*12月9日~14日*

e0180433_9133630.png
12月の初め、一時帰国した私を迎えてくれたのは、背筋も伸びるような張りつめた冷たい空気でした。
空港に降りて外へ出た瞬間、一気に体中に冷たい空気が流れ込みびっくりしましたが、飛行機の中が暖かかったので最初は気持ちよかったです。
それにしても、滞在中の10日間は毎朝道路も一部凍結し、ロンドン北部では雪も見られる日もあり、この冬一番の寒さがやってきていたようです。
寒いのは辛かったけど、今年もヒートテックという強い味方もいましたし、滞在中ほぼ快晴の日が続いたことは、しばらく陽の目を見ていなかった私にとっては何より嬉しかったです。

e0180433_993553.png
今回滞在期間は短かったですが、シアトルへ行く前に開催できなかったレッスンをいくつか行うことができました。
お越しくださったみなさま、師走のお忙しい中、時間を調整していただきましてありがとうございました。
来て最初の週末にはミルフィーユを作りました。
クリームがゆるくて持ち運びを心配したことと、サクサク感をより楽しむため、みなさん仕上げたのはキャラメル1種類でしたが、ご自宅でバニラクリームも無事に組み立てられたでしょうか。
仕上げにはココアパウダーを振りかけて少しデコレーションしました。
バニラの方には粉糖を振りかけてくださいね。
パイ生地作りはとにかく時間がかかるのですが、シンプルな材料だけに、おいしいバターを使って折り込むと風味の良いパイ生地が出来上がります。
お時間があればいつか作ってみてくださいね。

e0180433_993284.png
週明けもパイ生地レッスンですが、こちらはアップルパイとパルミエです。
どちらもとても喜んでいただき、特にこの二つはパイ生地がオーブンの中で膨らんでいくのが見えるので、ぷっくり膨らんだ様子を見たときは感激でしたね。
ブリオッシュなどパンもそうですが、どうもこのぷっくり膨らんでいく姿に弱いですね。。。
アップルパイではクープといって、焼く前に生地に切れ目を入れるのですが、パイ生地が薄いためその力の強弱がとても難しいです。
私もいまだに上手くできないことがありますが、綺麗にできたときはパイ生地が焼きあがった後にとても綺麗な線が浮かび上がります。
今日はお一人6個くらい作ったので、出来上がりも徐々に綺麗になっていきましたね。
パルミエも気に入ってくださってよかったです。
ありがとうございました。

10月にも行いましたが、2009年版のクリスマスケーキのレッスンも行いました。
写真を忘れてしまっていました。ごめんなさい。。。
今回は飾りも用意できましたが、仕上げは帰ってからということでお預けです。
表面がつるつるしてあまり安定していないので、もしかするとサンタなどの飾りは上手く立たなかったかもしれませんが、みなさんどのようなデコレーションに仕上がったのでしょうか。
お友達どうしで来てくださり、初めての方もいらしてちょっと手の込んだケーキに疲れてしまったかもしれませんが、楽しんでいただけたようで嬉しかったです。
一つ一つの作り方はそう難しくありませんし、ガレットは(持って帰っていただくのを忘れてしまいましたが)普通に型抜きクッキーとして焼いていただいてもおいしいです。
良かったら使ってみてくださいね。ありがとうございました。

e0180433_9102764.png
ずっと前からリクエストをいただいていながらできなかった「チョコレートケーキと焼き菓子」のレッスンです。
今回仕上げに金箔スプレーを使ってみていただきました。
スーパーでも売られているよ、と教えていただきWaitroseに行ってみたらお菓子の材料コーナーにありました。
金と銀の2種類があり、今オファーをしているようですので、興味がある方はぜひ。
ただお遊びで使うようなものだけあって、強弱がなかなかに難しく、近づけすぎると濃すぎるし、遠すぎると付いているのかどうかが分からず、ちょっと悪戦苦闘しましたが、出来上がってみるとなんともゴージャスな仕上がりに。
スーパーにあるものでこれだけアレンジができるというのはいいですね。
色々とお話もゆっくりとできてとても楽しかったです。
ありがとうございました。

e0180433_9114753.png
最終日は10月以降ずっと延期したままだったマカロンのレッスンです。
また来年3月にも振り替えレッスンを行いますので、今日お越しいただけなかったみなさま、その時はよろしくお願いします。
甘すぎないクリームを、ということビターチョコレートと抹茶の2種類を作りました。
ここでも先日活躍したゴールドスプレーを使ってみることに。
焼く前の乾燥させる前と、焼いた後にスプレーするのではどう違うか実験してみましたが、このスプレーの場合はいつ振りかけても結果は変わらないようです。
どちらにしても、わりとしっかりとスプレーした方が良さそうです。
抹茶のマカロンには黒ゴマを一部振りかけてみましたが、黒ゴマやココアや抹茶のようなパウダーものは、乾燥させる前に振りかけておきます。
今回も70個以上のマカロンが出来上がりましたが、みなさん一体これをいつ作ろうか考えておられましたね。
きっと絞りは大変ではないので、サンドイッチのときにお友達を呼んでその後お茶をするのが一番良さそうですね。
いつかそんな風に楽しんでいただけたら嬉しいです。
by yukochocolat | 2012-12-14 08:47 | 講習会レポート | Comments(0)
<< *今年のツリー* *L2ビザ アメリカ大使館イン... >>