カテゴリ:製菓基礎コース( 16 )

*2016年春期・夏期スケジュール*

こんにちは。
パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。

≪基礎コース≫

第1回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_23294256.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツなども作業をしながらつかんでいただけると嬉しいです。

4月29日(金) 10時半~13時半頃(満席)
6月17日(金) 10時半~13時半頃(満席)
6月22日(水) 10時半~13時半頃(満席)
6月27日(月) 10時半~13時半頃(満席)
7月13日(水) 10時半~13時半頃(満席)
8月12日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
9月19日(月) 10時半~13時半頃(満席)


第2回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_23343265.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

5月23日(月) 10時半~13時半頃(満席)
6月23日(木) 10時半~13時半頃(残席2)
9月13日(火) 10時半~13時半頃(残席2)



第3回:シュー生地
e0180433_2340631.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は旬のいちごを使って作るクリームを詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

5月31日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
6月8日(水) 10時半~13時半頃(満席)
7月14日(木) 10時半~13時半頃(満席)
7月20日(水) 10時半~13時半頃(満席)
8月9日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
9月9日(金) 10時半~13時半頃(満席)
10月6日(木) 10時半~13時半頃



第4回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ
e0180433_23464294.png
おいしいスコーンを作るポイントは”温度”。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

6月2日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
6月24日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
9月28日(水) 10時半~13時半頃(満席)
10月3日(月) 10時半~13時半頃(満席)



第5回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_23483439.png


*次回の開催は2016年秋となります*



参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらでご確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-08-19 18:42 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2016年冬期スケジュール*

こんにちは。
パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。

≪基礎コース≫

第1回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_383065.png
おいしいスコーンを作るポイントは”温度”。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

1月8日(金) 10時半~13時半頃(満席)
4月19日(火) 10時半~13時半頃(満席)



第2回:シュー生地~カスタードクリームのプチシューとパリ・ブレスト
e0180433_384986.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
丸い形をしたパリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

1月29日(金) 10時半~13時半頃(満席)
2月8日(月) 10時半~13時半頃(満席)
4月20日(水) 10時半~13時半頃(残席2)



第3回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_39627.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

2月4日(木) 10時半~13時半頃(満席)



第5回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_22114817.png

ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

2月14日(日) 10時半~13時半頃(残席1)
4月8日(金) 10時半~13時半頃(残席1)



第6回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_3114322.png





参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらでご確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop

yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2016-03-20 23:23 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2015年秋期・冬期スケジュール*

こんにちは。
秋から基礎コースも新たに日程を増やして行っていきます。
パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。

*なお、日程は今後も増やしていく予定ですが、「フルーツショートケーキ&焼き菓子」や「メレンゲ生地~ベリーのシャルロット」はフルーツが手に入りにくいため行えない場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。


≪基礎コース≫

第1回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_17552097.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

10月2日(金) 10時半~13時半頃(満席)


第2回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_17565552.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

10月5日(月) 10時半~13時半頃(残席1)


第3回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_1759314.png
おいしいスコーンを作るポイントは”温度”。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

10月29日(木) 10時半~13時半頃(満席)
11月23日(月) 10時半~13時半頃(満席)
11月30日(月) 10時半~13時半頃(残席2)


第4回:シュー生地
e0180433_1804430.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
丸い形をしたパリ・ブレストと、カスタードのプチシューを作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

*日程のお知らせは10月下旬となります。


第5回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_1825688.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

*日程のお知らせは10月下旬となります。



参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahooのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらでご確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-09-22 18:04 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2015年春期・夏期スケジュール*

こんにちは。
4月より製菓基礎コースを再開いたします。
全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。
*なお、日程は今後も増やしていく予定ですが、「2種のアップルパイ」「チョコレートとキャラメルのケーキ」のレッスンは夏期は行いませんので、あらかじめご了承くださいませ。


《基礎コース》

第1回:シュー生地
e0180433_7124141.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
丸い形をしたパリ・ブレストと、プチシューを作りますが、プチシューは季節によってカスタードか苺のどちらかになります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

