*マヨルカ島~パルマ近郊の町たち

マヨルカ島を調べていると、東西南北で地形もずいぶんと変わることや、町それぞれに特徴があるので、そのすべてを訪れたくなります。
その中で、今回はパルマ・デ・マヨルカから電車で行けるSollerという町と、島の東海岸にあるPort de Pollencaに車で行ってきました。

e0180433_0414957.jpg
e0180433_1122094.jpg
e0180433_121653.jpg
パルマとSollerを往復する電車で、片道1時間ほどなので日帰りで楽しめる小旅行です。
ちょうどアーモンドの花が満開になる時期だったので、山間に近づくにつれて景色はその花の色で埋め尽くされていきました。
Sollerはパルマの北東に位置する町で、その町に電車が到着すると、今度はトラムに乗り換えてさらに北上し、15分ほどでPort de Sollerに到着です。
波の穏やかなとても静かな港で、今は観光地として栄えている場所なのでオフシーズンのこの時期はそれほど人もおらず、車もほとんど走らない場所でとても落ち着けました。
太陽に当たりながらランチを済ませ、Sollerの町に戻ります。
町も本当に小さくて、ランチ後はほとんどのお店がシエスタに入ってしまうので開いておらず、カフェでお茶をしたのち電車の時間までぷらぷらお散歩をしたのですが、山々に囲まれた町なので路地の向こうには山々を眺めることができます。
2月はちょうどオレンジとレモンもシーズンなので、至る所で実がなっていました。
フレッシュオレンジジュースも美味しかったです~。

島の東方面へは、北部・中部・南部へと高速道路が走っており、Port de Pollencaへは30分ほどで行くことができます。
途中ちょこちょこ寄り道をして行きましたが、そのうちのひとつIncaは靴のCamperが生まれた町です。
Camperをはじめ、Incaはマヨルカ島一番の工業の町です。
また昔のワイン貯蔵庫を再利用したレストランがあるということで、そのうちの一つに行ってみました。
e0180433_1583427.jpg
マヨルカでオリーブを食べたとき、今まで食べていたものよりも苦めだなって思ったんですが、ここのオリーブはさらに苦味&酸味が強かったです。
でもなぜか止まらない・・・。その後お土産で買って帰ったものもすべて同じような感じで、これがマヨルカオリーブの特徴のようです。
料理も魚介から肉料理まで豊富で、私はイカの魚介詰め(イカ飯みたい!:写真右上)を頼んで美味しかったです。
J氏は豚肉を選び(写真中央)、ポーションも小さそうに見えるんですがこれがかなりのボリュームで、やっと食べ切ったという感じでした。
前菜で頼んだのが写真下の物ですが、これがこの土地の名物だそうで、本来は色々余り物を集めてポットで煮込んだものなのですが、これがなんともいえず美味しかったんです。
名前を忘れたのが残念。。
e0180433_282993.jpg
Port de Pollencaに到着したころには午後3時くらいになっていて、本当は島一番の洞窟DRACH CAVEに行きたかったんですが、今回は断念。
次回はぜひ行ってみたいと思います。
Port de Pollencaは海と山々が一度に見渡せて、すぐにでもハイキングを始めたくなる風景です。
実際にここを拠点に北東に伸びる半島をサイクリングする人も多いようで、たくさんのサイクリストを見かけました。
ちなみに、この半島ともう一つMa-2141というSollerから東に向かった場所は、海を眺めながら崖っぷちの道をドライブするので有名な場所で、絶景を楽しみたい方にはおすすめです。

ほかにもオリーブオイルの工場やワイナリーも巡りたかったのですが、今回は日曜日しかレンタカーしなかったので、また次回の楽しみにとっておこうと思います。
地元の人には、塩工場の見学もおすすめされました。
by yukochocolat | 2015-02-23 00:33 | ちょっと遠出 | Comments(0)
<< *マヨルカ島~パルマ・デ・マヨルカ* *マヨルカ島~美味しいものたち* >>