*2017年 4月・5月講習会スケジュール*

こんにちは。
5月で産休に入るお知らせをしたところ、たくさんの方々からリクエストと共に温かいメッセージをいただきまして、本当にありがとうございます。
可能な限りレッスンを行っていきたいと思っています。
4月は学校のお休み&イースターも重なり、日程の調整が難しい方々も多いことと思いますが、お越しいただけることになりましたら嬉しいです。
日程のお知らせのあとに、それぞれのお菓子の詳細について説明しておりますのでご覧下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

≪日程≫

4月
3日(月)&13日(木) 「フルーツショートケーキ」 満席
5日(水) 「タルト・タタン」
11日(火) 「ガトー・プランタン」
12日(水) 「ミルフィーユ」 満席
18日(火)&19日(水) 「フレジエ・カスタード」 満席
21日(金) 「クラフティ・オ・スリーズ」 満席
26日(水) 「ザッハ・トルテ」 満席
28日(金) 「カヌレと紅茶のシフォンケーキ」 満席

5月
2日(火) 「タルト2種」 満席

3日(水) 「アップルパイ」 満席
4日(木) 「ザッハ・トルテ」 満席
9日(火) 「チーズケーキ2種」 満席
16日(火) 「フルーツショートケーキ」 満席
12日(金)&23日(火) 「紅茶のシフォンケーキとフィナンシェ」 満席




≪お菓子の紹介≫

「フルーツショートケーキ&焼き菓子(ラズベリージャムをサンドしたチョコクッキー)」
e0180433_315273.png

スポンジ生地とイギリス特有の甘酸っぱいいちごやベリー系のフルーツを使って、ショートケーキを一台仕上げます。
濃厚なダブルクリームを使い、クリームの塗り方やデコレーションのコツなども作業をしながらつかんでいただけると嬉しいです。
久しぶりの日本の味をお楽しみください。

4月3日(月) 10時半~13時半頃(満席)
4月13日(木) 10時半~13時半頃(満席)
5月16日(火) 10時半~13時半頃(満席)


〈参加費:お一人40ポンド〉



「ママンのタルト・タタンとキャラメルアイス」
e0180433_86264.png

フランスではお母さん(ママン)のおやつの定番、タルト・タタンです。
りんごをフライパンで焼いて軽く火を入れてから、ブリゼ生地(ショートクラスト生地)かパイ生地をかぶせてオーブンでじっくりと焼いてりんごの美味しさを閉じ込めます。
今回はパイ生地を使いますがそれも手作りし、一緒に食べると相性の良いキャラメルアイスクリームも作ります。
シナモンやレーズンを入れて自分の好みでアレンジもできますので、ぜひレパートリーに加えていただけると嬉しいお菓子です。

4月5日(水) 10時半~13時半頃(残席2)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「ガトー・プランタン」
e0180433_133734.png
甘酸っぱいレモンのムースの中に、いちごのコンポートを入れた春らしいケーキです。
レモンのムースには、しっかりアルコールは飛ばしますが甘めのホワイトワインを使います。
シリコン製の半球型という型を使用しますが、もちろん丸型やパウンド型など自由に形を変えて作ることもできます。
土台はシンプルなバニラスポンジですが、ロールケーキに応用したり余ればとライフルに使ったりと、今後も役に立てていただけると思います。
飾りつけとして、表面には常温でも固まるアガーを使っていちごのゼリーを作り、好きな形にゼリーを抜き取ってデコレーションしていただきます。
*いちごのコンポートに少量のバナナが入ります。味はほとんどしませんが、バナナにアレルギーがある方や苦手な方は、バナナを入れずに作りますので、お申し込みの際にお知らせください。

4月11日(火) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「ミルフィーユ~カスタードとキャラメルカスタードの2種」
e0180433_3153946.png

パイ生地から手作りをしますが、ミルフィーユは膨らむパイ生地をわざと押しつけるように焼き、クッキーなどでは表現できないあの”ザクッ!ほろっ”とした食感を生み出します。
パイ生地作りは一日かかり、生地を冷やしながらバターの固さも調整しつつと気を遣いますので心折れそうになりますが、一度作り方が分かってしまえばそう難しい作業ではありません。
今回は基本のカスタードと、もう一つキャラメルのカスタードを作ります。
作るのに根気のいるお菓子ではありますが、2種類の味を楽しんでいただけましたら嬉しいです。

4月12日(水) 10時半~13時半頃(残席1)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「フレジエ・カスタード」
e0180433_2553458.png

ふんわりスポンジを土台に、カスタードとホイップを混ぜたクリームとベリーのゼリー、そして主役のいちごを丸ごと「トヨ型」という型に詰めました。
”雨どい”からつけられたこの形の緩やかな曲面に、フレッシュのいちごスライスをつけて仕上げることで、見た目がより華やかになります。
「フルーツロールケーキ」と同様、お菓子作りの基礎となるものが、これからお菓子作りを始めてみようと思っている方や、作ってみるけどまだ上手くできない方などにもお越しいただけると嬉しいです。

4月18日(火) 10時半~13時半頃(満席)
4月19日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「クラフティ・オ・スリーズ」
e0180433_8203580.png