≪パリ・ブレストとカスタードのプチシュー≫
カスタードと生クリームを合わせたシュークリームと、パリ・ブレストの2種類を作ります。

4月2日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
4月8日(水) 10時半~13時半頃(満席)

≪パリ・ブレストと苺のプチシュー≫
苺のカスタードを詰めたシュークリームと、パリ・ブレストの2種類を作ります。

6月4日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
6月5日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
6月8日(月) 10時半~13時半頃(満席)
9月23日(水) 10時半~13時半頃(残席1)


第2回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_7191969.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

4月13日(月) 10時半~13時半頃(満席)
5月27日(水) 10時半~13時半頃



第3回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_722457.png
おいしいスコーンを作るポイントは”温度”。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

4月23日(木) 10時半~13時半頃(満席)
6月2日(火) 10時半~13時半頃(満席)
7月28日(火) 10時半~13時半頃(満席)



第4回:チョコレートとキャラメルのケーキ
e0180433_725149.png
いくつもの材料を組み立てて仕上げる面白さを感じていただきたいケーキです。
チョコレートとキャラメルの2種類のムースを作り、スポンジやビスケットも重ねていきます。
ケーキの表面にはグラッサージュというチョコレートの上掛けをします。
一つ一つを作るのは難しくなくても、それを重ねて仕上げていくので手間はかかりますが、すべてを一緒に食べたときの美味しさを味わっていただけると嬉しいです。

6月9日(火) 10時半~13時半頃(満席)

 

第5回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_7301141.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

5月19日(火) 10時半~13時半頃(満席)
6月11日(木) 10時半~13時半頃(満席)
6月22日(月) 10時半~13時半頃(満席)
6月29日(月) 10時半~13時半頃(満席)
7月21日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
8月18日(火) 10時半~13時半頃(満席)
9月22日(火) 10時半~13時半頃



第6回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_7312046.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

5月28日(木) 10時半~13時半頃(満席)
6月17日(水) 10時半~13時半頃(満席)
7月6日(月) 10時半~13時半頃(満席)
9月16日(水) 10時半~13時半頃(残席2)



参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-06-01 00:25 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2015年冬期スケジュール*

こんにちは。
2015年1月より製菓基礎コースを始めます。
全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。
*なお日程は今後も増やしていく予定ですが、2・3月の追加日程は1月以降のお知らせとなります。


《基礎コース》

第1回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_3593165.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

1月6日(火) 10時半~13時半頃

3月10日(火) 10時半~13時半頃(満席)


第2回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_431316.png
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

1月9日(金) 10時半~13時半頃(残席2)

1月23日(金) 10時半~13時半頃(満席)

2月20日(金) 10時半~13時半頃(満席)

3月20日(金) 10時半~13時半頃(満席)


第3回:シュー生地~パリ・ブレストとカスタードのプチシュー
e0180433_4634.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回はカスタードと生クリームを合わせたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

1月14日(水) 10時半~13時半頃(満席)

1月19日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

2月19日(木) 10時半~13時半頃(満席)

4月2日(木) 10時半~13時半頃(満席)


第4回:チョコレートとキャラメルのケーキ
e0180433_2323953.png
いくつもの材料を組み立てて仕上げる面白さを感じていただきたいケーキです。
チョコレートとキャラメルの2種類のムースを作り、スポンジやビスケットも重ねていきます。
ケーキの表面にはグラッサージュというチョコレートの上掛けをします。
一つ一つを作るのは難しくなくても、それを重ねて仕上げていくので手間はかかりますが、すべてを一緒に食べたときの美味しさを味わっていただけると嬉しいです。

2月11日(水) 10時半~13時半頃(満席)


第5回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_4124145.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

*日程のお知らせは2015年4月以降となります。


第6回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_4144951.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

*日程のお知らせは2015年4月以降となります。



参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-02-14 00:35 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2014年秋期スケジュール*

