*南イタリア・プーリア地方① Bilbao~Lecce*

e0180433_0504872.jpg
こんにちは。
ロンドンはまだ涼しい5月、暖かさと美味しいパスタを求めてプーリア地方へ行ってきました。
ナポリよりももっと南、ブーツのかかと部分にあたります。
以前この地方のパスタ「オレッキエッテ」の作り方を習い、いつか行ってみたいなと思っていたんですが、調べてみるとイタリアで作られるオリーブオイルの40%がこの地方で作られていたり、ワインの生産量もとても多く、ここに美味しいものがないわけがない!と今回目的地に決めました。
e0180433_7412358.jpg
今回プーリアは初めてなので、なるべくたくさんの場所を見たいということで、かかと南部の玄関口Bilbaoへ飛び、帰りは北部の中心地Bariからロンドンへ戻る飛行機で行きました。
電車の便はそれほど良くなさそうだったので、空港からレンタカーをして各地を回ることに。
Bilbaoの空港からまず目指すは、南イタリアのフィレンツェと呼ばれるバロックの街Lecce:レッチェです。
空港からの道はとても走りやすく、オリーブの木々を眺めながら1時間ほどでレッチェヘ到着です。
ホテルに荷物を置き、まずは腹ごしらえと街を歩いていると教会で結婚式が行われていました。
イタリアではトイレットペーパーを車に巻くようですね。これでもかと巻いた後、さらにロールを屋根の上に置いていました。
e0180433_7413862.jpg
今回泊まったのはレッチェの旧市街で、迷路のように入り組んだ細い道にそれにちょうど良い小さな車が通っていきます。
建物を建てる際に発見された円形闘技場は2/3ほど発掘された状態で止まっています。
Santa Croce教会に象徴されるように、レッチェはバロック様式の建物が旧市街のあちらこちらで見られ、500年近くも前にこれほどの技術があったことに感心するばかりです。
e0180433_7551921.jpg
La Torre di Merlinoというホテルの近くでお昼を食べ、最初のオレッキエッテにありついたのですが、海鮮とオレンジというちょっと面白い組み合わせに挑戦したらこれが大失敗!
プーリア北部のソフトチーズ「Burtata:ブッラータ」もあったので試してみたりしましたが、全体的にまぁまぁでした。。
e0180433_893422.jpg
とても良いお天気だったので、気を取り直してもう少し南下してアドリア海を眺めに行くことにしました。
夏はホリデーを楽しむヨーロピアンで賑わうOtranto:オットラントで、この旅最初のジェラート!
チェーン店だとあとで知りましたが、コーヒーと共にとても美味しかったです。
さらに南下してお勧めとあったPorto Badiscoとそこからももう少し海沿いを走りましたが、とても眺めも良くて気持ちのいいドライブでした。

夜はOsteria Degli Spiritiというレストランに行ったんですが、ここがこの旅で一番といってもいいほどサービスや料理など全てにおいてとても良かったです。
e0180433_8304378.jpg
今回全体を通して、スターターに「盛り合わせ二人分」というメニューが多く、おすすめのものを小さなポーションでいくつか味わえてとても良かったです。
写真右上は忘れちゃいましたが、真ん中は人参ムース、右下はブラックライスと野菜や海の幸のスターターで、特に後半二つは軽く飛び上がる美味しさでした。
e0180433_83056100.jpg
上二つはスターターの続きで、左はじゃがいもとクリーム(ベシャメルのようでした)のミルフィーユ、右はナス・・・だったような。
下二つがメインとして取ったパスタ2種類で、左は魚介とトマトのタリアッテッレ、右はまたもオレッキエッテでルッコラたっぷりでサラダ感覚で軽い仕上がりになっていました。
どちらも美味しいことこの上なかったです。
e0180433_831544.jpg
コーヒーのお共はどちらもアーモンドプードルをたっぷりと使ったビスケットで、私にはちょっと重かったですが、J氏は気に入ったようです。
メニューは、ちょっとズレがあったものの英語のものも用意されていたし、サービスの人も英語が話せるのでとてもありがたかったです。
e0180433_237935.jpg

by yukochocolat | 2015-05-13 07:39 | ちょっと遠出 | Comments(0)
<< *南イタリア・プーリア地方② ... *お知らせ* >>