*2015年7月・8月の講習会スケジュール*

こんにちは。
夏野菜や果物がおいしい季節となりました。
今年も夏はベリーを中心にフルーツを使ったケーキを作っていきます。
リクエストいただいたレッスンも含め、季節の終わる9月末頃までは色々なデザートを作っていきますので、興味のあるお菓子を見つけていただけましたら嬉しいです。
*引き続き「製菓基礎コース」や「製菓中級コース」も行っております。
合わせてご覧くださいませ。

「フレジエ・ムース」
e0180433_5542094.png
いちごのケーキといえば、フランスでは「Fraisier:フレジエ」です。
スポンジを土台に、バタークリームとカスタードクリームを合わせたクリームを詰め、フレッシュのいちごを加えた、この季節ならフランスのどのお菓子屋さんでも見かけるお菓子です。
少し重くなりがちな印象のこのフレジエを、ムース仕立てにアレンジしたのがこの「フレジエ・ムース」です。
いちごとバニラの2種類のムースを組み立て、いちごを飾っています。
ケーキの底とそれぞれのムースの間にはマカロン生地を使っており、メレンゲとアーモンドプードルを合わせたカリカリ&もっちり生地が、単調になりがちなムースに違う食感を与えてくれます。
もともとバニラよりもいちごのムースの割合が多いのですが、表面にたっぷりといちごを並べることで、よりいちごの甘さと爽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。

〈参加費:お一人35ポンド〉



「フレジエ・カスタード」
e0180433_6272744.png
こちらも本来のフレジエをアレンジしたもので、名前の通りケーキのメインはカスタードとホイップを混ぜたクリームで、トヨ型という型を使って作るのが特徴です。
雨どいからつけられたこの形の緩やかな曲面に、フレッシュのいちごをつけて仕上げることで、見た目がより華やかになります。
土台は別立てタイプのふわふわスポンジ生地で、カスタードと中にも丸ごと入っているいちごとの相性をぜひ楽しんでください。
スポンジもカスタードもどちらもお菓子作りでは基礎となるものですので、これからお菓子作りを始めてみようと思っている方や、作ってみるけどまだ上手くできない方などにもお越しいただけると嬉しいです。

〈参加費:お一人35ポンド〉


日時
「フレジエ・ムース」e0180433_6185024.png
7月
20日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
23日(木) 10時半~13時半頃(満席)
30日(木) 10時半~13時半頃(満席)

8月
5日(水) 10時半~13時半頃(満席)



「フレジエ・カスタード」e0180433_6482483.png

7月
17日(金) 10時半~13時半頃(残席1)
27日(月) 10時半~13時半頃(残席2)
29日(水) 10時半~13時半頃(満席)

9月
15日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
18日(金) 10時半~13時半頃(満席)
24日(木) 10時半~13時半頃(残席2)



≪その他のレッスン≫

「チーズケーキ2種」
e0180433_6193064.png
クリームチーズに加えてサワークリームも入れて焼いたベイクドチーズケーキと、メレンゲを入れたスフレチーズケーキの2種類を作ります。
ベイクドチーズケーキの方は、チーズケーキにはあまり使わない”ある材料”を加えて焼くことで、いつもとはちょっと違ったコクのある味に仕上がっています。
スフレチーズケーキに使うメレンゲは、しっかりとは泡立てないのがポイントで、焼き上がりの食感がある程度しっかりとしているのが特徴です。
レッスンでは、少し食感を変えるのにちょうどよい、アーモンドのチュイルも一緒に作ります。
ベイクドチーズケーキをお持ち帰り用として丸型15cmで1台焼き、スフレチーズケーキを試食していただきます。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
7月16日(木) 10時半~13時半頃(残席1) 
8月3日(月) 10時半~13時半頃(満席) 
9月25日(金) 10時半~13時半頃(残席1) 



「レアチーズケーキ」
e0180433_649696.png
ソフトチーズにホワイトチョコレートも混ぜてみた、なめらかで濃厚なクリームにベリーのソースが良く合います。
市販のクッキーを砕いて溶かしたバターと混ぜて固めたものを土台によく使いますが、クッキー生地はとても簡単なのでこちらも手作りします。
今回はデコレーションに少し凝ってみたかったので、ご自宅でも簡単にできるレモンチップを作り、バニラビーンズと一緒に飾ってみます。
作って翌日になるとさらになめらかさが増し、その後数日間おいしく食べていただけますし、冷凍することもできますのでとても便利なデザートです。

〈参加費:お一人30ポンド〉

日時
8月4日(火) 10時半~13時半頃(満席)
9月3日(木) 10時半~13時半頃(残席1)



「抹茶とマンゴーのケーキ」
e0180433_641588.png
抹茶のスポンジ生地を土台に、抹茶のアングレーズソースに少しゼラチンを入れて固め、マンゴーのババロアで包んでいます。
抹茶の味を濃く出し、マンゴーは主張しない程度に抑えてありますが、あとからほんのりマンゴーの味が感じられます。
少し変わった組み合わせのケーキですが、おもしろい発見と思って楽しんでいただきたいと思います。
レッスンではドーム状に仕上げますが、丸や四角、フレジエ・カスタードでも使うトヨ型などでも作ることができます。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
6月17日(水) 14時半~17時半頃(残席2)
8月6日(木) 10時半~13時半頃(満席)



「クラフティ・オ・スリーズ」
e0180433_20564079.png
クラフティとは、陶器で有名なフランスのリモージュが位置するリムーザン地方の伝統菓子です。
6月以降の夏に出回るチェリーを使って、家庭でもごくごく普通に作られ、初夏の到来を感じるお菓子です。
本来はフレッシュのチェリーを使いますが、種を取るだけでレッスン時間が過ぎそうなので、今回は缶詰のブラックチェリーを使います。
フレッシュチェリーを使う場合の作り方もレッスン中にご紹介しますので、夏になって目にするようになったらフレッシュのものでもぜひ作ってみてください。
ザクザク・ボロボロと崩れる(砕ける)意味の「ブリゼ」という生地を土台に、卵・クリーム・バニラ・砂糖を使ったアパレイユを流し込んで、チェリーと一緒に焼いていきます。
今回はブリゼ生地と同じ作り方でできるクッキーもご紹介します。

〈参加費:お一人35ポンド〉

日時
7月7日(水) 10時半~13時半頃(満席)
7月9日(木) 10時半~13時半頃(残席2)



講習会は3~5名の少人数で行いますので、全ての作業を一つ一つ体験していただけます。
お菓子作りは初心者という方も、安心してご参加ください。
楽しく講習会をしたのちに、紅茶やコーヒと共に試食していただきます。
作ってみた感想やロンドンでの生活のことなど、みなさんとゆっくりお話できることも楽しみにしております。

場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはお申し込みをいただいた時にご説明いたします。

定員
3~5名

お持ち物
エプロンとスリッパ

講習会へのお申し込み、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。

Yukochocolat Workshop
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2015-06-14 06:50 | お菓子講習会スケジュール
<< *6月15日~30日* *6月1日~12日* >>