こんにちは。
全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。


《基礎コース》

第1回:チョコレートとキャラメルのケーキ
e0180433_19133214.png
ケーキを組み立てていく面白さを感じていただきたいケーキです。
チョコレートとキャラメルの2種類のムースを作り、スポンジやビスケットも重ねていきます。
ケーキの表面にはグラッサージュというチョコレートの上掛けをします。
一つ一つを作るのは難しくなくても、それを重ねて仕上げていくので手間はかかりますが、すべてを一緒に食べたときの美味しさを味わっていただけると嬉しいです。

10月7日(火) 10時半~13時半頃(満席)
12月15日(月) 10時半~13時半頃(残席1)


第2回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ
e0180433_19115125.png
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとのコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

10月13日(月) 10時半~13時半頃(満席)
11月24日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

~今年のレッスンは終了しました。2015年1月以降に再開します。~

第3回:シュー生地~パリ・ブレストとカスタードのプチシュー
e0180433_19203972.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回はカスタードと生クリームを合わせたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

10月17日(金) 10時半~13時半頃(満席)

~今年のレッスンは終了しました。2015年1月以降に再開します。~


第4回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_19225333.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

10月1日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
11月4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
11月14日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

~今年のレッスンは終了しました。2015年1月以降に再開します。~


第5回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_1974022.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

9月8日(月) 10時半~13時半頃(満席)
9月14日(日) 10時半~13時半頃(残席1)

~今年のレッスンは終了しました。2015年春に再開します。~


第6回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_1985047.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

10月10日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

~今年のレッスンは終了しました。2015年春に再開します。~




参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2014-12-04 06:37 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2014年夏期スケジュール*

こんにちは。
フルーツがおいしい季節になり、6月より基礎コースのレッスンを開催しています。
夏期はフルーツを使うケーキを中心に行っており、フルーツの季節が終わるまで開催していく予定です。
9月以降は「アップルパイ」や「チョコレートとキャラメルのケーキ」のレッスンも開始となりますので、10月以降の主な日程はこちらをご覧ください。

全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。



《基礎コース》

第1回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_1383447.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

6月16日(月) 10時半~13時半頃(満席)
6月26日(木) 10時半~13時半頃(満席)
         14時半~17時半頃(残席1)
7月31日(木) 10時半~13時半頃(満席)

8月26日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

9月8日(月) 10時半~13時半頃(満席)
9月14日(日) 10時半~13時半頃(残席1)



第2回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_1384674.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

6月19日(木) 10時半~13時半頃(満席)
6月24日(火) 10時半~13時半頃(満席)

8月18日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
8月25日(月) 10時半~13時半頃(残席1)

10月10日(金) 10時半~13時半頃(残席2)



第3回:シュー生地~パリ・ブレストといちごのプチシュー
e0180433_739763.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールは、レストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は旬のいちごを使って作るクリームを詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

7月24日(木) 10時半~13時半頃(残席1)

8月11日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
8月19日(火) 10時半~13時半頃(満席)

9月10日(水) 10時半~13時半頃(満席)



第4回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_116240.png
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

8月14日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

10月13日(月) 10時半~13時半頃(満席)



第5回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_72307.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

9月2日(火) 10時半~13時半頃(残席2)

10月1日(水) 10時半~13時半頃(満席)


第6回:チョコレートとキャラメルのケーキ
e0180433_7282545.png
ケーキを組み立てていく面白さを感じていただきたいケーキです。
チョコレートとキャラメルの2種類のムースを作り、スポンジやビスケットも重ねていきます。
ケーキの表面にはグラッサージュというチョコレートの上掛けをします。
一つ一つを作るのは難しくなくても、それを重ねて仕上げていくので手間はかかりますが、すべてを一緒に食べたときの美味しさはを味わっていただけると嬉しいです。

10月7日(火) 10時半~13時半頃(満席)


参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2014-09-09 01:14 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2013~2014年冬期スケジュール*

こんにちは。
新年1月より、製菓基礎コースを開催いたします。
全6回のうち4回までのお知らせとなりますが、その他2つのレッスン「フルーツショートケーキ」と「メレンゲ生地~ベリーのシャルロット」については、フルーツが出回る春ごろに日程をお知らせいたします。
あらかじめご了承くださいませ。

