | 「ベビーモスリン®」販売 | Comments(0)