クラフティとは、陶器で有名なフランスのリモージュが位置するリムーザン地方の伝統菓子です。
6月以降の夏に出回るチェリーを使って、家庭でもごくごく普通に作られ、初夏の到来を感じるお菓子です。
本来はフレッシュのチェリーを使いますが、種を取るだけでレッスン時間が過ぎそうなので、今回は缶詰のブラックチェリーを使います。
フレッシュチェリーを使う場合の作り方もレッスン中にご紹介しますので、夏になって目にするようになったらフレッシュのものでもぜひ作ってみてください。
ザクザク・ボロボロと崩れる(砕ける)意味の「ブリゼ」という生地を土台に、卵・クリーム・バニラ・砂糖を使ったアパレイユを流し込んで、チェリーと一緒に焼いていきます。
今回はブリゼ生地と同じ作り方でできるクッキーもご紹介します。

4月21日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「ザッハ・トルテとティグレ」
e0180433_2102554.png

ザッハ・トルテはあまりにも有名なオーストリアのチョコレート菓子ですが、レッスンで作るものは本場の物より少し軽めの仕上がりになっています。
作り方は簡単なのですが、混ぜ方だけで焼き上がりの食感が変わってしまう繊細さもあります。
混ぜ方のコツさえ分かってしまえば、きっと何度も焼いていただけるお気に入りのチョコケーキになるのではないかと思います。
一方のティグレは聞いたことも見たこともない方が多いかもしれません。
プーさんのキャラクターでもおなじみのティグレは、その見た目通り「虎」の意味です。
卵白を使うこの焼き菓子は、フィナンシェととてもよく似た作り方ですが、チョコチップを入れて虎のような斑点模様をつけるのが特徴です。

4月26日(水) 10時半~13時半頃(満席)
5月4日(木) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「カヌレと紅茶のシフォンケーキ」
e0180433_295117.png

フランス・ボルドー地方のお菓子カヌレと、香りも良いアールグレイを使ったシフォンケーキの2つを作ります。
カヌレは、実は材料を混ぜて焼くだけの簡単な焼き菓子です。
今回はシリコン型を使いますが、焼きムラが多いと言われるシリコン型でもこんがり美味しく焼き上げられます。
シフォンケーキは周りにホイップクリームを塗って仕上げますが、そのホイップも紅茶味にします。
ふわふわのシフォン生地に、紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。

4月28日(金) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「タルト2種~フルーツタルトと洋梨タルト」
e0180433_3474271.png
アーモンドクリームと洋梨をタルト生地に入れて一気に焼き上げる洋梨のタルトと、空焼きしたタルト生地にカスタードクリームを敷き、旬のフルーツを飾るフルーツタルトの2種類を作ります。
土台のタルト生地は同じでも、全く味わいが変わる2つの違いを楽しんでいただけると嬉しいです。

5月2日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人40ポンド〉



「2種類のアップルパイ&バニラアイスクリーム」
e0180433_131362.png

生地とバターを交互に折り込み、何百もの層を作ることで膨れ上がるパイ生地は、作るのは少々大変ですが、出来立てのおいしさをぜひ味わってください。
りんごのコンポートを包み込んだアップルパイと、もう1種類は余り生地を使った簡単アップルパイを作ります。
パイ生地を応用して作るパルミエや、手作りのバニラアイスクリームも気に入っていただけると嬉しいです。

5月3日(水) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉



「チーズケーキ2種」
e0180433_1522944.png
クリームチーズに加え、サワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキは”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレはメレンゲをゆるく立てるので、蒸し焼きにしてもある程度しっかりとした食感が残ります。
また、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
作り方も簡単な上、常温でも数日楽しめ、冷凍もできるのできっとご自宅でもまた作ってみていただけると思います。
レッスンではスフレチーズケーキをご試食いただき、ベイクドチーズケーキを一台お持ち帰りいただきます。

3月31日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
5月9日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉


「紅茶のシフォンケーキとフィナンシェ」
e0180433_3492568.png

香りも良いアールグレイを使ったシフォンケーキと、アーモンドの香りとカリッとした食感が美味しいフィナンシェの2つを作ります。
シフォンケーキは周りにホイップクリームを塗って仕上げますが、そのホイップも紅茶味にします。
ふわふわのシフォン生地に、紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
フィナンシェはシンプルにプレーンの味ですが、シーズンのラズベリーを加えて一緒に焼き上げます。
ラズベリーの酸っぱさがコクのあるフィナンシェととても良く合います。

5月12日(金) 10時半~13時半頃(満席)
5月23日(火) 10時半~13時半頃(満席)

〈参加費:お一人35ポンド〉




場所
Kew Gardens(Zone3+4)
Kew Gardens駅からは徒歩約10分
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。
なお、お車でお越しの場合はお申し込みの際にお知らせくださいませ。


定員
3~5名


お持ち物
エプロンとスリッパ


講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
*お知らせ*
Yahoo Japanのメールアドレスからご連絡くださる場合、届かないことがまれにございます。
ご連絡いただいてから3日経っても何も返事がない場合は、届いていない可能性がありますので、お手数ですがブログのコメント欄へご希望日程とメールアドレスを残していただけますと幸いです。
コメントは認証制のため表示されることはなく、こちらで確認させていただいたのちに削除させていただきます。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2017-04-24 06:37 | お菓子講習会スケジュール | Comments(0)
<< *お休みのお知らせ* *東日本大震災から6年~「ベビ... >>