全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。


《基礎コース》

第1回:タルト生地
e0180433_0451524.png
レモンタルトと洋ナシのタルト
アーモンドクリームをタルト生地と一緒に焼くタイプのタルトを2種類作ります。
土台は一緒のようで、2つともまったく違うタイプに仕上がります。

1月24日(金) 10時半~13時半頃(満席)
2月14日(金) 14時半~17時半頃(満席)
5月2日(金) 10時半~13時半頃(満席)


チョコレートタルトとレモンタルト
組み合わせの違う、もう一つのタルトレッスンです。
空焼きしたタルトにチョコレートクリームを乗せ、表面はグラッサージュというチョコレートの上掛けをして光沢を出します。

2月12日(水) 10時半~13時半頃(満席)
3月14日(金) 10時半~13時半頃(満席)
5月6日(火) 10時半~13時半頃(満席)


チョコレートタルトと洋ナシのタルト

2月24日(月) 10時半~13時半頃(満席)


第2回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_058538.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

2月7日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
3月6日(木) 10時半~13時半頃(満席)
4月15日(火) 10時半~13時半頃(満席)




第3回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_116240.png
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

2月28日(金) 10時半~13時半頃(満席)
3月4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
5月13日(火) 10時半~13時半頃(残席2)



第4回:シュー生地~パリ・ブレストとカスタードのプチシュー
e0180433_133927.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
エクレアはイギリスでもよく見かけますね。
それ以外にも中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールはレストランでも最初の一口としてよく見かけます。
形や組み立てを変えることで新しい名前の全く違う味わいに変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は一般的なカスタードクリーム(ホイップとミックス)を詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

3月7日(金) 10時半~13時半頃(満席)
3月10日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
4月23日(水) 10時半~13時半頃(残席1)



第5回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_1383447.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

*日程は5月頃のおしらせとなります。



第6回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_1384674.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

*日程は5月頃のおしらせとなります。




参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~4名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2014-04-12 01:31 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2013年秋期スケジュール*

こんにちは。
9月より「製菓基礎コース」を開催いたします。

全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。


《基礎コース》

第1回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
e0180433_575534.png
ビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。

9月4日(水) 10時半~13時半頃





第2回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
e0180433_58939.png
スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。

9月18日(水) 10時半~13時半頃(残席1)
9月27日(金) 10時半~13時半頃(満席)





第3回:シュー生地~パリ・ブレストといちごのプチシュー
e0180433_583250.png
お菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
シュークリームはあまりありませんが、形を変えたエクレアはイギリスでもよく見かけますね。
その他中にクリームは詰めないで表面に粗い砂糖をまぶしたシュケットや、チーズを入れ混ぜて焼いたグジェールはレストランでも最初の一口としてよく見かけます。
今回はいちごのクリームを詰めたプチシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。

10月2日(水) 10時半~13時半頃(満席)
10月25日(金) 10時半~13時半頃(残席2)




第4回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
e0180433_23311582.png
生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、少し余ってしまうパイ生地を使ってもう一つ簡単にできるアップルパイも作ります。
相性の良いバニラアイスクリームは簡単に手作りできるので、ぜひご家庭で作ってみていただけると嬉しいです。

10月8日(火) 13時~16時頃(残席1)




第5回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
e0180433_23313184.png
おいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。

10月16日(水) 10時半~13時半頃(残席1)




第6回:タルト生地~レモンタルトと洋梨タルト
e0180433_23314462.png
アーモンドクリームをタルト生地と一緒に焼くタイプのタルトを2種類作ります。
土台は一緒のようで、2つともまったく違うタイプに仕上がります。
フルーツが減ってくるこれからの季節に、大活躍してくれるタルトです。

10月30日(水) 10時半~13時半頃(満席)




参加費
各回お一人35ポンド

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~4名

お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-10-13 06:45 | 製菓基礎コース | Comments(0)

