*チョコレートケーキと焼き菓子/モンブラン*

こんにちは。
10月に入り、すっかり秋の風が吹いています。
9月から行っているチョコレートケーキとモンブランのレッスンを、来週に行うことになりました。
日程については下記をご覧ください。
また週末のレッスンや、その他にもレッスンを開催予定です。
興味をお持ちの方は下記の【その他のレッスン】をご覧ください。

e0180433_7405060.png
 「チョコレートケーキと抹茶&黒ゴマの焼き菓子」

ここのところ毎月登場しているトヨ型ですが、引き続き活用していきます。
チョコレートケーキというと、フォンダンショコラやガトーショコラを思いつきますが、今回はチョコレート生地を焼くだけではなく、そこにもう一手間ガナッシュを作って生地との層を作り、表面をコーティングします。
この一手間とトヨ型を使うことで、また違ったチョコレートケーキが完成します。
見た目以上にとても簡単なケーキなので、今回はもう一つ、焼き菓子を作ります。
抹茶と黒ゴマという、とても和な素材を使いますが、アーモンドプードルやバターもふんだんに使った洋菓子です。
2,3日たったあたりがおいしい、マロングラッセも閉じ込めたちょっと贅沢な焼き菓子です。
レッスンではチョコレートケーキを一台仕上げていただき、焼き菓子もお持ち帰りいただきますので、2種類の味を数日お楽しみください。

〈参加費:お一人35ポンド〉




e0180433_159836.png
「モンブラン」

秋の定番「モンブラン」。
今回は2010年にも作った、ロールケーキのモンブランです。
中にはホイップクリームとカスタードクリームを入れて、マロングラッセもちりばめます。
そして表面にたっぷりと栗のクリームを塗り、メレンゲで飾りをつけます。
栗のクリームをピューレから手作りするので少し大変ではありますが、あとのスポンジ生地やカスタードクリームは基本中の基本のレシピです。
手作りの一味違ったモンブランをお楽しみください。

〈参加費:お一人35ポンド〉



日時

e0180433_7411220.png「チョコレートケーキと抹茶&黒ゴマの焼き菓子」

9月
7日(金) 10時半~13時半頃(残席1)

11日(火) 10時半~13時半頃(残席2)
14日(金) 10時半~13時半頃(満席)

18日(火) 10時半~13時半頃(満席)

10月
12日(金) 11時~14時頃(満席)
23日(火) 10時半~13時半頃(残席1)



e0180433_1592778.png「モンブラン」

9月
3日(月) 10時半~13時半頃(残席1)
5日(水) 13時~16時頃(残席2)
6日(木) 10時半~13時半頃(残席2)

19日(水) 10時半~13時半頃(残席2)
24日(月) 10時半~13時半頃(満席)

10月
9日(金) 11時~14時頃(満席)
26日(金) 14時半~17時半頃(残席2)

試食の時間が含まれています。





【その他のレッスン】

「中級コース:マカロン~チョコとベリーの2種」
e0180433_3401211.jpg
10月22日(月) 10時半~13時半頃(満席)

イタリアンメレンゲという、砂糖をいれるだけのものとはちょっと違ったメレンゲを使って作ることで、もっちりとしたマカロンが出来上がります。
しっかりと苦味も効いたチョコレート味とベリー系のフルーツを使ったクリームの2種類を作ります。

〈参加費:お一人40ポンド〉



「ピスタチオのフォレ・ノワール」
e0180433_3362325.jpg
10月28日(日) 11時~14時頃(残席2)

去年のクリスマスに作ったフォレ・ノワール(チョコスポンジ+チョコホイップ+グリオットチェリーの組み合わせ)を、もう少し軽くアレンジしたケーキです。
チョコレートのホイップを使うため中身が重くなりがちですが、その印象をガラっと変えてくれるのがピスタチオのムースと、表面にデコレーションしているピスタチオのホイップクリームです。
もともとチョコレートと相性の良いピスタチオですが、今回はアメリカンチェリーを中に忍ばせますが、チェリーとの相性もすごく良いんです。
今回は一般的な丸型(直径15cm)を使用し、試食用にはセルクルを使って小さく一つ仕上げます。

〈参加費:お一人35ポンド〉



「紅茶シフォンとヘーゼルナッツチョコクッキー」

10月11日(木) 10時半~13時半頃(満席)
   15日(月) 10時半~13時半頃(満席)
   26日(金) 10時半~13時半頃(満席)
e0180433_23563860.jpg

香りも良く、色の出も良いアールグレイを使ったシフォンに、同じくアールグレイの香りを移したホイップクリームをデコレーションしていきます。
ふわふわの生地と紅茶味のホイップがとても良く合い、あっという間に食べれてしまいます。
15cmのシフォン型で焼き、一台お持ち帰りいただきます。
ヘーゼルナッツ入りのチョコクッキーは、重曹を入れたさくさくタイプのクッキーで、”簡単なのに止まらなくなりそう”、といつも喜んでいただけます。

〈参加費:お一人30ポンド〉


「フォンダン・ショコラ」
e0180433_3453722.jpg
10月29日(月) 12時半~15時半頃(残席2)

冬のチョコレートケーキの定番です。
とろーり中からとろけるフォンダン・ショコラをお楽しみください。
ちょっと変わったタイムのチュイル(カリカリとした飾り用のアメ細工)と、バニラアイスクリームも一緒に作ります。

*焼いてから持って帰るには不安定のため、生地をお持ち帰りいただきご自宅でココットなどで焼いてください。
ココットなどの型がないために焼いてから持って帰りたい方は、事前にお知らせくださいませ。

〈参加費:お一人30ポンド〉



場所
Richmond(Zone4)
Richmond駅からは徒歩10分ほど、またはバスで4つ目のバス停で降りて徒歩3分です。
詳しくはご連絡をいただいた時にご説明いたします。


定員
3~4名

ご興味をもたれた方、ご質問やご要望のある方は下記までご連絡ください。
初めてご参加を希望される方はキャンセルポリシーについてもご確認をお願いいたします。
なお誠に勝手ながら、女性のみの参加とさせていただきます。
yukochocolat@hotmail.co.jp
by yukochocolat | 2012-10-22 03:52 | お菓子講習会スケジュール | Comments(2)
Commented by 北川と申します at 2012-10-24 06:06 x
いつも、素敵で美味しそうなケーキ拝見させていただいております。
シフォンや、ショートケーキを作るときの粉はなにをお使いでしょうか?
同じは絶対つくれないのですが、どうも、うまくやけないのです。そちらにレッスンに伺うべきなのですが、小さな子供がおりまして、お邪魔するには、むずかしいので、コメントさせていただきました。どうぞよろしくお願い致します。
Commented by yukochocolat at 2012-11-14 11:12
はじめまして。ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
お返事が大変遅くなってしまい、失礼いたしました。
薄力粉ですが、Waitroseで売られているLeckford Estate Plain white flourかDuchyのものを使っています(下記にリンクを載せておきます)。

日本の薄力粉とこちらのものとでは規格が違うため、どうしても同じように焼けないのは仕方のないことですが、これらを使って十分おいしく焼けています。
よろしければ一度試してみてください。

http://www.ocado.com/webshop/product/Leckford-Plain-White-Flour-Waitrose/23443011
http://www.waitrose.com/webapp/wcs/stores/servlet/ProductView-10317-10001-2738-Waitrose+Org+flour+plain+white.html?storeId=10317
<< *10月22日~29日* *10月15日~19日* >>