*2013年春期スケジュール*

こんにちは。
3月から製菓基礎コースを始めています。
7月と8月に日程を追加したレッスンもありますので、ぜひご覧ください。

全6回のレッスンの中で、パイ生地やスポンジ生地など、お菓子の基礎となる様々な生地の作り方と、それを使ったお菓子を紹介していきます。
素材や器具の知識についても触れていきますので、お菓子作りは全くの初心者という方にも、色々な発見をしながら興味を持っていただけたら嬉しいです。
レッスンはそれぞれ約3時間で少人数で行いますので、一つ一つの作業をじっくりと体験していただけます。
気になるレッスンだけを受けていただいても構いませんので、興味のある方はメールにてお問い合わせください。



《基礎コース》


第1回:2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム
    3月15日(金) 10時半~13時半頃(満席)
    3月19日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    3月20日(水) 10時半~13時半頃(満席)

e0180433_157291.jpg生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
アップルパイに相性の良いバニラアイスクリームも手作りし、アップルパイ以外のパイ生地の応用もご紹介します。




第2回:スコーンと焼き菓子2種(チョコとコーヒーのサブレ&チョコマドレーヌ)
    3月28日(木) 10時半~13時半頃(残席1)
    4月2日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    4月19日(金) 10時半~13時半頃(残席2)
    6月19日(水) 10時半~13時半頃(満席)

e0180433_15531413.jpgおいしいスコーンを作るポイントは温度。
シンプルなだけに、ちょっとコツでぐんとおいしく仕上げることができます。
しっとりしたチョコレートのマドレーヌと、コーヒー風味のチョコクリームをサンドしたサブレも一緒に作ります。
手軽に作れるお菓子3種をお楽しみください。




第3回:シュー生地~パリ・ブレストとプチシュー~
    4月9日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    4月11日(木) 10時半~13時半頃(満席)
    4月12日(金) 10時半~13時半頃(満席)
    4月16日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    6月18日(火) 10時半~13時半頃(満席)

e0180433_1554065.jpgお菓子作りにおいては欠かすことのできないシュー生地です。
シュークリームはあまりありませんが、形を変えたエクレアはイギリスでもよく見かけますね。
形や組み立てを変えると新しい名前のお菓子に変わるのも、シュー生地の面白さです。
今回は一般的なカスタードクリーム(ホイップとミックス)を詰めたシュークリームと、丸い形をしたパリ・ブレストの2種類を作ります。
パリ・ブレストにはプラリネ(アーモンドをペースト状にしたもの)を使ったクリームを詰めますが、このプラリネのおいしさはやみつきになります。


第4回:フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)
    4月26日(金) 10時半~13時半頃(満席)
    4月30日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    6月4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    6月5日(水) 10時半~13時半頃(満席)
    7月24日(水) 10時半~13時半頃

e0180433_15542834.jpgスポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツもお教えします。





第5回:タルト生地~チョコレートタルトとフルーツタルト
    5月3日(金) 10時半~13時半頃(満席)
    5月7日(火) 10時半~13時半頃(残席1)
    5月9日(木) 10時半~13時半頃(満席)
    5月10日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
    6月7日(金) 10時半~13時半頃(満席)

e0180433_1555060.jpgタルト好きな方も多いと思いますが、大変なのは生地を綺麗に型に敷く作業ではないでしょうか。
練習が第一ですが、生地の状態を知って上手く扱うことがとても大切です。
良い状態で焼いて、サクサクの食感を楽しんでください。





第6回:メレンゲ生地~ベリーのシャルロット
    5月28日(火) 10時半~13時半頃(満席)
    5月30日(木) 10時半~13時半頃(満席)
    5月31日(金) 10時半~13時半頃(満席)
    7月15日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
    8月1日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

e0180433_1555215.jpgビスキュイ・キュイエールという名前のついたメレンゲ生地で、ティラミスにも使うフィンガー・ビスケットと同じメレンゲの生地を使ったお菓子です。
中にはいちごのムースを入れ、フレッシュいちごでデコレーションをします。
ヨーロッパでは主流の板ゼラチンを使いますが、ゼラチンについても詳しくご説明します。


〈参加費:各回お一人35ポンド〉


場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
2~4名

ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方は、キャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2013-06-29 22:00 | 製菓基礎コース | Comments(0)